So-net無料ブログ作成
アルバム ブログトップ

公式ミュージックビデオ"Don't Run Away" - デヴィッド・アーチュレッタ [アルバム]

 
いや~、
デヴィッド・アーチュレッタの Don't Run Away ミュージック・ビデオには本当に驚きました。ミュージックビデオが用意されていたことももちろん驚きですが、なんといってもその中身・・

David Archuleta - Don't Run Away
credit to davidarchuletaVEVO

カイリーさんという、ユタ在住の素人の女性が作成した、すべて手書きのイラストによるアニメ動画です。

こういう手があったのか、といいますか、 こうまでするか(こうまでしなくてはならないのか)、といいますか。なんとも言えない気分です~。

ビデオのことだけで言えば、このビデオのこういう路線はけっして嫌いじゃないです。それに、上手だと思いますよね。 素人さんにしては。 ・・そう、この動画はすてきだとは思うんだけどごめんなさい、公式ミュージックビデオとするにはどうしても、「上手な素人さんがつくった動画」というお題つき以上には、なかなか・・。

でも、これでべつにデヴィッドから心が離れたわけではありませんからご安心ください。なんたってあのRainbowのMVも乗り越えてきた私たちです。 それよりも、よっぽど飾らなすぎるデヴィッドの人柄をますます思い知らされて、いっそういとおしくなりました。もう、どんなことになっても、この人のこと見捨てられないです(笑)

あと1年辛抱して帰ってきたら、ミュージック・ビデオに適正なお金を投入できる程度に稼いでもらわなければ!私もがんばって応援しつづけます!


以下に、この動画を作ったカイリーさんのメイキング動画を、ざっとですが訳してみました。

デヴィッド・アーチュレッタのDon't Run Awayメイキング
credit to David Archuleta
みなさん、こんにちは!私の名前はカイリー・マルクス、私がDon’t Run Awayのアニメ動画を作りました。22歳で、ユタ州マレーに住んでます。そうそう、今日はすてきな春の雪が降ったのよ。見えるでしょ。
あの動画の制作やいきさつについてちょっと話そうと思って。まずは、カリに制作を頼まれたの。きっかけは、数年前に私がデヴィッドのElevatorのアニメ動画を作ったことなの。あの制作はすごく楽しかったし、実験的な意味もあった。それで、どうわけかデヴィッドまでつながって、それが始まりだったのね。
あれは、ニューアルバムの発表の直後だったと思う。カリがツイッターを通じて、新しい動画を作るのはどう?って聞いてきたの。もちろんやる!って答えたわ。
それこそ、起きてる時間は1秒も惜しまず描いたわ。最初のほうでは妹(姉)が手伝ってくれた。じつのところ、すごく助けになってくれた。みんなに紹介したかったけど、今いないのよ。どんなコンセプトの動画にするかとか、曲を何回も聴いて、頭に浮かんだイメージを出しあって意見を言いあった。この曲が私たちにとってどういう意味を持つのか?、とかね。人が歩いたり、走ったり、座ったり、歌ったりする動きの参考のために、いい写真とか動画を探しまくったわ。こういう動きが欲しいっていうのがあって、それを見つけて、まずおおまかな身体の輪郭をつけたの。それから、髪の毛とか洋服とか、細かい部分を描き加えていったのよ。そんな感じ。手順はいたってシンプルなの。それの繰り返しよ。
とても楽しかったわ。たくさん描いたのよ。じつはいま、ここにあるんだけど、数えてみたら、500枚くらいかしら。
動画の見本をカリに送って、カリがデヴィッドに転送したの。間違いなく、動画にはデヴィッドのアイデアも入ってる。洋服を変えるようにって依頼があったわ。それにカリからの変更も取り入れた。それで最終的に、こうなったわけ。 出来あがったものには満足してる。もっと時間があれば、より良いものができたんだろうけど、でもどこかで妥協しないとね。
話すことはこのくらいかな。なにか質問があれば、この動画へコメントくれてもいいし、ツイッターでもいいから送ってね。@KylieMalchusよ。カリとデヴィッドとそのほかのみんなに感謝してる。こんな機会をくれて、私を信用してくれて、最高の環境で自由にやらせてくれた。ありがとう。みんなが気に入ってくれますように!

現物のデヴィッドをモデルとして使えなかったわけですから、顔のアップでは、Wait、Forevermore、Something 'Bout Loveなどからとったのがわかりますね。

彼女のツイッターによると、デヴィッドが要請した服装の変更は、見本では「白シャツにベスト」姿だったのを「Tシャツ」に変えることだったそうです。
また、動画の制作期間は1か月半ほどだったそうで、短くて驚きました。もっと時間をあげていたら、もっと描き込んだいいものができていたでしょう。そこまで極めたものを見たかったです。
あと、彼女はデヴィッドの個人的な知り合いではなく、コンサートで数回会ったことがある程度の1ファンのようです。

ニューアルバムの発表後に彼女に制作の依頼が来たことから、デヴィッド側も急に思い立ったのでしょうね。 そのことから、デヴィッドのチームがファンのために常に頭を絞っていろいろと考えてくれていることがよくわかりました。それは本当に嬉しいことです。

カイリーさんが数年前に作ったというElevatorのアニメ動画は、もうみなさんよくご存じでしょうが、下に貼っておきます。このときは、この1分程度の動画を作るのに2か月かかったと書いてありました。

David Archuleta - Elevator (Animated)
credit to Kylie Malchus



ところで、No Matter How Far のアルバムですが、WOWHDからまだうちには届いておりません~。もちろんiTunesではすでに購入済みですが、やっぱり現物を手にしたいですよね。

はやく来てください!

NMHF David smile.jpg


 
コメント(0) 

"Don't Run Away" - デヴィッド・アーチュレッタのアルバム"No Matter How Far"からのファーストシングル [アルバム]


デヴィッドのニューアルバム"No Matter How Far"からの先行ファーストシングル”Don't Run Away”、聴いてますかああ?

デヴィッドのオフィシャル・サイト
OScap20130209.jpg
ニューシングル"Don't Run Away"
  
デヴィッドの3/26発売ニュー・アルバム”No Matter How Far”からのニュー・シングル、”Don’t Run Away”を要チェック!
“No Matter How Far”は、新たにレコーディングされた曲と、過去のアメリカ盤未発表曲との混合アルバムとなる。アルバムからのファースト・シングル“Don’t Run Away”は、デヴィッドの共作、そしてイギリス人音楽プロデューサーのデヴィッ ド・スネッドンとェイムズ・バウアーミン(ザ・ネクサス)のプロデュースにより制作された。

デヴィッドのオフィシャルSoundCloud
David Archuleta "Don't Run Away"


eOne Musicのオフィシャル・チャンネル
David Archuleta "Don't Run Away"
credit to KOCHRECORDS

なにかがうまく行かなくて 手に負えなくなったとき
心の安らぎを見つけてごらん いやなことは忘れて
このままいけば きみは
押しつぶされてしまうって わかってるよね
でも 気にかけてくれるひとがいる

きみが傷ついてるのがわかる
振り向いてごらん
ぼくがすぐ行くよ
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

ぼくが手を差し伸べたら
見まわしてごらん
そばにいてあげる
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで
今夜...この夜に..

なにも言わないで ぼくがきみの声になる
もう、恐れなくていい
暗闇をあかりで照らして
ここまで導いてあげよう どれほど離れていようと
そう 気にかけてくれるひとがいる

きみが傷ついてるのがわかる
振り向いてごらん
ぼくがすぐ行くよ
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

ぼくが手を差し伸べたら
見まわしてごらん
そばにいてあげる
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

心を開いて 吐き出して 今夜は
心を開けば すべてうまくいくよ
Oh Oh

きみが傷ついてるのがわかる
振り向いてごらん
ぼくがすぐ行くよ
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

ぼくが手を差し伸べたら
見まわしてごらん
そばにいてあげる
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

振り向いて 逃げ出さないで
ぼくがすぐそばに
今夜...この夜に..

(すみません、本当に参考にとざっと訳しただけなので品質にはご勘弁を・・)

歌詞はかなりシンプルでストレートですね。 これは、デヴィッドが書いた歌詞にきっと間違いないです(笑)

ファンのあいだでも、この時期にこの曲というところに、デヴィッドからのファンへのメッセージだと受け止める人が多いようです。 とくに、アルバムタイトルでもある"No matter how far"(どれほど離れていようと)という歌詞に、いまの私たちの状況を重ねているようですね。

当然でしょうが、以前リークされたときよりも音がクリアでソリッドでずっといいです。 クリスマス・ソングもいいけど、やっぱりデヴィッドにはポップソングを歌ってほしいなあ~。

このシングル"Don't Run Away"は、iTunesで2/19にリリースされるという記事をいくつか見かけましたが、公式発表はないので定かではありません。ただ、アルバム自体含めていずれiTunesでもリリースされるでしょうから、デヴィッドの音楽を購入できるのが楽しみです。

アルバム"No Matter How Far"絶賛予約受付中!
Amazon (2/7現在1656円)
WOWHD(2/7現在1450円)


◆◆◆◆ ◆◆◆◆


 
ついでに、ライアン・シークレストのサイトでいま「2013年に最高のアルバムをリリースするのはだれ?」という投票をやってますので、デヴィッドにぽちっとしてきましょう!
RS.jpg

RS1.jpg


では~
  
コメント(0) 

ニューアルバム"No Matter How Far" 2013/3/26発売 - デヴィッド・アーチュレッタ [アルバム]

 
このブログも、前回の更新からすでに4か月。

もう2014年まで、ブログを更新することもないかも~?などと思っていたところへ。
2月1日の朝、大変なニュースが飛び込んできました!

DA tweet.jpg
アルバム “NO MATTER HOW FAR” 2013年3月26日発売。詳しくはこちら ---> http://davidarchuleta.com/home/?p=5339

わああああ!?!?

デヴィッドの公式サイトにすっとんで行きました。

OS.jpg
ニューアルバム3月発売!
 
アメリカン・アイドル準優勝者でポップ歌手のデヴィッド・アーチュレッタが最新スタジオ・アルバム“No Matter How Far”を2013年3月26日にリリースする。
 
デヴィッドは現在、南アメリカで末日聖徒イエス・キリスト教会の2年間のミッションに仕えている。この“No Matter How Far”は、新たにレコーディングされた曲と、過去のアメリカ盤の未発表曲の混合アルバムとなる。イギリス人音楽プロデューサー、ザ・ネクサス(デヴィッド・スネッドン、ジェイムズ・バウアーミン)によって手がけられたファースト・シングル“Don’t Run Away”は、2月にアダルト・コンテンポラリー系ラジオ局向けに提供される予定。
 
デヴィッドは人気番組アメリカン・アイドルのシーズン7(2008年)で史上最年少16歳でパフォーマンスし準優勝を飾った。その翌年、みずからの名前を冠したデビュー・アルバムを発表。アルバムと先行シングル”Crush”はどちらもそれぞれ、ビルボード・トップ200とビルボード・ホット100で2位を記録している。“Crush”は200万超ダウンロードセールスを達成。デヴィッドはその後、アルバム“Christmas From The Heart”と“The Other Side of Down”、カバー・アルバム”BEGIN.”をリリース。また2011年には、ゲスト歌手としてモルモン・タバナクル合唱団のアルバム“Glad Christmas Tidings”とPBSスペシャルに出演もしている。2012年にはフィリピン歌謡曲のアルバム“Forevermore”をフィリピンで発売。
 
“No Matter How Far”はエンターテインメント・ワンでリリースされる。
 

アルバム? アルバム?? アルバムうううう!!!!

しかもこの写真? この写真?? この写真!!!!!! (はぁはぁはぁ)


DA_NMHF-1s.jpg

new-album-pic-lg.jpg


と、いうわけで、この日は朝からテンションあがり過ぎ、会社に着くころには顔が土気色でした。


アルバム・ジャケットは、フォトグラファーはおなじみマット・クレイトン、デザイナーは"BEGIN."も手掛けたケイティ・ムーアです。 オッケー、いい仕事してます!

収録曲については、すぐにトラックリストも公表されるでしょうし、こちらkaychanのブログでも曲のことが書かれていますのでなにも言いませんが、ファーストシングルの"Don't Run Away"はすでに聴いているので、ほかの曲は未リークのものであるよう願うばかりです。

でも、"Don't Run Away"がラジオプレイされるというのは、とても嬉しいことですね。あの曲はラジオ向けだと思いますから。多少なりでも、それなりにでも、ヒットしますように~。

"Don't Run Away"をプロデュースしたザ・ネクサスについては、MAKIさんが以前All About Archuletaのこの記事で紹介してくださっています。今読み返してもすごい調査力だったと感嘆します。MAKIさんありがとう<3


AmazonとWOWHDで予約受付中、ともに送料無料。
じきにiTunesでも予約が始まるでしょう。

Amazon (2/2現在1626円)
WOWHD (2/2現在1350円)


追加の情報が楽しみですね!

では!
  

コメント(0) 

"Everybody Hurts" - デヴィッド・アーチュレッタのmusic video [アルバム]

 
EH-MV banner.png


デヴィッド・アーチュレッタのニューアルバム「BEGIN.」から、Everybody Hurtsのミュージックビデオが公開されました。

いままでの、デヴィッド本人を売らんかな的なアイドル路線のビデオとは一転して、歌の世界を表現することに特化したビデオになりました。
と言っても、ミッションに発つ前のあのわずかな時間に本人フル出演の撮影をする時間はなかったための苦肉の策でしょうが、結果的にそれが功を奏したのではないかと思います。優れたボーカリスト、屈指のストーリーテラーであるデヴィッドの、あの声の魅力を存分に伝えているビデオだと思いました。

David Archuleta - Everybody Hurts
credit to theofficialarchuleta

1日が長く 夜はひとりぼっちのとき
この人生に 疲れきってしまったとき
でも 食いしばれ
投げ出してはいけない 誰だって泣くものだから
誰だって 傷つくもの

ときに すべてがうまく行かないこともある
そんなときは 一緒に歌おう
ひとりぼっちの夜のような日 (食いしばれ)
もうだめだと感じたら (食いしばれ)
こんな人生 耐えられないと思ったら
でも 食いしばるんだ

誰だって傷つくものだから
友に安らぎを求めよう
誰だって傷つくんだ

だからあきらめないで だめだ
あきらめてはいけない
ひとりぼっちだと感じるならば
いいや違う 決してきみはひとりじゃない

この人生が 自分自身にかかっているなら
毎日毎夜は長い
この人生これ以上 食いしばれないと 思ったときには

そう 誰だって傷つく ときには
誰だって泣くものなんだ
誰だって傷つく ときに
誰だって傷つく ときには
だから食いしばって 踏ん張れ 踏ん張るんだ

だめになりそうに感じたら じっと食いしばれ
誰だって傷つく
誰だって傷つくものだから


(ストーリーの話になるのでざっと訳してみましたが、例によって訳の品質はまったく保証しません<(_ _)>)

この歌は、とてもわかりやすいです。

歌詞にありがちな詩的に抽象化されたものではなく、その言葉通りの意味で、聴くひとへ語りかけられています。と言うのも、この歌は当初ティーンエイジャーに向けて書かれた曲だそうなのです。これがリリースされた90年代初頭は、学校でのいじめや自殺などが問題になり始めていた頃なのではないでしょうか。

泣いてもいい、挫折してもいい、みんなが傷つきながらも生きている。だから、生きることをあきらめないで・・・というメッセージが共感を呼びました。そして、クリエイター達の当初の思惑はどうであれ、この曲はその後、年代にかかわらず多くの人たちへ届くメッセージ・ソングとなりました。

今回のデヴィッドのミュージックビデオでの、後半、それぞれの登場人物が苦悩の先に希望を見い出だす明るい部分が、原曲のイメージよりも、より強調されているような気がするのは、いかにもデヴィッドらしい味付けだと私は思いました。デヴィッドは、撮影や編集の現場には同行していなくても、ビデオの方向性についてしっかりと意見を残して行ったと思いますから。

このビデオの監督は、ユタ在住のフリーランスの映画制作者/写真家/グラフィックデザイナーであるジェド・ウェルズというひとで、音楽のビデオもよく手掛けているようです。写真家としての他の作品も覗いてみたら、デヴィッドのAI仲間のBrook Whiteの写真もありました。(→ホームページツイッター

ところで、ビデオの中で描かれる3つのエピソードについて、私には最初、花嫁の父の部分に違和感を感じてなりませんでした。

花嫁の父はそりゃ寂しいものでしょうが、綺麗で優しい娘がいて、あんなりっぱな結婚式を出してやれて、それは幸運なこと以外のなにものでもありませんよね。娘を嫁に出すのが人生の苦しみだなどと言ったら、他のひとたちに失礼ではないですか(笑) それよりももっとほかに、表現する題材ならいくらでもあったのでは・・・、とすら思いました。

その点が、このビデオを、しょせん成功者(監督のこと?)が作ったきれいごとのように見せてしまう気がして、残念でした。

私なら、真面目に働いてきたのに失業して妻に逃げられ絶望している中年男(でも舞い戻ってきた妻が玄関のポーチに立つシーンで終わる)とか、不治の病を患い辛い治療に耐える娘を持つ両親(でもこれからこの娘がどうなろうと私たちはいつまでも一緒だと、娘の明るい笑顔に絆を確かめ合うシーンで終わる)とか、絶縁した息子の色あせた一枚の古い写真を捨てられずに一人さびしく暮らす老女(でもある日、その息子から手紙が・・で終わる)とか、少年の飼っていた犬のポチが(・・・あ、もういい?)
ともかく、エピソードはいくらでも思いつきますよね。

しかし、何回か見直しているうちに、気づいたんです。

もしかしたらあの結婚式の日のシーンのすべては、「希望」の部分なのかもしれません。父親の妻(つまり花嫁の母親)が出てこないところから、もしかしたら母親は娘が小さい頃に病死し、父親はこの日までには相当な苦労をして男手ひとつで娘を育ててきたのかもしれません。それを乗り越えた先が、あの結婚式だった?
勝手な妄想でしかありませんが、そんなふうにエピソードによって切り取られた時間軸が違うかもしれないという可能性に気づくと、この違和感は欠点ではなくて、意図されたものなのかとも思えてきました。

そもそも、「結婚式のエピソード」「兵士のエピソード」「若いカップルのエピソード」、この3つはどれも、並列するにはその「痛みの次元」が違いすぎます。つまり、人はそれぞれの人生のステージで、あるときは傷つき挫折し、乗り越え、再生し、また傷つき・・・そんなふうに人生は続き、どこまで行っても人間たちはその繰り返しです。そして、その体験はひとさまざま、自分だけのものであり、「この人生が 自分自身にかかっているなら」(歌詞より)、傷つくことを受け入れながらも、自分の力だけを頼りに生きて行くしかない。

そんなふうに、大局的には他者との共感を、そして小局的には、自分特有の体験を喚起させ自覚させることを、示唆しているのかもしれませんね。


監督ウェルズ氏がツイッターやFacebookにアップした撮影風景
EH Jed1 resize.jpg

EH Jed3 resize.jpg

EH Jed2 resize.jpg



ところで、この”Everybody Hurts”が、シングルなのでしょうかね~?とすると”Broken”はなに?

と言ってもまあ、過去には、”Touch My Hand”のように、シングルという扱いではなくてもミュージックビデオを出したことはありましたが。さらにフィリピンでリリースされたForevermoreからの"Rainbow"のミュージックビデオが出る話もありますし、最近ミュージックビデオのちょい出し(?)があまりに多くて(嬉しいけど)、位置づけがわからない~。

大手Jiveを抜けて小物レーベルになったら、どこも仕事が早いです!(笑)



コメント(0) 

「BEGIN.」予約受付開始! - デヴィッドのニューアルバム [アルバム]

2012年8月7日発売のニューアルバム「BEGIN.」の予約が、ディザレット・ブックのサイトで始まりました!(「BEGIN.」の曲目はこの記事を参照ください)


こちらが、デヴィッドのオフィシャルサイトでの告知

BEGIN PREORDER OS20120623.jpg


そしてこちらが、デザレット・ブックの注文画面

BEGIN PREORDER DB20120623.jpg


6月24日までに予約すると、1枚まで30%オフになるようです。最初の画面の赤文字「72HOURS ONLY! 30%OFF One Item」の下の「>>CLICK HERE to add your discount」をクリックすると、割引適用された金額になります。

ディザレット・ブックのサイトでの注文方法は、以前「Glad Christmas Tidings」の予約時に紹介したこちらの記事をご参考にしてください。

ディザレット・ブックからの注文は、日本までの送料が結構かかりますので(航空便で20ドル程度)、できるだけ安くしたいという方は、いずれアマゾンやWOWHDで注文できるようになるのを待つという手もありますね。 ただ、早く、確実に入手したいという人は、ディザレット・ブックで予約するのがいいでしょう!
 
なんだかんだでリリースまであと1か月半ほどになりました。
デヴィッドのオリジナル曲”Broken”では、ミュージック・ビデオもあるらしいという噂です。あのミッション入りする前の忙しい時期に、いつのまにビデオまで?? 真偽はわかりませんが、妄想も含め、いろいろ楽しみ~
 

コメント(0) 

「BEGIN.」 曲目リスト - デヴィッドのニューアルバム [アルバム]

BEGIN.cover.jpg


2012/8/7発売「BEGIN.」の収録曲目が公式サイトで正式に発表されました。
OS20120613.jpg


"Broken"がデヴィッドのオリジナル曲で、残り9曲はカバー曲です。
3/25にマネージャーのKariさんがツイートしてくれたこの写真が、"Broken"レコーディング時のものだそうです。
20120325.jpg



1. Beautiful - クリスティーナ・アギレラ


2. Somewhere Only We Know - キーン


3. Everybody Hurts - R.E.M.


4. Don’t Give Up - ピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュ


5. Angel - サラ・マクラクラン


6. Bridge Over Troubled Water - サイモン&ガーファンクル

7. Broken - デヴィッド・アーチュレッタ
???

8. True Colors - シンディ・ローパー


9. Pride (In the Name of Love) - U2


10. Be Still My Soul



コメント(2) 

続・「Glad Christmas Tidings」発売情報 [アルバム]

なんでクリスマスソングを聴いてるんだろ、自分? まだ9月にさえなってないのに。
by @DavidArchie

ほんとねえ~ なんででしょうねえ~。 ファンのみんなもそう思ってるよねえ~。

9月6日発売予定の「Glad Christmas Tidings」、以前こちらでDeseret Book(ディザレット・ブック)のサイトからの注文方法を紹介しましたが、いまやあちこちでもっとお安く便利に入手できるようになりました。 (くっ)。 超円高のおり、アメリカのサイトで買うもよし、また日本のサイトで手軽に買うもよし。 どこで買うかまだ決めていない方のために、以下にまとめてみましたので参考にしてください。

なお、アメリカ製品のためDVDはリージョン1と思われますので、日本国内用のプレイヤーでは再生できないかもしれません(日本の仕様はリージョン2)。 ただ、リージョン・フリーのプレイヤーも売っていますので、再生できない場合は、この機会にもう1台増設してもよいかも? また、ブルーレイならば、そのような制限はなく再生できるようです。

[ひらめき](9/7追記) 本日DVDが届きましたが、日本国内用のプレイヤーでも再生できました。ジャケットにも「ALL」 (リージョンに関係なく再生可能)のマークがついています。

ところで、デヴィッドがサインした5000枚のCDはいずこへ~?

※こちらで曲の一部を試聴できます。→ iTunes Preview


ディスク

▼Amazon (日本)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD (輸入盤)
 1678円 1683円
 送料無料


Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD (輸入盤)
 品切れ中、現在注文受け付けず





▼Amazon (アメリカ)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 $13.46 $14.63



Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD
 $22.49 $19.99





Glad_Tidings_Bluray80.jpg ブルーレイ
 $26.99




※Amazon(アメリカ)の場合、日本までの送料は以下の通り。(pさん教えてくれてありがとう♪)
1枚→ (S) $4.28、(E) $9.98、(P) $13.98
2枚→ (S) $5.57、(E) $10.97、(P) $15.97
3枚→ (S) $6.86、(E) $11.96、(P) $17.96
 
(S) Standard International Shipping (お届けまで18~32営業日)
(E) Expedited International Shipping (お届けまで8~16営業日)
(P) Priority International Courier (お届けまでり2~4営業日)


▼cdwow (日本)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 1500円
 送料無料


Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD (輸入盤)
 2450円
 送料無料
 



▼Deseret Book (アメリカ)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 $15.19



Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD
 $19.98





Glad_Tidings_Bluray80.jpg ブルーレイ
 $26.99




※注文方法の詳細はこちら
※Deseret Bookの場合、日本までの送料は以下の通り。(1枚と3枚はわかったら追加します。)
1枚→ (S) ?、(SA) ?、(P) ?
2枚→ (S) $10.75、(SA) $24.85、(P) $44.85
3枚→ (S) ?、(SA) ?、(P) ?
 
(S) Worldwide:Surface 船便  (お届けまで42~93日)
(SA) Worldwide:Standard Air 航空便  (お届けまで9~17日)
(P) Worldwide:Priority 国際宅配便 (お届けまで5~7日)
 

ダウンロード

▼iTunes (日本)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 1曲150円
 現在は1曲ごとばら売りのみ。


▼iTunes (アメリカ)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 1曲$0.99
 現在は1曲ごとばら売りのみ。


※iTunesで1曲ごとに購入する場合は、以下のトラックがデヴィッドの歌ですのでお間違えなく。
2. Joy to the World
3. The Cat and the Mouse Carol
5. Gesú Bambino
7. Los pastores a belén
8. Silent Night
12. Angels, from the Realms of Glory

 
(以上、金額や在庫状況はすべて8/31 9/6 現在のものです。)
 
 
コメント(4) 

「Glad Christmas Tidings」予約受付開始! [アルバム]

GladTidings-DVD-Cover.jpg

デヴィッド・アーチュレッタが去年の暮れにモルモンタバナクル合唱団と共演したクリスマス・コンサートのDVDとCD (タイトル「Glad Christmas Tidings」)が、2011年9月6日に発売になります。それに先駆けて、ディザレット・ブックのHPで予約注文の受付が始まりました。 そこで私もさっそく予約してみました。
[ひらめき]2011/7/25追記
ディザレット・ブックとは別のこちらENSIGN BOOKSのサイトでも、いま予約を受け付けています。
どうやらDVDとCDの両方を予約すると、アメリカ国内からの注文は配送料が無料、アメリカ国外からの注文は商品代が10%オフになるようです。注文時の画面では割引等は表示されませんが、注文完了後に送られてくる確認メールでは割引が反映された金額になっているとのことです。
お得ですので、よかったらどうぞ!

DVDとCDを1枚ずつ注文しましたが、日本までの送料を含めた合計金額は以下の通りでした。 支払いはクレジットカードでした。

DVD $24.98
CD  $18.98
送料 $24.85
予約手数料 $3.75
---------------------
合計 $72.56

今は1ドル90円程度ですから、6,600円弱ですね~。ディスク2枚でこの値段は高いですが、まあ遠距離恋愛になにかとコストがかさむのはいたしかたなく。

予約注文はこちら → ディザレット・ブック

以下、予約方法を説明します。

①商品を選ぶ
110723-1.JPG

商品を選びます。
デヴィッドの一連の商品のいちばん下に、「Glad Christmas Tidings」のDVD($24.98)とCD($18.98)がありますので、購入する商品の「ADD TO CART」(買い物かごに追加)をクリック。

[ひらめき]追記
この画面では出てきませんが、ブルーレイも注文できるようになりました。DVDの詳細画面に入ると、「Also Available: Blu-ray」というメッセージが写真の横に出ているので、それをクリックすると、ブルーレイの商品画面が表示されます。そこで「ADD TO CART」をクリックすれば買い物かごに入ります。

②買い物かごへ追加
110723-2.JPG

ここで買い物かごへ追加されていくのを確認します。
買い物かごにまず1商品入れたあと、追加で別の商品を入れたいときは、「CONTINUE SHOPPING」(お買い物を続ける)をクリックすると①の画面に戻りますので、そこでまた欲しい商品の「ADD TO CART」をクリックしてください。

数量を変えたいときはボックスの中の数字を変更します。

商品や数量を確認しOKならば、「PROCEED TO CHECKOUT」(お会計へ進む)をクリックします。(まだ注文は確定しません。)

なお、次の画面との間に「Deseret Book Recommends」(ディザレット・ブックからのお勧め)という画面が出てくることがありますが、「NO THANKS」(いらん!)をクリックして抜けましょう。

③買い物かご確認
110723-3.JPG

買い物かごの中身の確認をします。
「Shipping」(送料)として、この場合は$4.49と表示されていますが、これは便宜的にアメリカ国内への送料が出ているだけです。次の画面で住所を入力すると送料は再計算されますので、ここでの数字は気にしないでください。

[ひらめき]7/30までの限定割引あり!
左下の「Enter promo code here:」のボックスに JULY30 と入れると、注文商品1つに限り29%割引になるようです。まず高いほうの商品を買い物かごに入れてからpromo codeを入れ、そのあとに安い商品を追加すると、先に入れた高いほうが割引になりお得なようです。
(kaychan、情報ありがとう~)

選んだ商品や数量に間違いがなければ、「PROCEED TO CHECKOUT」(お会計へ進む)をクリック。(まだ注文は確定しません。)

④住所入力
110723-4.JPG

住所を入力します。
以下は入力例です。もちろん半角英数字で入れてください。

【Billing Address】(請求先)
First Name: Hanako
Last Name: Yamada
Address: Suzuki Mansion 205
□□□□□□□□ 2-3, Otemachi 1-chome
City: Chiyoda-ku
Country: Japan
State/Province: Tokyo (都道府県はここに)
Zip/Postal Code: 1234567
Phone: +81-3-1234-5678 (81は日本の国コード。市外局番の先頭の0は抜きます)
Email Address: XXXXXX@XXXXX

【Shipping Address】(発送先)
請求先と発送先が同じ場合は、「Ship to my billing address」(請求先住所に発送)にチェックを入れれば、あらためて住所を入力の必要はありません。

入力が済んだら、「CONTINUE」(次へ)をクリック。(まだ注文は確定しません。)

⑤発送方法の選択
110723-5.JPG

発送方法を選択します。

Worldwide:Surface・・・船便 $10.75 (配送日数42~93日)
Worldwide:Standard Air・・・航空便 $24.85 (配送日数9~17日)
Worldwide:Priority・・・国際宅配便(DHL等) $44.85 (配送日数5~7日)

「Surface」はお勧めできませんので、「Standard Air」か「Priority」のどちらかを選びましょう。ちなみに私は「Standard Air」にしましたが、「注文が100ドルを超える場合は「Priority」を選択してください」と注意書きに書かれています。
送料は注文枚数によって数ドル増減しますので、この金額は参考です。
配送日数は営業日のカウントです。また、在庫品に限っての目安ですので、この予約手続き後にこの日数で届くわけではありません。

ほかには以下のような注意書きがあります。
・関税、輸入税がかかることがありますが、お客様のご負担になります。
・予約注文の場合はさらに予約手数料$3.75が加算されます。

選択が済んだら、「CONTINUE」(次へ)をクリック。(まだ注文は確定しません。)

⑥注文最終確認
110723-6.JPG

最終確認画面です。
左側の請求先住所・発送先住所・emailアドレスを確認しましょう。「ORDER TOTAL」(注文合計)欄には日本までの送料と、予約手数料が反映された合計金額が出ています。ここまできて修正がある場合は、「Change my Order...」をクリックすると戻って修正できます。

➆クレジットカード情報入力
110723-7.JPG

クレジットカード情報を入力します。⑥と同じ画面の下です。

「CVV Number」とはいわゆるセキュリティ・コードと呼ばれているもので、クレジットカード裏面の署名欄に印字されている数字の右端3桁の数字です。詳細はこちらをご参照ください。

カード情報記入欄の下の「Choose a password」(パスワードを設定)は、ここで任意のパスワードを設定すれば次回簡単にログインできるようです。「Password」と「Confirm password」の両方に同じパスワードを入れてください。

この画面が修正の最終チャンスです。ここで「PLACE MY ORDER」(注文を確定する)をクリックすると、注文が確定されます。

⑧注文完了画面
110723-8.JPG

注文完了画面です。
印刷マークをクリックして、このページをプリントアウトしておきましょう。また同時にemailアドレスにも注文完了メールが来ているはずですので確認し、保存しておきましょう。


この伝説的クリスマス・コンサート、しかもkaychanも行ったコンサートが、家のテレビの大画面で見られるなんて、9月が楽しみすぎますよね!
 
 
コメント(11) 
アルバム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。