So-net無料ブログ作成

続・「Glad Christmas Tidings」発売情報 [アルバム]

なんでクリスマスソングを聴いてるんだろ、自分? まだ9月にさえなってないのに。
by @DavidArchie

ほんとねえ~ なんででしょうねえ~。 ファンのみんなもそう思ってるよねえ~。

9月6日発売予定の「Glad Christmas Tidings」、以前こちらでDeseret Book(ディザレット・ブック)のサイトからの注文方法を紹介しましたが、いまやあちこちでもっとお安く便利に入手できるようになりました。 (くっ)。 超円高のおり、アメリカのサイトで買うもよし、また日本のサイトで手軽に買うもよし。 どこで買うかまだ決めていない方のために、以下にまとめてみましたので参考にしてください。

なお、アメリカ製品のためDVDはリージョン1と思われますので、日本国内用のプレイヤーでは再生できないかもしれません(日本の仕様はリージョン2)。 ただ、リージョン・フリーのプレイヤーも売っていますので、再生できない場合は、この機会にもう1台増設してもよいかも? また、ブルーレイならば、そのような制限はなく再生できるようです。

[ひらめき](9/7追記) 本日DVDが届きましたが、日本国内用のプレイヤーでも再生できました。ジャケットにも「ALL」 (リージョンに関係なく再生可能)のマークがついています。

ところで、デヴィッドがサインした5000枚のCDはいずこへ~?

※こちらで曲の一部を試聴できます。→ iTunes Preview


ディスク

▼Amazon (日本)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD (輸入盤)
 1678円 1683円
 送料無料


Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD (輸入盤)
 品切れ中、現在注文受け付けず





▼Amazon (アメリカ)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 $13.46 $14.63



Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD
 $22.49 $19.99





Glad_Tidings_Bluray80.jpg ブルーレイ
 $26.99




※Amazon(アメリカ)の場合、日本までの送料は以下の通り。(pさん教えてくれてありがとう♪)
1枚→ (S) $4.28、(E) $9.98、(P) $13.98
2枚→ (S) $5.57、(E) $10.97、(P) $15.97
3枚→ (S) $6.86、(E) $11.96、(P) $17.96
 
(S) Standard International Shipping (お届けまで18~32営業日)
(E) Expedited International Shipping (お届けまで8~16営業日)
(P) Priority International Courier (お届けまでり2~4営業日)


▼cdwow (日本)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 1500円
 送料無料


Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD (輸入盤)
 2450円
 送料無料
 



▼Deseret Book (アメリカ)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 $15.19



Glad_Christmas_Tidings_DVD80.jpg DVD
 $19.98





Glad_Tidings_Bluray80.jpg ブルーレイ
 $26.99




※注文方法の詳細はこちら
※Deseret Bookの場合、日本までの送料は以下の通り。(1枚と3枚はわかったら追加します。)
1枚→ (S) ?、(SA) ?、(P) ?
2枚→ (S) $10.75、(SA) $24.85、(P) $44.85
3枚→ (S) ?、(SA) ?、(P) ?
 
(S) Worldwide:Surface 船便  (お届けまで42~93日)
(SA) Worldwide:Standard Air 航空便  (お届けまで9~17日)
(P) Worldwide:Priority 国際宅配便 (お届けまで5~7日)
 

ダウンロード

▼iTunes (日本)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 1曲150円
 現在は1曲ごとばら売りのみ。


▼iTunes (アメリカ)

Glad_Christmas_Tidings_CD80.jpg CD
 1曲$0.99
 現在は1曲ごとばら売りのみ。


※iTunesで1曲ごとに購入する場合は、以下のトラックがデヴィッドの歌ですのでお間違えなく。
2. Joy to the World
3. The Cat and the Mouse Carol
5. Gesú Bambino
7. Los pastores a belén
8. Silent Night
12. Angels, from the Realms of Glory

 
(以上、金額や在庫状況はすべて8/31 9/6 現在のものです。)
 
 
コメント(4) 

マリウスと会ったこと - デヴィッドのビデオブログ [David's Video Blog]

 
デヴィッドのビデオブログです。 
マリウスと会ったこと(2011/8/16)
まず最初に、アジアのファンたちへ、素晴らしい旅ができてとても感謝してるよ! アメリカへ戻ってきてから楽しくすごしてるし、ハイキングやキャンプがもっとできればいいと思ってる。あはは。マリウスっていう驚くべき子に出会った。彼についてはTeamMarius.orgでもっと詳しくわかるよ。

Credit to theofficialarchuleta

やあ、デヴィッドだよ。やっとインターネットの問題が解決できたから、みんなのためにブログを撮るね。やっとこさ取りかかるまでに、時間がかかっちゃってごめん。アジアから戻ってから、一度もブログ撮ってないのはわかってたんだけどね。でも、戻ってこれてうれしい。いまはユタに戻ってるんだけど、すごくいいもんだよ。
アジアではほんと素晴らしかった。はじめてインドネシアとベトナムに行けてよかったし、マレーシアとフィリピンにはまた行くことができた。ファンのみんなに、ただ、ありがとうって言いたいんだ。もうあっちから戻ってきてしばらくたっちゃったけど、でも、きみたちがしてくれたことすべてのことに感謝してもしきれないよ。それぞれの国でのすばらしい体験やひととき、歓迎してくれたことにね。コンサートができてすごく楽しかった。 ”The Other Side of Down”のアジアツアー・エディション、新曲が4曲入ってるけど、みんなが気に入ってくれたならいいな。
それで、ミーティングをいくつかして、いまは少しのんびりしてるとこ。これからの計画について話し合ったりしてる。今週もまた別のミーティングがあるし、ちょっとした写真撮影とかもあるよ。プロモーションの準備をしてるというか・・・、べつのコンサートの予定も2~3あるけど、でも、今年PBSで放映されるモルモン・タバナクル合唱団のクリスマス・スペシャルのプロモーションをするんだ。CDとDVDも出るし、だからわくわくしてる! 待ちきれないよ。たくさんのひとたちが、去年のクリスマスにやったあの4回のコンサートに来てくれたのは知ってるけど、でも、コンサートに行けなかったひとたちが、そのパフォーマンスを見たり聴いたりできるのか待ち遠しい。あれは、すばらしい体験だったからね。楽しくて、いい時間だった。
ほかに、なにをしてたかと言うと、ロスにいるときミーティングとか以外では、ちょっと休みをとりたかったんだ。ただこう、リラックスして、「減圧する」っていうのかなあ?わかんないけど、国語の先生がよく言ってた言葉なんだけど、どういう意味なんだろ?あはっ、でも、ハイキングに行って、自然のなかでのんびりしてきたよ。もっとそういうことができたらいいんだけど。もう、はあ~って感じで、すごくリフレッシュできた。そう、あれはよかった。
それから、あっちにいるあいだ、ある子に会えたんだけど・・・。よしじゃあ、ぼくが会った男の子の話をしたいんだけど、その子はマリウスっていうんだ。彼と会って、夕食を一緒にとることができた。彼は手術のためにいまロナルド・マクドナルド・ハウスに滞在してる。えっとじゃあ、彼のウェブサイトがあるから行ってみて。チーム・マリウス.org っていうんだ。TeamMarius.org だよ。彼について、ちょっと読んでみるね。まず最初のページにはこう書いてある。「彼は9歳のルーマニアの少年で、2007年11月に自宅の火事で重度のやけどを負い、両親を失った。彼が病院に運ばれたとき、顔も含めて全身の75%の多くの部分が4度熱傷のやけどを負っていた。その後、あまりに損傷の激しかった手の指はすべて切断された。彼は、ルーマニアで最先端であると評判の病院に入ったが、最低限の治療しか受けていなかった。」 彼がどれほどの体験をしたかと思うと、聞くだけですごくつらいよね。でも会ってみたら、彼はだれよりも明るい輝きをもった子だった。瞳がきらきらと輝いてたんだ。すごく強い精神をもった子だった。いま彼は12歳?だったと思う。たしか。あははっ、ごめん。とにかく、すばらしい子なんだ。彼と会って一緒にすごして、彼の友だちや家族にも会えたし、ほんと素晴らしかった。ほんと、特別な子だった。あんな大変な状況であるのにね。彼はいま、身体の再生手術のためにこっちにいるんだ。22時間もかかる手術をするとこだった。一緒に夕食をとったあと彼は病院に行って、そのあとまた、会いに行くことができたんだけど、ほんとに素晴らしかった。彼はあまりしゃべることができなくて、というのも、手術した口をあまり動かしちゃだめってことになってたから。ほんとすごいんだけど、腕から皮膚をとって顔に移植して、今度は腕の皮膚をおぎなうために脚から皮膚をとったり、すごいんだ。ともかく、すごくいい子だから、もし彼のことを知りたかったら、さっきも言ったけどチーム・マリウス.org に行ってみてね。彼に会えてすごく光栄だった。手の指をぜんぶ切断しなくちゃならなかったから、そのあと、両足の親指をとって手に移植して、手の指をつくったんだ。そんなことができるなんて驚くよ。ほんと、すごい子なんだ。彼に会って、物事の見方が変わったし、もっと物事に感謝できるようになった。どんな状況にいようとも、自分に欠けたものがあろうとも、ひとは楽しく陽気でいられるものなんだ、ってね。
ともかく、それをみんなに教えたくて。マリウスに会ったぼくの体験とか、あとはアジアに行ったこととか、ロスで過ごしてることとかね。それから、自然ともっと一緒に過ごそうと思ってることとか。あはは。ともかく、いま言いたいのはそれだけだよ、もう6分も話しちゃったから。いつも思った以上に長くなっちゃうんだよね。今週は、家族ともっと過ごす時間をとるよ。母がパフォーマンスしたのを観に行ったし、今週また、母は歌うかもしれないんだけど、どうなるかな。でも、もっとひんぱんに近況報告できるようにするよ。じゃあ、またね。



デヴィッドがビデオブログを出した翌日8/17にチーム・マリウス.org にアップされた写真とコメント
Team Marius.jpg

シュライナーズ小児病院へマリウスを訪ねにきてくれたサニーとデヴィッド、ありがとう、ありがとう、ありがとう!そしてデヴィッドへ、素敵なブログをアップしてくれてほんとうにありがとう。デヴィッドのファンたちから勇気づけるたくさんのメッセージやコメントや言葉をもらって、私たちはすごく感激しました。マリウスにとって大変なこの時期に、このような素敵なことが起るなんてとても嬉しいことです。マリウスの人生を明るくしてくれた世界中のひとたちに感謝。


あ~。 AAAを閉じても記事アップをやめられないrikuさんを「悲しいさが」と嘲笑した私でしたが、かくいう私自身も悲しい・・・・・(@_@;) でも、いままでよりかなり少ない時間と労力で気楽にやりましたので、訳は荒いし適当なのです!

 
ところで、モルモン・タバナクル合唱団とのクリスマス・スペシャルのプロモーションが始まるとデヴィッドは言っていますが、このブログの翌日、さっそくCDに5000枚もサインをしていましたね。これがデヴィッドのFacebookにアップされたサイン中の写真ですが、すごい数っ
MoTab CD siging.jpg
合唱団と歌ったThe Glad Christmas TidingsのCD 5000枚にサインしてるとこ。ふう!(笑) どうやってこれを入手できるのか、あとで教えるね!

こちらの記事でお知らせしたとおり、私はディザレット・ブックではやばやとDVDとCDを予約したクチなのですが、すでに昨日、DVDを発送したとのメールがディザレット・ブックから届いていました。CDはまだで、後日発送だそうです。なんかこっちのCDの予約はキャンセルして、上記のデヴィッドがサインしたCDが欲しいんですけど・・・。どうやって入手できるのかはやく教えてね、デヴィッド!
 
 
コメント(4) 

いつかはある日突然やってくる [ひとりごと]

20110806.jpg

ひとつ前の記事に、lizさんのこんなコメントがありました。

” いつか日本に来て欲しいとずっと願っていたのに、
そのいつかは突然やってくるんだと改めて実感しました ”

デヴィッドにいつか必ず会いたいと心から願っていたのに、
いざそのチャンスに直面したとき、思いのほか悩んだり、躊躇したりして、
自分がデヴィッドに会う準備ができていなかったことを
今回思い知ったかたも、多いのでは?

自分には、なにかが足りてなかった。

足りなかったもの。
それはひとさまざまでしょうが、
一般的にはたとえば、以下のようなものが想定されます。

決断力。
貯金残高。
突然の休みを告げても上司に有無を言わせぬ政治力。
夫(彼氏)へのしつけ。
家族の冷笑への耐性。
日頃の地道なスキンケア。
より若く見える服。
より細く見える服。

「より若く見える服」は「若さ」、「より細く見える服」は「細さ」とするのが
妥当なのは言うまでもありませんが、
ここでは政治的に正しい表現に配慮しました。

ちなみに、私にいちばん足りないと痛感したのは
デヴィッドへ気の利いた手紙を書く能力でした。
あせりました。

そういう意味では、宿題が無期限になったかのようにほっとした自分がいましたが、
そんなんじゃだめです。
またいつか、いつかは突然やってくるかもしれないから、
足りないものをおぎなう努力を今日からはじめましょう。

というわけで、気が抜けて
身の回りのことをなおざりにしていたこの1週間でしたが、
(身の回りがなおざりは3年前からですけど。)
今度こそ、なんとかします。
がんばります。
 
 
  
コメント(10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。