So-net無料ブログ作成

デヴィッド、ニューアルバムBEGIN.を語る Part2 [David's Video Blog]

 
デヴィッド・アーチュレッタがニューアルバムBEGIN.を語る Part2 (2012/7/23)
アルバムBEGIN.のレコーディング中のスタジオで、この先の2年間のこと、彼がくだした決断のこと、これから直面するかもしれない試練について、デヴィッドが話してくれました。

credit to theofficialarchuleta
これからどうなるのか、必ずしも、わかってるわけじゃないんだ。あっという間にここまできちゃって、まだそれほど、準備万端って感じじゃない。やらなくちゃならないこと、終わらせなくちゃならないことがいっぱい残ってる。出発したら、もうこのさき2年間は自分がかかわることができなくなっちゃうから、家にいるあいだに、すべてをきちんと準備していかなくちゃならない。そりゃちょっと慌ただしいけど、でも、途方に暮れるとか、そんなことはないよ。
ほら、これからどんなひとと会って、どんな出会いがあって、どんなひとと関わっていくのか。そしてどんな試練が待っているのか、わからないよね。でも、とてもわくわくしてる。
これからのことが楽しみなんだ。だって、この決断をくだすまで、すごく時間をかけたから。考えに考えたよ。ぼくは、ほんとうに行く必要があるんだろうか? ほんとうに行くべきなのか? そして心の底から、そうだ、これが、ぼくがすべきことなんだ、って結論にいたったんだ。どうしてかは、わからない。その理由は、明確にはわからない。でも、今までの人生でもそういうことの繰り返しだった。なぜそうすべきなのかは、わからないし、なぜそう決断すべきなのかも、わからないけど、でもなにかが・・、ぼくにそうしろと言うんだ。

キャリアを中断することの影響は計り知れなく、デヴィッドはそれについてはおおいに考えたとは思いますが、行きたいという自身の気持ちにゆらぎはなかったと思います。それで最終的には、心に従った。その心を導く”なにか”とは、デヴィッドにとっては神かもしれませんが、神に限らずとも、だれしもがそれに代わる”なにか”を持っているはずですよね。それに従えというのは、普遍的な教えなのかもしれません。


------------------


ところで、BEGIN.がアメリカのAmazonでは、CDのほかに、MP3形式のダウンロードでも買えるようになっております。そして、どうやらその予約画面では、今までに公開されたプレビューとはまた別の部分が聴けるらしいんです。私はいっさいのプレビューは封印したので聴いていませんが、聴いてみたいかたはこちらへ → Amazon(USA)

と、いうようなことを書いていたら、さきほどchappyさんが、iTunes JapanではBEGIN.はリリース日8月7日の0時にダウンロード出来そうだ、とつぶやいていました。ということは、本国アメリカより半日ほど先駆けて聴けるということですか? さらにということは、その翌日(7日)は会社は午後出社(または全休)ってことですか?? いよいよ発売が近くなってきて、その週の仕事がだいじょうぶか心配になってきました(ー_ー)
 
 
コメント(4) 

デヴィッド、ニューアルバムBEGIN.を語る [David's Video Blog]


デヴィッド・アーチュレッタがニューアルバムBEGIN.を語る(2012/7/19)
スタジオでアルバムBEGIN.のレコーディングをするデヴィッドのようすをどうぞ。人生の次のステージに向けてのアルバム選曲にあたって、彼がどこからひらめきを得たのか、語ってくれてます。

credit to theofficialarchuleta
このアルバムは、カバー曲が中心になっている。落ち着いたっていうか、ソフトで聴きやすい曲目にしたかったんだ。穏やかでリラックスした雰囲気、っていうかね。というのも、クリスマス・アルバムは別にして、いままでぼくがやったアルバムはみんな、ポップで楽しいものだったから、このアルバムは、人生の次のステージでぼくが向かおうとしてる方向と、同調するようなものにしたかったんだ。ぼくの心のありようをみんなに示したかった。この決断をくだすことが、ぼくにとってなぜ重要だったのか、そういうことを、わかってもらえると思う。

わあ、デヴィッドがこういうビデオを残してくれてるだろうとは思ってましたが、嬉しいですね!でももう少し長いビデオでもよかったんだけど。ぼくの心のありようも、もう少し詳しくできればそれぞれの曲についての説明なんかしてくれても・・。まあ、歌詞からわかれってことですか。


【 Brokenについて 】


ところで、私はオリジナル曲"Broken"はデヴィッド作だと思い込んでいた(たぶんファンの多くがそう思っていた)のですが、マネージャーのkariさんによると、違うそうです。

karitweet1.jpg

Brokenはデヴィッドが書いたのではないが、彼はレコーディング時の演奏をした、と言っているようです。ピアノ演奏のことですね、きっと。でも正確なところは、これだけではよくわかりません。ASCAP(米国音楽著作権協会)も調べてみましたが、この曲の作者などはまだ登録されていないようでした。

ファンの中には、デヴィッド作ではないと知ってあからさまに落胆した人も少なからずいたようですが、私はぜんぜん構いません。いつかはいい曲を書いてくれるだろうと期待はしていますが、いい曲を”歌って”くれるならば、誰の作品でもいいです。しかも"Broken"に関しては、とにかくデヴィッドの歌声がいいじゃありませんかっ。 あんな素晴らしいトーンが聴けるなら、たとえそれがダチョウが書いたパンダを称える歌だったとしても、アリです(笑)

[ひらめき]追記
昨夜(7/25)ツイッターでKariさんがファンの質問に答えたところによると、"Broken"はやはり「デヴィッド作」と言っていいようです。ユタ出身のJon Huntというひとが歌詞を書き、デヴィッドが曲を作った、とのことでした。


【 試聴と予約について 】


さて、発売日の8月7日まであと2週間とちょっととなりました~。

先週末からiTunesで予約が開始されて、各曲約1分半もの長いプレビューも公開されました。が、私は全曲を1回づつ聴いたところ、どれもあまりに素敵だったのでもったいなくなり、その後は長いプレビューは封印することにしました(えへん)

というわけで、ここはあえて短い20秒のプレビューの聴けるデヴィッドのSoundcloudを貼っておきます。このSoundcloudってのは面がかわいいし、このもったいぶった20秒のプレビューも好きだから。 



90秒の長いプレビューはこちらへ→iTunes Japan

当然ながらもう予約は何枚もお済みでしょうが、一応以下に、日本でのおもだった予約先を。

BEGINcover80p.jpg amazon(Japan)
 1,370円 (7/21現在)
 CD 
 

BEGINcover80p.jpg WOWHD
 1,150円 (7/21現在)
 CD
 

BEGINcover80p.jpg iTunes Japan
 1,500円
 ダウンロード

 
 
コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。