So-net無料ブログ作成
アピアランス ブログトップ

ユタのディザレット・ブックでのサイン会 [アピアランス]

 
この感謝祭の週、デヴィッドは地元に戻って、テレビに出たりサイン会をしたりインタビューを受けたりと忙しかったようですね。
サイン会は、ユタの3か所のディザレット・ブックで行われました。

11/21(月) オレム
111127-04.jpg


11/22(火) ミッドベール
111127-06.jpg


11/25(金) ソルトレイク・シティ
111127-08.jpg

Credit to ziffle77
これはかわいすぎる。 だれかメガホンを渡してやって!!

KSL.com
Credit to KSL / YouTube video posted by JRforDA2011
アナウンサー: 今夜、多数のエキサイトしたデヴィッド・アーチュレッタのファンが、お気に入りの歌手に会うために行列をつくりました。そのイベントは、街の中心部の書店ディザレット・ブックでのCDサイン会です。たくさんの若い女性が集まりました。アーチュレッタはモルモン・タバナクル合唱団との2010年のクリスマス・コンサートのアルバムを発売したばかり。ファンたちは彼にサインをもらおうと、ポスターやCDやDVDや雑誌を手に集まりました。アーチュレッタは、今年はほとんどの時間をロスで過ごしたけど、少しのあいだだけでも地元に帰れてうれしい、と語りました。
デヴィッド: 家に帰ってきて、ゆっくりして、家族と過ごせるのはすばらしいよ。ここの平穏なひとときを楽しんでる。
アナウンサー: アーチュレッタには、ニューヨークで幕開けするクリスマス・ツアーが控えています


今週前半のテレビ出演の動画や記事もいくつか出てますが、あまり目新しい情報はなかったように思え・・・、というか、私はいま年末にかけて仕事が押してきてるので、動画まではあまり見れていません。だからなにか新情報を発見したひとはぜひ教えてください!(笑)

そんななか、きょうファンサイトを斜め読みしていたら、11/22のミッドベールでのサイン会に行ったクリスティーナさんというファンのストーリーが目に留まりました。ちょっとおもしろいと思ったので紹介します。 (ストーリーの序盤はデヴィッドが出てこないので省略させていただきました。)

 
(序盤省略)
 
ともかく、列が進むと、イベントを仕切っている女性が「デヴィッドはギターにはサインしないと思うわよ。」と言うから、私は「いちおう彼に頼んでみてもいい?」と言うと、彼女は「まあご自由に。でもサインしないと思うけど。」とちょっとヤな感じに言うから、私は「彼はしてくれると思うな。ともかく、ご忠告ありがとう。」 すると彼女は、やれやれといった顔をしたのよ。そして私の番が来て、デヴィッドの前に出ていくと、彼は「やあ!ひさしぶりだね、元気にしてる?」って。 その女性は、デヴィッドが私のこと知ってたんですごく驚いた顔してた(笑)
私は「元気よ。ギターにサインなんて無理なお願いしちゃってもいい?」 彼は「いいよ!」 それで、私のギターに「クリスティーナへ」と書いてから、その下に自分の名前をサインしてくれた。名前を書いてなんて私はお願いしてないのに。私の名前とそのスペルを憶えていてくれて、お願いもしていないのに自ら書いてくれた、その事実がとっても嬉しかった。それから一緒に写真も撮った。すごくあわただしかったけど、平常時を保つ努力はしたわ(笑)
 
111127-01.jpg
111127-02.jpg
 
デヴィッドはおひさまのような光と幸せオーラで輝いてた。ほんとなんだから。彼は発光してる。この写真で私の後ろの女性も一緒になってポーズとってるのがなんかいい(笑) それに、ギターにサインしてもらって私がどんなに嬉しかったか、みんなにはわからないでしょうね。私は、人生に感銘を与えてくれるミュージシャンたちにギターにサインをしてもらいたくて、いまんとこ、ウィル・アンダーソンとアンディ・グラマーからもらってて、ついにサイコーに感銘的なデヴィッド・アーチュレッタからもらうことができた。ファンだなんてダサいって思う人がいたってちっとも気にしない。きょうみんなが、デヴィッドのことを語っていたのを聞くがいいわ。ただ声が素晴らしいってだけじゃなくて、どんなに素晴らしい人かってことを。彼はいつも笑顔で、いつも前向き。彼は善良な心の持ち主。それがあらわれてる。
それで、私の祖母がデヴィッドに歩み寄って、デヴィッドがキューバでフリオ・イグレシアスとやったパフォーマンスがどんなに素晴らしかったか、スペイン語で話したの。言うまでもなく、デヴィッドはそんなパフォーマンスしてないし、キューバにも行ったことない。じつは私の祖母は認知症で(デヴィッドはそれを知ってて、前にもみごとに対処したことがあったし、今回も例外じゃなかった)、彼は、びっくりしてみせたり変な目で見ることもせず、いつかフリオと一緒に歌ってみたいよ、って(スペイン語で)答えてくれた。
そのあと、先に進むように言われて立ち去りかけたんだけど、祖母がデヴィッドと写真を撮ってなかったことに気づいた。祖母が動揺した気持ちのまま帰ることはできないから、私たちはまた戻って、さっきのあのヤな感じの女性がいたから、「私の祖母がデヴィッドと一緒に写真撮らせてもらってもいいですか?ほんの一瞬で終わるし、祖母にとってすごく大切なことなんです。」と聞いてみた。そしたら、その女性は「だめだめ。デヴィッドはもう終わり。」と言うから、私はやれやれといった顔をしてみせた(笑) そして私はデヴィッドのほうに歩いて行って、「デヴィッド、祖母と写真撮ってもらえますか?ほんの一瞬だから。さっき撮るの忘れちゃったの。」と言うと、彼は「もちろん!だれか、彼女を通してあげて。」と言い、別の男性がロープをあけて祖母を通してくれた。デヴィッドって素晴らしい。 これでおしまい。
 
111127-03.jpg
最後に、世界でもっとも大好きなふたりを (^o^)
 


サイン会で多くのファンに対応してても、きちんと応えてくれるデヴィッドのこの優しさと忍耐強さ。愛さずにはいられませんね~。 登場するヤな感じの女性も、ただ自分の仕事をまっとうしようとしていただけでしょうから、私には憎めませんが♪

私もしつこいほど言ってますが、デヴィッドに会ったひとは世界のどこのひとでもみんな言いますよね、彼は輝いてるって。若さや希望にあふれた人を比喩的に「輝いている」と表現はしますが、そういう比喩ではなくて、本当にデヴィッドからはふんわりとした柔らかい光が出ています。それは幻覚じゃなくて、実際に目に見えますから。 あの光をまた、この目で見たくてしかたがありません。
 
 
コメント(3) 
アピアランス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。