So-net無料ブログ作成
-| 2011年07月 |2011年08月 ブログトップ

"Notice Me" [歌詞]

TOSOD ATE.jpg
デヴィッド・アーチュレッタの「The Other Side of Down - Asian Tour Edition」。

新曲の4曲、TOSODのオリジナルトラックとはまた違う感じで、なかなかよくないですか? 全曲この路線でアルバム作ってくれてもよかったくらい。でもデヴィッドには引き出しがまだまだたくさんありますから、いつか発表される次のアルバムも、またまったく違うものになっているに違いない。いい意味で裏切り続けて欲しいですね。

新曲のなかで、いま私がいちばんハマっているのが”Notice Me”です。

"Notice Me"は片思いの歌で、なかなか萌えるんです。 まずなんと言っても声がいい。聴くときのポイントは、ヘッドフォンで音量を上げ、デヴィッドの声の絶妙なトーンに全神経を集中させることです。 その際は言うまでもなく、あなたが昔だれかに片思いしたときの気持ちを重ねるのではなくて、デヴィッドがあなたに一方的に片思いしてることにするのが正しいです。 厚顔無恥なあなた(ワタシ?)なら、できるはず。

20110811 Notice Me Session.jpgAAA記事で調べたら、この"Notice Me"は2009年のサマー・ツアーの合間のオフ日であった8月11日に、ナッシュビルで、ジョイ・ウィリアムズとマット・ブロンリーウィー、アンドリュー・フロームとともに制作した曲のようでした(こちらの記事参照)。 もう2年も前の曲なんですね。

これがその時の写真ですが、両側のどちらがマットさんでどちらがアンドリューさんかはわかりませんが、このおじさんたち(とくに右)がこのようなラブソングを書くなんて、音楽のまやかし・・・いえ、音楽の魔法ってすごいです。音楽家とは風采はどうであれ(えっ)、ロマンチストであることが大切みたいですね。


じつは、今回の新曲群を最初聴いたときは、サウンド的に"Love Don't Hate"がまず気に入り、いちばんよく聴いていたのですが、でも歌詞がなんかイマイチだったんですよね。
"Love Don't Hate"のLoveはどうやら、恋愛に限ったLoveじゃなく、”Something 'Bout Love”のLoveと同じみたいなんです。友人・恋人・家族などだれでもいいのですが自分が愛するひとを心ない言葉で傷つけてしまい、あんなこと言うんじゃなかったと、自分の愚かさを悔いている歌です。

ラジオのインタビューでデヴィッドが答えていたのですが、今回の新曲のなかでは彼はこの"Love Don't Hate"がすごくお気に入りなんだそう。まず、やはりサウンドがいいのと、加えてこの曲に込められたメッセージがとても個人的なものとして捉えられるからだそうです。「愛するひとに優しくしましょう」というメッセージはもちろんとてもいいのですが、でも、萌えません・・・。

この、萌えやしないがサウンドは良い"Love Don't Hate"も、"Notice Me"と同じく、ジョイ・ウィリアムズとの共作です。 デヴィッドは、ジョイのデュエット・グループ「シヴィル・ウォーズ」の音楽に最近すごくハマッているようですから、これからも大好きな彼女とコラボできれば、そして、サウンドが良くて、かつ、萌える曲をたくさんつくってくれたらいいなあ~と思うのでした。

というわけで、Notice Me


きみが通りかかると 僕は言葉を探すけど
言葉じゃあらわせない この胸の想い
友だちはみな言う きみは手の届かない存在と
そして思い知る 僕は姿のない存在と

きみの目にとまるためなら なんだってする
そしたら僕を 違うふうに見てくれるだろうか
どうすればいい 教えてほしい
僕に気づいてくれたらいいのに
ただ一度でいい チャンスをくれたなら
きみの運命のひとになるかもしれない この僕が
どうしたらわかるのだろう
僕のこと 気づいてほしい
気づいて 気づいて 僕に気づいて
気づいて 気づいて 僕に気づいて

きみは 決して色あせやしない光
惹きつけられ 目をそらすことができない
僕たちは住む世界が違う わかってるけど
ふたりの世界がぶつかれば きっと素敵だよ

きみの目にとまるためなら なんだってする
そしたら僕を 違うふうに見てくれるだろうか
どうすればいい 教えてほしい
僕に気づいてくれたらいいのに
ただ一度でいい チャンスをくれたなら
きみの運命のひとになるかもしれない この僕が
どうしたらわかるのだろう
僕のこと 気づいてほしい
気づいて 気づいて 僕に気づいて
気づいて 気づいて 僕に気づいて

きみがどれほど素敵かって わかってる?
息を飲んでしまうほど
いとも簡単に 僕の心を盗んでしまった
だけど 取り戻したくない
取り戻したくない

きみの目にとまるためなら なんだってする
そしたら僕を 違うふうに見てくれるだろうか
どうすればいい 教えてほしい
僕に気づいてくれたらいいのに
ただ一度でいい チャンスをくれたなら
きみの運命のひとになるかもしれない この僕が
どうしたらわかるのだろう
僕のこと 気づいてほしい
気づいて 気づいて 僕に気づいて
気づいて 気づいて 僕に気づいて

 
 
(注: 訳は適当ですのでなんの責任も持ちません)
 

コメント(22) 

「Glad Christmas Tidings」予約受付開始! [アルバム]

GladTidings-DVD-Cover.jpg

デヴィッド・アーチュレッタが去年の暮れにモルモンタバナクル合唱団と共演したクリスマス・コンサートのDVDとCD (タイトル「Glad Christmas Tidings」)が、2011年9月6日に発売になります。それに先駆けて、ディザレット・ブックのHPで予約注文の受付が始まりました。 そこで私もさっそく予約してみました。
[ひらめき]2011/7/25追記
ディザレット・ブックとは別のこちらENSIGN BOOKSのサイトでも、いま予約を受け付けています。
どうやらDVDとCDの両方を予約すると、アメリカ国内からの注文は配送料が無料、アメリカ国外からの注文は商品代が10%オフになるようです。注文時の画面では割引等は表示されませんが、注文完了後に送られてくる確認メールでは割引が反映された金額になっているとのことです。
お得ですので、よかったらどうぞ!

DVDとCDを1枚ずつ注文しましたが、日本までの送料を含めた合計金額は以下の通りでした。 支払いはクレジットカードでした。

DVD $24.98
CD  $18.98
送料 $24.85
予約手数料 $3.75
---------------------
合計 $72.56

今は1ドル90円程度ですから、6,600円弱ですね~。ディスク2枚でこの値段は高いですが、まあ遠距離恋愛になにかとコストがかさむのはいたしかたなく。

予約注文はこちら → ディザレット・ブック

以下、予約方法を説明します。

①商品を選ぶ
110723-1.JPG

商品を選びます。
デヴィッドの一連の商品のいちばん下に、「Glad Christmas Tidings」のDVD($24.98)とCD($18.98)がありますので、購入する商品の「ADD TO CART」(買い物かごに追加)をクリック。

[ひらめき]追記
この画面では出てきませんが、ブルーレイも注文できるようになりました。DVDの詳細画面に入ると、「Also Available: Blu-ray」というメッセージが写真の横に出ているので、それをクリックすると、ブルーレイの商品画面が表示されます。そこで「ADD TO CART」をクリックすれば買い物かごに入ります。

②買い物かごへ追加
110723-2.JPG

ここで買い物かごへ追加されていくのを確認します。
買い物かごにまず1商品入れたあと、追加で別の商品を入れたいときは、「CONTINUE SHOPPING」(お買い物を続ける)をクリックすると①の画面に戻りますので、そこでまた欲しい商品の「ADD TO CART」をクリックしてください。

数量を変えたいときはボックスの中の数字を変更します。

商品や数量を確認しOKならば、「PROCEED TO CHECKOUT」(お会計へ進む)をクリックします。(まだ注文は確定しません。)

なお、次の画面との間に「Deseret Book Recommends」(ディザレット・ブックからのお勧め)という画面が出てくることがありますが、「NO THANKS」(いらん!)をクリックして抜けましょう。

③買い物かご確認
110723-3.JPG

買い物かごの中身の確認をします。
「Shipping」(送料)として、この場合は$4.49と表示されていますが、これは便宜的にアメリカ国内への送料が出ているだけです。次の画面で住所を入力すると送料は再計算されますので、ここでの数字は気にしないでください。

[ひらめき]7/30までの限定割引あり!
左下の「Enter promo code here:」のボックスに JULY30 と入れると、注文商品1つに限り29%割引になるようです。まず高いほうの商品を買い物かごに入れてからpromo codeを入れ、そのあとに安い商品を追加すると、先に入れた高いほうが割引になりお得なようです。
(kaychan、情報ありがとう~)

選んだ商品や数量に間違いがなければ、「PROCEED TO CHECKOUT」(お会計へ進む)をクリック。(まだ注文は確定しません。)

④住所入力
110723-4.JPG

住所を入力します。
以下は入力例です。もちろん半角英数字で入れてください。

【Billing Address】(請求先)
First Name: Hanako
Last Name: Yamada
Address: Suzuki Mansion 205
□□□□□□□□ 2-3, Otemachi 1-chome
City: Chiyoda-ku
Country: Japan
State/Province: Tokyo (都道府県はここに)
Zip/Postal Code: 1234567
Phone: +81-3-1234-5678 (81は日本の国コード。市外局番の先頭の0は抜きます)
Email Address: XXXXXX@XXXXX

【Shipping Address】(発送先)
請求先と発送先が同じ場合は、「Ship to my billing address」(請求先住所に発送)にチェックを入れれば、あらためて住所を入力の必要はありません。

入力が済んだら、「CONTINUE」(次へ)をクリック。(まだ注文は確定しません。)

⑤発送方法の選択
110723-5.JPG

発送方法を選択します。

Worldwide:Surface・・・船便 $10.75 (配送日数42~93日)
Worldwide:Standard Air・・・航空便 $24.85 (配送日数9~17日)
Worldwide:Priority・・・国際宅配便(DHL等) $44.85 (配送日数5~7日)

「Surface」はお勧めできませんので、「Standard Air」か「Priority」のどちらかを選びましょう。ちなみに私は「Standard Air」にしましたが、「注文が100ドルを超える場合は「Priority」を選択してください」と注意書きに書かれています。
送料は注文枚数によって数ドル増減しますので、この金額は参考です。
配送日数は営業日のカウントです。また、在庫品に限っての目安ですので、この予約手続き後にこの日数で届くわけではありません。

ほかには以下のような注意書きがあります。
・関税、輸入税がかかることがありますが、お客様のご負担になります。
・予約注文の場合はさらに予約手数料$3.75が加算されます。

選択が済んだら、「CONTINUE」(次へ)をクリック。(まだ注文は確定しません。)

⑥注文最終確認
110723-6.JPG

最終確認画面です。
左側の請求先住所・発送先住所・emailアドレスを確認しましょう。「ORDER TOTAL」(注文合計)欄には日本までの送料と、予約手数料が反映された合計金額が出ています。ここまできて修正がある場合は、「Change my Order...」をクリックすると戻って修正できます。

➆クレジットカード情報入力
110723-7.JPG

クレジットカード情報を入力します。⑥と同じ画面の下です。

「CVV Number」とはいわゆるセキュリティ・コードと呼ばれているもので、クレジットカード裏面の署名欄に印字されている数字の右端3桁の数字です。詳細はこちらをご参照ください。

カード情報記入欄の下の「Choose a password」(パスワードを設定)は、ここで任意のパスワードを設定すれば次回簡単にログインできるようです。「Password」と「Confirm password」の両方に同じパスワードを入れてください。

この画面が修正の最終チャンスです。ここで「PLACE MY ORDER」(注文を確定する)をクリックすると、注文が確定されます。

⑧注文完了画面
110723-8.JPG

注文完了画面です。
印刷マークをクリックして、このページをプリントアウトしておきましょう。また同時にemailアドレスにも注文完了メールが来ているはずですので確認し、保存しておきましょう。


この伝説的クリスマス・コンサート、しかもkaychanも行ったコンサートが、家のテレビの大画面で見られるなんて、9月が楽しみすぎますよね!
 
 
コメント(11) 

-|2011年07月 |2011年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。