So-net無料ブログ作成
Nandito Ako ブログトップ
前の10件 | -

Nandito Ako 日本語訳 [Nandito Ako]

ようやく25話完結しました。ここまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
なにぶん「時間」「能力」「体力」の不足により(「気力」だけはあったらしい)、訳は稚拙で間違いも多いと思いますが、大目に見ていただき、物語の筋の参考程度にしてもらえましたら幸いです。<(_ _)>
2012/4/15

Nandito Ako 日本語訳

[第1週]

[第2週]

[第3週]

[第4週]

[第5週]


タガログ語の部分を英語訳した字幕がついている動画があったので、それをもとに日本語訳をしてみましたが、正確性の保証はいっっさいありません。
また、今週はおもしろ半分もあってちょとがんばって5話やってみましたが、もう無理だと思います(笑) →さらにがんばりました(笑)

でもこのドラマなら、からだをはった演技が多いので、この英語字幕の動画を見れば(いや、英語がなくても?)じゅうぶんお話の内容は察することができるとは思いますが・・・。

この5話まででそれぞれの登場人物紹介が終わり、来週からはストーリーがどんどんと発展していくのだと思われます。
まだ最初のほうなので、デヴィッドの演技もぎこちない(わざとらしい)ところがありましたが、これから自然な感じになっていくのでしょうかね、楽しみです。

コメント(16) 

Nandito Ako (25) 最終話 [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード25 -最終話


【コンサート会場】
ジョシュ:ホリー、きみにこの歌を捧げるよ。いろいろとありがとう。
(” Nandito Ako”を歌う)

【アーニャの家】
テレサ:まあ、アーニャ!なんで泣いてるの?!
アーニャ:私、ジョシュを完全に失っちゃった、お母さん。ジョシュは、ホリーをみんなに紹介したの。
テレサ:ホテルであなたを救った男の子はジョシュだと、伝えたの?あの火事があったホテルで!?
アーニャ:そんなことは、たぶんもうジョシュには意味がないの、お母さん。ふたりはもう出来上がってるんだから。ことを複雑にするだけ。
テレサ:なんでこうなっちゃうの?いつもあなたが犠牲になるのね。いつもあなたが、泣くことになるんだわ。
アラジン:でも、お姉ちゃんはみんなに愛されているよ!ぼくとか、マンドお兄ちゃんとか、ボルタおばちゃんとか!

【楽屋】
カーラ:おめでとう!
ビリー:やったな!すごくよかったぞ!
ホリー:ジョシュ、おめでとう。
ジョシュ:やあ!疲れただろうね。
ホリー:ううん、大丈夫。私、すごく元気が出たから、もうひとつあなたのコンサートを観に来れたくらいよ。なんでそんなに心配そうにしてるの?
ジョシュ:ただ気遣ってるだけだよ。
ビリー:じゃあ、あとでな。
ジョシュ:ああ、また。
(カーラ・チー・ビリーが去る)
ホリー:ありがとう、ジョシュ。
ジョシュ:なにが?
ホリー:私の夢をかなえてくれた。これで、私は死ねる。
ジョシュ:だめだ。
ホリー:だめって、どういう意味?
ジョシュ:僕に感謝なんていらない。
ホリー:感謝しなくちゃ。だって、あなたは私を幸せな気分にしてくれた。今まで生きてきて、こんなふうに感じたこと一度もなかったの。私が誰かの大切なひとだなんて。でも私は、あなたも幸せになってほしい。あなたとアーニャのことよ。あなたたちは運命のふたりなの、ジョシュ。アーニャは、意味もなくあなたを遠ざけたりしない。私のために、したことなの。アーニャは、私の秘密を知っていた。

【ホリーの家】(回想シーン)
ホリー:ヤヤ、あなたはウソがへたね。なにか私に言うことはないの?さあ、言って。
ヤヤ:私のこと、怒らないでくださいね。あなたのお友達に、病気のことは言わないって約束しました。でも先日、アーニャが病院を訪ねて来たんです。私は、アーニャを部屋に入れませんでした。というのも、あなたのこんな姿を見せたくなかったからです。でも、あなたの病状を秘密にしておくことができなくて、結局アーニャに話してしまったんです。
ホリー:アーニャは私の病気を知ってるのね。じゃあ、アーニャは、私のためにジョシュと別れたんだわ。
ヤヤ:私はただ、あなたに幸せになってほしくて・・・。
ホリー:ヤヤ・・・。私だって幸せになりたいわ、ヤヤ。でも、そのために誰かを傷つけるなんて、できない。私はジョシュを愛してるの。だからといって、自分の病気を、彼を獲得するために利用したくない。それに、アーニャは、私のために犠牲を払った。

【コンサート楽屋】
ジョシュ:そんなふうに思わせちゃって、ごめん。
ホリー:ううん、謝らないで。あなたも、私に幸せになって欲しかったんだって、わかってる。だから、アーニャじゃなくて私を選んでくれたのよね。
ジョシュ:ホリー、きみはなんにもわかっちゃいない。あれは、僕の本心だよ。きみは、僕の人生を変えてくれた。きみは僕の大切なひとなんだ。きみのこと、もっと知りたい。
ホリー:私やあなた自身を、納得させようとしなくてもいいのよ、ジョシュ。私、あなたが好きだってこと否定はしない。でも、私はもうじゅうぶん幸せ。あなたと知りあって、あなたと一緒に過ごせた。そのうえ、あなたは私の友達になってくれた。運命で結ばれたふたりのあいだに入って邪魔をするなんて、私には耐えられない。あなたたちのことよ、ジョシュ。あなたと、アーニャのこと。

【アーニャの家】
マンド:じゃ、からだに気をつけてな。俺のこと忘れんな。
アーニャ:さあ、お別れのハグしてよ!
テレサ:マンド!行儀よくするのよ?もうゴタゴタはご免だからね、問題起こすんじゃないわよ。
マンド:おばさんにめんじて行儀よくするよ。おい、じゃあアラジン、お母さんとアーニャに面倒かけるなよ!
アラジン:あったりまえだよ、お兄ちゃん!

【廊下】
(ジョシュが急ぐ)
カーラ:どこに行くの?
ジョシュ:お母さん、僕、アーニャに会いに行かないと。
チー:え?ホリーを選んだと思ってた。ワケわかんない!どういうこと?
ジョシュ:アーニャはホリーのために、僕をふったんだ。ホリーは病気なんだよ。もう先が長くないんだ。だからアーニャは、僕とホリーが一緒になるようにと、僕の元を去ることを選んだんだ。
カーラ:ホリーのことは、とても気の毒だわ。でも、アーニャはあなたを本当に愛してるってことだわ。それにアーニャにとって、ホリーも大切なひとだということよ。
パブリート:口を挟んですんませんが、ダンナの言う通りだと思いますダ。じつは、アーニャさんは今日、ここに来てたんス。でも、ジョシュのダンナがホリーさんに歌を歌っているのを見て、会場を出て行ったんス。それで、これを落としていきましたダ。
(時計を差し出す)

【廊下】
カーラ:ジョシュ!これ、私があなたにあげた時計だわ!
ジョシュ:バンドが・・・。
カーラ:と言うことは・・・!
ジョシュ:火事で僕の命を救った女の子は・・・、アーニャだったんだ!僕、行かないと!
ビリー:俺も行くぜ!パブリート、車を頼む!さあ行こう!

【ホリーの家】
マルガレート:どうして、あんなことしたの?
ホリー:あんなことって?
マルガレート:ジョシュを手放したことよ。
ホリー:私、気がついたの・・・。愛は、自分勝手なものじゃないって。愛とは、寛大なもの。懐が深いもの。ジョシュとアーニャが、それを教えてくれた。 ふたりにとって、自分たちよりも、私が幸せになることが第一だったの。
マルガレート:あなたがとても誇らしい、わが娘。あなたはとても大人だわ。今頃こんなこと言って、ごめんなさい。私は憎しみのせいで、なにも見えていなかったの。
ホリー:お母さん、そんなことはもう忘れたわ。私たちの過去の一部にすぎない。
マルガレート:いまが私、テレサとのいざこざを収めるべき時かもしれない。
ホリー:それはとてもいいことだわ、お母さん。私も、お母さんのことが誇らしい。

【アーニャの家】
アーニャ:マンド、どうもありがとう。あなたが私の良き友達でいてくれたことへの、お返しができればいいんだけど。
マンド:ただ、幸せになってくれ。それが、俺へのお返しだよ。
アーニャ:ほんとにありがとう、マンド。

【車の中】
ジョシュ:パブリート、もっと速く走れないか?
パブリート:ガッテンだ!
ビリー:よお兄弟、落ち着けよ!
ジョシュ:悪いな。気が急いてだめだ。

【アーニャの家】
テレサ:アーニャ、汗かいてるわよ。
アーニャ:大丈夫よ、ハンカチ持ってるから。(ポケットを探る)
ボルタ:忘れ物?
テレサ:なにか失くしたの?
アーニャ:時計のバンド・・・。あのジョシュのバンドよ。
テレサ:えっ?そっちのバッグに入ってるんじゃない?こっちは?
アーニャ:お母さん、コンサート会場で落としたのかも・・・。 もういいよ。って言うか、ジョシュを思い出すものなんか、持ってないほうがいいかも。
テレサ:じゃあ、行きましょ!バスに乗り遅れるわ!

【車の中】
(ビリーがパブリートをせかす)

【ホリーの家】
(ホリーを頭痛が襲う)

【アーニャの家】
ジョシュ:アーニャ!アーニャ、待ってくれ!話があるんだ、聞いてくれ。
アーニャ:私たちに話すことなんてなにもない。もう行かせて。私たちにとって、こうするのが一番なのよ。
ジョシュ:15年前、僕はある女の子に勇敢にも命を救われた。でも、その子の名前を聞くことすらできなかった。いつかまた、その子に会える日が来るのを、ずっと願ってきた。そうしたら、その子の名前を聞いて、友達になる。そのうち、もしかしたらその子のことが好きになるかもしれない。もしそんな日が来たら、、もう決してその子の手を離さないって心に決めたんだ。その女の子は、いま僕のすぐ目の前にいる。その子がまた、僕から離れるようなことがあれば、引き止めるため僕はなんだってする。二度とそんなことはさせない。行くな、アーニャ。(時計を取り出して)愛してる、アーニャ。
(抱き合う)
アーニャ:私もあなたのこと、とてもとても愛してるわ、ジョシュ。あなたをしっかりと、つかまえててあげなかったこと、許して。
ジョシュ:謝らなくていいんだ。ホリーが全部、話してくれた。
アーニャ:ホリーが?ホリーはなんて言ってたの?
ジョシュ:僕が知るべきことをすべて教えてくれたよ。きみはホリーのために、自分の幸せを犠牲にしたんだ。それを知って、きみを誇りに思う気持ちがもっと強くなった。
(アーニャの携帯が鳴る)
アーニャ:もしもし?ヤヤ・ロサ?

【病院】
ホリー:お母さん・・・。お母さん・・・。
マルガレート:よかった、目が覚めて。気分はどう?先生を呼ぶわね。
ホリー:お母さん、私は大丈夫。そばにいてくれる?残り少ない時間を、お母さんとできるだけ過ごしたいの。
マルガレート:そんなふうに言わないで・・・。一緒にいる時間はまだまだあるのよ、忘れたの?
ホリー:私、もう死ぬんだわ、お母さん。でも心の準備はできてる。私は幸せ・・・。お母さんに愛されながら、お別れができるから・・・。お母さん、とても愛してる。
マルガレート:娘よ、私も愛してるわ・・・。あなたへの償いがまだ終わってないのよ。もっと時間が欲しい。そうすれば、もっと一緒にいられるのに・・・。わが子・・。
ホリー:ヤヤ・・・。ヤヤ、私によくしてくれてありがとう。あなたがいなかったら、私はどうなってたかわからない・・・。ありがとう、ヤヤ。

【病院の廊下】
ジョシュ:ここへ来るってこと、事前に電話かメールできなくてすみません。ホリーのようすを見に来ました。
アーニャ:ヤヤ・ロサが電話してきたんです。それで、ホリーの具合が知りたくて、来たんです。
マルガレート:中に入って、会ってあげて。ホリーはあなたたちを待ってたの。あなたたちが来てくれて、きっと喜ぶわ。
アーニャ:ありがとうございます。
ジョシュ:ありがとう。
ビリー:あ~・・・、おばさん?俺はちょっと、飲み物でも買ってくる。なにか欲しい?
テレサ:私はいいわ。行ってきなさい。
マルガレート:テレサ。私があなたにしたこと、許してくれるかしら。私は傷ついていたの。だから、あんなことをしてしまった。どうか、許して。
テレサ:私のほうこそ、あなたにしたことを、許してくれるかしら。
マルガレート:じゃあ、過去のことはもう、お互い水に流せる?

【病室】
ホリー:アーニャ、本当にどうもありがとう。あなたがお友達でいてくれて、私は幸せだわ。私があなたにしたこと、許してほしい。
アーニャ:あなたは、なんにも悪くない。あなたが許しを請うようなことは、なにもないのよ。気分はどう?
ホリー:大丈夫よ。心配しないで。私、あなたたちのことが嬉しいの。
ジョシュ:(時計のバンドを見せて)これ、覚えてる?僕の命を救ってくれた女の子のこと?
ホリー:ふたりだったのね?
アーニャ:(うなづいて)ホリー、もしあなたがいなかったら、ジョシュと私がまた会うことはなかった。どうもありがとう。
ホリー:お礼なんていいいの、アーニャ。あなたたちは、すでに出会っていた。私はただ、また会うきっかけだったにすぎないの。あなたたちふたりのこと、本当に嬉しいわ。
ジョシュ:それでもやっぱり、きみのおかげだよ。きみが僕たちにしてくれたこと、絶対に忘れない。きみは僕の未来を明るくしてくれた。だから、早く良くなって。それで、一緒に過ごそう。そうだよね、アーニャ?
アーニャ:そうよ。一緒に出掛けようね。いい?幸せになるの。
ホリー:うん、そうね。3人で、いつまでも幸せに。私たちの幸せな時間をぜんぶ、一緒に持っていくわ。私がどこへ行こうと・・・。ねえジョシュ・・・。
ジョシュ:なに?
ホリー:(ジョシュになにかつぶやく)
ジョシュ:約束するよ、ホリー。約束する。
ホリー:大好きよ、アーニャ。とても、とても大好き。大好きよ、ジョシュ。本当に本当に、どうもありがとう・・・。
(ホリー、亡くなる)
アーニャ:おばさん・・・。
マルガレート:ホリー? 私の娘・・・。まだ行かないで・・・!

【ホテルの噴水】
アラジン:お母さん、見て!お姉ちゃんが凧をあげてる!
アーニャ:ジョシュ、見て!
ジョシュ:ホリーがこれを見たら喜ぶぞ!
アーニャ:あなたのためにこの凧をあげてるのよ、ホリー。私の親友。
アーニャ:ねえジョシュ。ホリーは最後にさよならを言う前に、あなたに何か言ってたわよね。聞いてもいい?
ジョシュ:約束してほしいって。
アーニャ:なんの約束?
ジョシュ:一生、きみのそばにいるってこと。なにがあっても。僕はきみのそばにいる。
アーニャ:私も、ずっとあなたのそばにいるわ、ジョシュ。愛してる。
ジョシュ:僕も、とてもとても、とても愛してるよ、アーニャ。

(ホリー:運命には逆らえないなんて、うそだわ。それは凧をあげるようなもの。凧を空高く昇らせるのは風だけじゃない。凧糸を握る、そのひとの腕にもかかっているの。)

-完-

 
コメント(2) 

Nandito Ako (24) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード24


【ホテルの噴水】
ジョシュ:この噴水は、お母さんが死んだときの思い出として僕の人生の一部になったんだ。
ホリー:そんな辛い思い出があっても、まだこの場所に来れるっていうのはいいことだわ。
ジョシュ:うん。だってここは、僕の命を救ってくれたあの女の子に会った場所でもあるから。あの子に、また会えたらいいのに。
ホリー:どうしてまた会いたいの?
ジョシュ:僕の人生を変えたひとだから。
ホリー:ねえ、お願いごとをしよう?わからないわよ、その子にまた会いたいっていう願いが叶うかも。
ジョシュ:そうだね。
ホリー:はい。先にどうぞ。
(ジョシュ、何かを念じてコインを投げる)
ジョシュ:きみの番だ。
(ホリー、何かを念じてコインを投げる。頭痛に襲われる)
ジョシュ:具合が悪そうだね。家まで送るよ。
ホリー:大丈夫よ、ジョシュ。心配しないで。
ジョシュ:顔色が悪いよ。さあ、行こう。

【ホリーの家】
ヤヤ:まあ、なにか悩みがある顔していますね。悪いことでもあったのですか?
ホリー:なんでもない、ヤヤ。ただ、考えてたの・・・。自分と結ばれる運命じゃないひとを欲しがるのは、よくないことかな・・・。
ヤヤ:あなたはいい子です。だから、神さまはあなたのお願いを聞いてくれてるのですよ。いま、あなたはジョシュと知り合えただけじゃなく、一緒にすごす時間を持ててる。ジョシュと話をしたり、肩を抱いたり・・・。
ホリー:ねえ、ヤヤ。お父さんが言ったことがあるの。運命に逆らえないなんて、うそだって。それは凧をあげるようなもの。凧を空高く昇らせるのは風だけじゃない。凧糸を握る、そのひとの腕にもかかっているのよ。
ヤヤ:そうですよ。あなたは、こうなるのをずっと長い間、夢見てたのでしょう?その喜びを、自分で取り上げてしまうおつもりですか?

【ホテルの部屋】
(ジョシュ、回想している)
ジョシュ:僕、すごく幸せだよ、アーニャ。まるで心臓が破裂しそうだ!ほら、わかる?
アーニャ:私も、あなたを愛してる、ジョシュ!
ジョシュ:お金や名声がなくたって、僕は生きていける。でも、きみなしでは、生きていけないんだ!
アーニャ:でも、私があなたと一緒じゃ、生きていけないの!

(ビリーが入ってくる)
ビリー:よお兄弟、またなんか、考え込んでるな?おまえが誰のこと考えてるか、当ててやろうか?ホリーだろ。
ジョシュ:・・・。
ビリー:おっと、違ったか。てことは・・・、誰だろうなあ・・・?もしかして、アーニャか?
ジョシュ:その話はやめよう。話したって無駄だ。もう、彼女とは終わったんだ。いまさら、どうにもできないさ。
ビリー:おまえマジで、終わっちまったと思ってるのか?でもまあ、おまえが心から愛するのは誰かなんて、俺が聞くべきことじゃないけど。重要な問題は、おまえがいつまで、気づかないふりを続けるのかだ。おまえは、自分に対して正しくないことをしている。ホリーに対してもだ。いつまでホリーに期待させ続けるんだ。
ジョシュ:ホリーを愛するのは難しいことじゃないよ。あの子は優しいし、思いやりがある。あの子が僕にしてくれたことは言うまでもない。病院にも会いに来てくれた。
ビリー:それで?
ジョシュ:それに、ホリーは僕のこと好いてくれてる。あの子のことを僕が愛せない理由なんて、どこにもないよな?
ビリー:で、アーニャは?
ジョシュ:アーニャのことはもういいよ。
ビリー:アーニャはおまえのことなんかどうでもいいと思ってると、おまえは思うんだろ?でも、考え直したほうがいいぜ。
ジョシュ:どういう意味だ?
ビリー:俺、見たんだ。アーニャは病院に来てたぜ。あの子の顔は、おまえのことを心配する顔だった。
ジョシュ:なんで僕に会わずに帰ったんだ?
ビリー:なにか深刻な理由があったに違いねえ。でも、アーニャ本人にしか、おまえの問いには答えられないんだ。アーニャと話せって!

【アーニャの家】
ボルタ:アーニャ!アーニャ!
アーニャ:なにゴッドマザー?
ボルタ:テレサ!アーニャ!
テレサ:そんなに急いでどうしたの?
ボルタ:最新の噂、聞いた?
アーニャ:どういう?ゴッドマザー?
ボルタ:新聞で読んだんだけど、あなたのカレシのコンサートが行われるんですって~。おっと、元カレだったわね!でも待って、私があわてたのはそのことじゃなくて、そのコンサートで、ジョシュは新しいカノジョをみんなに紹介するんですってよ。
アラジン:お姉ちゃん、ジョシュの新しいカノジョってだあれ?
ボルタ:こら、詮索しないの!
アラジン:ホリーお姉ちゃんのこと?
アーニャ:かもね。
アラジン:残念だなあ。もしお姉ちゃんがジョシュお兄ちゃんをふらなければ、お姉ちゃんだったのに!
テレサ:アーニャ。あなた、あまりに多くのものを犠牲にしたわね。自分から、幸せに背を向けたのよ。
アーニャ:でも、お母さん。ホリーは友達なの。ホリーが傷つくのを見るのは耐えられない。
テレサ:だからって、自分を傷つけるの?

【ホテルの部屋】
チー:ほとんど準備は済んだわ。コンサートの詳細はここに書いてあるから。もしなにか、変更したり調整したいことがあったら、大至急教えて。
ジョシュ:うん、よさそうだよ。これで問題ない。ありがとう、チー!きみって最高だなあ!
チー:おべっかいばっか!
カーラ:本当よ、チー。どうもありがとう。それに、私の超ハンサムな息子にも、ありがとう!あなたってほんといい子だわ!わかってるわよね、私、あなたが誇らしい。あなたみたいな息子がいて、私はほんとうに幸せものだわ!
ジョシュ:ありがとう、お母さん。お母さんのためなら僕はなんでもするって、わかってるよね?そもそも、お母さんがいなかったら、僕はこの世にいないんだから。
ビリー:よおッ!コンサートで、おまえは愛する女性のために歌うんだ。なかなかいいよなあ。チーのアイデアだ。きみがこんなにロマンチックだったとは、知らなかったぜ。
チー:私をなんだと思ってるの?かたぶつ?じつは、このアイデアは、ファンから得たのよ。みんな、あなたの新しい恋人に死ぬほど会いたがってる。だから、コンサートで紹介するのが一番かなと思ったの。
ビリー:でも問題は、おまえは誰に歌うのか?ってことだ。ホリーか?それともアーニャか?
ジョシュ:うーん・・・、わからないよ。
ビリー:アーニャをコンサートに招待したらどうだ?アーニャとの仲を修復するいい機会じゃないのか。

【アーニャの家】
ボルタ:アラジン、私と一緒にいらっしゃい!美容院に取りに行くものがあるの。さ、一緒に行きましょ!あとで戻るわ、じゃあね~。
テレサ:ねえアーニャ、田舎の家に帰るっていう、あの話を進めたらどうかしら?都会のマニラのあわただしさから離れて、平穏な土地で、一からやり直すの。あなたの奨学金のことは心配だけど。あきらめるなんて残念過ぎる。
アーニャ:でもお母さん、それで私たちの生活がよくなるなら、それでもかまわない。
テレサ:本当に?
アーニャ:私たちにとって、そのほうがいいのかも。いちばん大切なことは、3人が一緒にいることだもん。
テレサ:ありがとう、わが娘。あちらに行けば、もう私たちに首を突っ込むひとたちはいなくなるわ。
パブリート:ごめんくださいまし。こんばんは。
アーニャ:パブリートさん、入って!
パブリート:どうも、おばんです。こんな遅くにすんませんです。このチケットをあなた渡すよう、ジョシュさんから頼まれたんで。
テレサ:チケット?なんの?
パブリート:コンサートの招待券です。
アーニャ:ああ、パブリートさん。ごめんなさい。私たちは行けそうにもないんです。用事がたくさんあるので。
パブリート:なるほど。でも、そのチケットは持っててくださいますかネ?万が一、来られることになったら、来てくださいまし。じゃ、ワタシは行きますだ。
アーニャ:ありがとう。
パブリート:では失礼しまス。
テレサ:ありがとう。

【コンサート会場】
(観客が入場)

【ホリーの家】
マルガレート:さあ、服を着替えて、出かけるしたくしましょう。あなた、とても素敵になるわよ!
(ホリー、頭痛がする)
マルガレート:ホリー、どうしたの?
ホリー:お母さん、頭が痛い。
マルガレート:薬は飲んだの?
ホリー:うん。
マルガレート:ヤヤ、薬を持ってきて!行かないほうがいいかもしれないわね。
ホリー:お母さん、ううん。私、ジョシュのコンサートに行かないと。
マルガレート:でも・・・。

【アーニャの家】
アラジン:ねえ、僕たち、ほんとに行かなくちゃだめなの?
アーニャ:そうよ。あんたは行きたくないの?
アラジン:友達と別れたくない。あっちへ行っても、楽しくないかも。
アーニャ:そんなことないわ。あっちに行けば、新しいお友達ができるわよ。それにアラジン、いちばん大切なことは、もうお母さんにいじわるする人がいなくなるってことなの。
アラジン:ほんと?!
アーニャ:そうよ。だから、早く荷造りしなさい!そしたら早く出発できるから。
(アラジン、アーニャの時計に気づく)
アラジン:あれ?これ、お姉ちゃんの?
アーニャ:そうよ!かして!
アラジン:その半分を、ジョシュお兄ちゃんが持ってたよ!
アーニャ:ジョシュが!?

【アーニャの家】
ボルタ:アーニャ!どうしたの?!いったいなに?テレサに呼ばれたのよ!あなた、自殺をほのめかしてるとか?!
アーニャ:ゴッドマザー!いつも冗談ばっかり!
ボルタ:でもお、ほんとになんなの?
アーニャ:あの火事で、私を救ってくれた男の子が誰なのか、わかったの!
ボルタ:きゃああああ!どこ?その男の子はどこ?来てるの?来てるの?!
アーニャ:これよ。
ボルタ:これが、その子?
アーニャ:違うわ、ゴッドマザー!これは、その火事のときに壊れた時計の半分なの。アラジンによると、ジョシュがまったく同じバンドの時計の半分を持ってるんだって!
ボルタ:待って!ジョシュが、その男の子なの!?
テレサ:落ち着いてよ。
ボルタ:ウソおッ、ついにやったわ!
テレサ:ちょっと待って。ジョシュの時計が同じものだとは限らないでしょ。ただ似てるだけってこともあるわ。
アーニャ:アラジンが言うには、ジョシュの時計も火事のときに壊れたんだって。
テレサ:そうなの?
ボルタ:お姉ちゃんの言ってることは本当なの?
アラジン:そうだよ、ボルタおばちゃん!
テレサ:じゃあ、本当なのね?
アーニャ:ジョシュの時計を見るまでは、100%の確信はないわ。
ボルタ:じゃあ、ジョシュに会わずに、どうやってはっきりさせるっていうの!?
テレサ:ねえアーニャ、私にはもう、否定しようがないわ。これだけのことが、あなたたちふたりの運命を結び付けてるのよ。
ボルタ:その通り!
アーニャ:でも、ホリーはどうなるの?
テレサ:この時計の出来事は、ずうっと前に起こったことなの。あなたがホリーに会うよりも、ずっと前のことだわ。だから、命を救けてくれた男の子がジョシュかもしれないという、真実を確かめるチャンスを逃しちゃだめ。
ボルタ:そうよおお。考えるまでもないわ。いますぐ、確かめに行くのよおッ!

【コンサート会場楽屋】
ビリー:よお兄弟!大舞台への準備はいいか?アーニャは来てるか?
ジョシュ:わからない。アーニャは来ると確約しなかったとパブリートは言ってた。
ビリー:もし、アーニャがおまえを愛してるなら、来ないわけないぜ。
ジョシュ:むなしい期待は持ちたくないよ。ふたりにもう未来はないって、僕は納得しはじめてる。一度は心が通じあったのは確かかもしれないけど、だからって一生続くとは限らないんだ。
チー:じゃあ、準備はいい?あと5分で始まるわ。
ジョシュ:僕は準備オッケーだ。
チー:じゃあ、行きましょ。ジョシュにひとりの時間をあげないと。
ビリー:じゃ、がんばれよ!
ジョシュ:ありがとう!
チー:がんばって!
(マルガレートが歩み寄る)
マルガレート:ジョシュ。
ジョシュ:あ、ホリーのお母さんだよね?来てくれてよかった。
マルガレート:あなたの幸運を祈りに来たの。それから、お願いごとがあって。
ジョシュ:いいですよ、なに?
マルガレート:ホリーは、もうすぐ死ぬの。
ジョシュ:え!?
マルガレート:脳腫瘍だと診断されたの。薬で治療を続けてきたけど、効果がなくなってきた。あの子は、愛されることなくずっと生きてきたの。私が、愛してあげなかったのよ。私はとても後悔している。ジョシュ、あなたに、お願いしなくてはならないの。どうかあの子に、大切にされ愛されているという実感を与えてあげて。私は、あの子に埋め合わせをしたいの。無理なお願いだとは、わかっているわ。でも、どうか、お願い・・・。

【コンサート会場】
ジョシュ:みんな、元気か!
(観客の歓声)
ジョシュ:このチャリティを支援するために来てくれて、みんなありがとう!僕と、そしてみんなに支援してもらえる子どもたちにとって、こんなに嬉しいことはない。今夜はみんなで、音楽と人生と、そして愛をたたえよう!
(”Wherever You Are”を歌う)

【コンサート会場入り口】
係員:チケットをお出しください。
アーニャ:あ、しまった!
係員:申し訳ありませんが、チケットがないと入れません。
アーニャ:チケットは持ってるんです。でも、家に忘れてきてしまって。じつは、私はジョシュの友達で、ジョシュがこのコンサートに誘ってくれたんです。
係員:本当に申し訳ないですが、チケットを見せていただかないことには・・・。
アーニャ:でも、ジョシュと大切な話があるんです。だから、なんとか入れてくれませんか?
係員:すみません、無理です。

【コンサート会場】
ジョシュ:この特別な瞬間に、ともにいてくれて、みんな、ありがとう。(歓声) 「愛」。たったひとことの言葉だけど、世界でもっとも大切なものだ。愛はそこらじゅうにあふれている。でも、真実の愛は、簡単には見つけられない。真実の愛を見つけることなく生き、死んでいくひともいる。本当は、もう見つけているのかもしれない。でも、失うまで、それに気づかない。だから、真実の愛を見つけたなら、しっかりつかまえて、絶対に手放してはいけない。ぼくなら、そうする。

【コンサート会場入り口】
アーニャ:あの、どうかお願いします。中に入れてください。
係員:すみませんが、本当に無理なんです。
パブリート:アーニャさん?ここでなにをしているんで?
アーニャ:私、チケットを持ってくるの忘れちゃったんです。どうか中に入れてくれるよう、手配してくれませんか?パブリートさん。
パブリート:このひとはワタシが引き受けますから。さあ入って、アーニャさん!

【コンサート会場】
ジョシュ:さあ、みんなとの約束だ!僕の大切なひとを、紹介します。
(ホリーの手をとって舞台にあがる)


コメント(0) 

Nandito Ako (23) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード23


【病室】
カーラ:ジョシュ!?ジョシュになにがあったの?
ビリー:ジョシュは大丈夫だ。ただの脳震とうだよ。はねたのがバイクだったのが、不幸中の幸いだった。
チー:スティーブは最初から正しかったのかも、と思うことがあるのよ。フィリピンに来てから、運の悪いことばかり起こってる。

【病院の廊下】
マルガレート:気分はどう?
ホリー:まだ体がだるいわ、お母さん。化学療法なんて、やる意味あるのかって思う・・・。
マルガレート:そんなこと言わないで。あなたの命を1日でも延ばせれば、私のいたらなさをつぐなえる機会が、少しでも増やせるわ。
看護婦1:聞いた?ジョシュ・ブラッドリーがさっき、この病院に担ぎ込まれてきたって。
看護婦2:それ私も、急患担当の知り合いから聞いたわ。自動車事故ですって。
ホリー:ジョシュ?ジョシュが事故ですって・・・。お母さん、私、ジョシュに会わなくちゃ。でも、こんな姿は見られたくない。お願い、手伝ってくれる?
(マルガレート、うなづく)

【アーニャの家】
アラジン:お母さん、お姉ちゃん大丈夫かな?もうずっと、あんなだよ。
テレサ:そっとしておいてあげて。いまは、辛いときなのよ。
ボルタ:アーニャ!アーニャ!アーニャ・・・!
テレサ:なに?そんなに叫んでなにごと?
ボルタ:ねえちょっと・・・。ジョシュが・・・。
アーニャ:どうしたの、ゴッドマザー?
ボルタ:事故にあったんだって。
アーニャ:具体的に言って!
ボルタ:さっき、車にひかれたんですって。
アーニャ:それで、いまどこなの?
ボルタ:わからない。病院に運ばれたらしいわ。さあ、行きましょ!
アーニャ:全部、私のせいだわ!私がジョシュを追い払ったから!
テレサ:誰だって、こんなことは望んでなかったのよ。
アーニャ:私、病院に行かないと!ジョシュが無事かどうか確かめないと!

【病室】
カーラ:ジョシュ、息子!お願い目を覚まして・・・。お母さんを心配させないで・・・。
ホリー:おばさん・・・。
カーラ:ホリー、こんなとこでどうしたの?どうして、ジョシュのことがわかったの?
ホリー:ニュースで知ったんです。ジョシュの具合は?
カーラ:ここにいてくれる?私、先生と話をしてくるわ。
(カーラ、病室を去る)
(ホリー、めまいがする)
ジョシュ:アーニャ・・・。アーニャ・・・。
ホリー:ジョシュ・・・。
ジョシュ:ホリー・・・?
ホリー:ええ、私よ。 待ってて、いま先生を呼ぶわ。
ジョシュ:どうしてここに・・・?
ホリー:あなたの具合を見にきたの。もう、行くから。
ジョシュ:行くな。ここにいてくれ・・・。
(アーニャが病室へ向かう)
ホリー:ジョシュ、先生に知らせないと。
ジョシュ:話があるんだ。
ホリー:もし、アーニャのことなら・・・。
ジョシュ:アーニャにはふられた。 ホリー、すごく自分勝手な質問だとわかってる。でも、アーニャになにか言ったの?
ホリー:なにも。アーニャとは話してない。事故にあったのは、そのため?アーニャのせい?
ジョシュ:誰のせいでもない、自分が悪いんだ。よく注意してなかったから。
ホリー:アーニャの家から帰るとき、この事故にあったの?そうなんでしょ?
ジョシュ:そう。なんでアーニャが僕と別れたがったのか、知りたかったんだ。
ホリー:それほど、アーニャのことを愛してるの?
ジョシュ:そうだ。ほんとうにごめん、ホリー。
ホリー:謝らないで・・・。 私は、あなたの口からそれを聞きたかったんだわ。でも、ふたりを祝福する言葉はまだ私には言えない、ジョシュ。私、傷ついてるから。
ジョシュ:僕たち、いまでも友達だよね?
ホリー:そうね・・・。友達よ。
ジョシュ:ありがとう、ホリー。
(アーニャが病室のドアを開ける)
ホリー:アーニャが事故のこと聞いたら、すぐに駆けつけるはずよ。アーニャが会いに来ないでいられるわけないもの、ジョシュ。
ジョシュ:本当のところ、アーニャが僕のことをまだ愛してるのか、わからないんだ。どうしてあんな簡単に、僕のことを見限れるんだ・・・。

【病院の廊下】
ビリー:アーニャ?アーニャ!よお、ジョシュに会いに来たのか?ジョシュとは話したか?
アーニャ:私がここにいたこと、ジョシュには言わないで。
ビリー:なに?きみに会ったらジョシュは喜ぶぜ。さあ、来いよ。中に入ろう。
アーニャ:ジョシュが無事だとわかっただけで、私にはじゅうぶんなの。ビリー、お願い。私の言う通りにして。私が言えるときになったら、私から言う。だから、私が来たことはジョシュに言わないで。
ビリー:アーニャ、俺にはわからねえ。
アーニャ:私が来たことを知ったら、ジョシュが前に進めなくなる。きっと、もっと傷つく。だから、お願い。どうか約束して。ジョシュに言わないって。

【病室】
ホリー:あなたたち、話をするべきだわ。
ジョシュ:アーニャは、僕ともう話もしたくないって。
(ビリーが入ってくる)
ビリー:ホリー?
ジョシュ:やあ、兄弟。
ビリー:ジョシュ!目が覚めたのか!いつから意識が戻ってたんだ? おい兄弟。二度と、こんなことはするなよ!まったく度肝を抜かれたぜ!
ジョシュ:悪いな、ビリー。
ビリー:ところで、カーラおばさんとチーは?
ホリー:先生と話をするって、部屋を出て行ったわ。
(ホリー、めまいがする)
ジョシュ:ホリー?大丈夫か?
ホリー:大丈夫。なんでもない。
ビリー:えっと、ちょっと待ってろ。カーラおばさんを呼んでくる。
ホリー:私が代わりに呼んでくるわ。あなたがジョシュといて。私、どっちみち帰るとこだから。
ジョシュ:また来てくれる?
ホリー:(うなずく)じゃあ、行くわ。

【ホリーの病室】
(ホリーが苦しんでいる)
マルガレート:先生!どうにかして!!
医者:残念ですが、ポサダスさん。ホリーの腫瘍には放射線治療は効かないようです。我々にできることは、痛みを和らげることだけです。ホリー、大丈夫か?
マルガレート:先生!
医者:申し訳ありませんが、もう我々の手にはおえません。

【アーニャの家】
テレサ:アーニャ!アーニャ!行きましょう!もうみんな支度もすんだから、出かけましょうよ!
ボルタ:バングス!落ち込むのはもう終わり!
テレサ:だめね。ほんとに行きたくないみたい。
アラジン:僕がなかに入ったら?お姉ちゃんを元気にしてあげるよ!
テレサ:お姉ちゃんには、ひとりの時間が必要なのよ。いまは、そっとしておいてあげよう。いつか乗り越えて、元気になるわ。
ボルタ:いまは、落ち込んじゃってるのよ。

【病院の廊下】
ジョシュ:ホリー。
(手品で花を出す)
ホリー:ありがとう、ジョシュ。
(写真に撮られる)

【アーニャの家】
アーニャ:お母さん、なに見てるの?ゴッドマザー、見せて!
ボルタ:なんでもないわよ!
(新聞にジョシュとホリーの写真)

【アーニャの家】
アーニャ:よかったわ。ふたりはお似合いだもの。
ボルタ:本気?
アーニャ:私、中に入ってる、お母さん。修理を手伝ってくれるなら、一緒に来て。
ボルタ:嫉妬してるわね。
テレサ:ほんと、これを見て誰かさんは、たしかに嫉妬してるようね・・・。

【ホテルの部屋】
カーラ:息子!そんなことしてたらぶり返すわよ。休んでなさいったら。
ジョシュ:大丈夫だよ、お母さん。心配しないで。
カーラ:もう、あなたったら!
(新聞を手にチーが入ってくる)
チー:ジョシュ!
ビリー:おいチー、またなにかあるのか?
チー:ええ、また噂よ!これは本当なの、ジョシュ?ホリーに求愛してるって?
ジョシュ:してないよ!
チー:でも・・・、なにかあるんじゃない?
カーラ:ホリーに気持ちが傾いたの?
ジョシュ:ホリーはただの友達だよ。アーニャがいなかったときに、僕のそばにいてくれただけだ。

【ホリーの家】
マルガーレート:娘よ・・・。痛むの?
ホリー:ううん、お母さん。ただ、手が震えただけ。
マルガレート:病院へ連れていくわ。
ホリー:いや。あんなとこで死にたくないの。
マルガレート:そんなこと言わないで。

【ホテルの部屋】
ビリー:で、ホリーに求愛するつもりなのか?
カーラ:ジョシュ?
ジョシュ:ホリーは大切な友達なんだ!僕たちがどうなるかなんて、まだわからないよ。
チー:はっきりさせるべきよ。そうじゃないと、ホリーをぬか喜びさせるだけだわ。
カーラ:チーの言う通りよ。それに、もし本当にアーニャを愛してるなら、彼女を忘れるためにホリーに寄り掛かかったりすべきじゃない。
(ジョシュ、ホリーに電話を掛ける)
ホリー:もしもし、ジョシュ?
ジョシュ:もしもし、ホリー?今日、会える?
ホリー:いま?いいわよ。じゃ、あとでね。
マルガレート:ねえあなた、出かけるなんて無理よ。
ホリー:お母さん、お願い。私がまだ行けるうちに行かせて・・・。
マルガレート:もう、けりはつけたの?アーニャとは話した?
ホリー:まだ・・・。でも、もうじき、お母さん・・・。私がまだ、勇気を奮い起こせるうちに・・・。
マルガレート:なんの勇気?
ホリー:私も間違いを犯したと、認めること・・・。

【アーニャの家】
(マルガレートがノックする)
アーニャ:ポサダスさん?
テレサ:なんの用?!
マルガレート:ケンカしに来たんじゃないわ。
テレサ:じゃあ、なんなの?私の娘はもう、あなたになんの迷惑もかけていないけど?!
マルガレート:私の娘を弁護するために来たの。
テレサ:それで、なんで私たちが、あんたの願いを聞かなくちゃならないわけ!? 私たちに、あんなことをしたくせに!
マルガレート:私の娘は病気なの。重病なのよ。
アーニャ:知ってます。お母さんにも話したわ。
マルガレート:誰が話したの?いつ?
アーニャ:ヤヤ・ロサです。ホリーが病院に運ばれたと聞いたとき、私、病院に行ったんです。
マルガレート:ジョシュとホリーがいま仲良くしてるのは、そのせい?ジョシュに、ホリーの病気のことを話したの?
アーニャ:(首をふる)
テレサ:でも、この子はジョシュと別れたのよ!ホリーのために!誰もが、あなたが思ってるように、むやみにひとのものを欲しがるわけじゃないの!
アーニャ:お母さん、もういいわ。ジョシュには何も言ってません。いまのジョシュとホリーの関係がどうであれ、ジョシュがホリーと付き合っているのは、本心からに違いないです。ホリーの病状を哀れんでいるのではなくて。
マルガレート:・・・。
アーニャ:ホリーの具合はどうですか?
マルガレート:とても苦しんでるわ。でも、まだ病気と闘っている。それでも、いまホリーは幸せなの。ジョシュがあの子を幸せな気分にしてくれてる。いま、あのふたりが一緒にいるのが、あなたのおかげだってことがわかった。どうもありがとう、アーニャ。あなたもよ、テレサ。ありがとう。もう行くわ。

【ホテル】
ジョシュ:きみにこれを。
ホリー:なあに、それ?
ジョシュ:チャリティ・コンサートのチケットだ。もしよかったら、お母さんとヤヤ・ロサと一緒に来て。
ホリー:ありがとう、ジョシュ。いまは持ってて。たぶんあとでもらうわ、いい?私、どこかに置き忘れちゃうかもしれないから。
ジョシュ:わかったよ。
ホリー:もうすぐ、あなたは行っちゃうのね。
ジョシュ:うん、コンサートの翌日に。
ホリー:じゃ、もうすぐね。アーニャとは話しをした?
ジョシュ:まだだ。たぶん、また戻ってきたときに。
ホリー:急いで戻ってきてね、いい?
ジョシュ:どうして?
ホリー:私、いなくなるかもしれないから。
ジョシュ:どういう意味?
ホリー:うーんと・・・、お母さんと私、ニュー・ヨークに行くの。お姉さんに会いに行くのよ。
ジョシュ:大丈夫、僕は戻ってくるから。

【ホテルの噴水】
アーニャ:お願いです。私が前に進んでいけますように・・・。(コインを投げ入れる)
ジョシュ:ここで、僕はお母さんとはぐれたんだ。
ホリー:ほんと?
ジョシュ:そう。 その同じ夜に、僕の命を救ってくれた女の子に会った。
アーニャ:お願いです。ホリーの病気が良くなりますように・・・。(コインを投げ入れる)
ジョシュ:その子が、これの片割れを持ってるんだ。
ホリー:その場所に行ける?
ジョシュ:どうして?
ホリー:ただ、ちょっと見てみたいのよ。
アーニャ:お願いです。ジョシュとホリーが仲良く、幸せでいられますように・・・。(コインを投げ入れる)



コメント(0) 

Nandito Ako (22) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード22


【病院】
医者:あなたの腫瘍は、場所が場所なだけに手術が不可能です。私たちにできる手立ては、放射線治療です。それで腫瘍を小さくし、それから、残った癌細胞を確実に破壊するために化学療法を行います。
ホリー:私、どのくらい生きられるの?
医者:もし、じゅうぶんな治療が間に合わなければ、4か月です。
ヤヤ:あなたはきっとよくなります。神さまは見放したりしません。だから、気を強く持ってくださいな。
マルガレート:先生、外でお話しできますか?

【アーニャの家】
テレサ:アーニャ、焼き具合をちゃんと見て!
アーニャ:ごめん、お母さん。こっちはちゃんと見てるから。
テレサ:これじゃあ焼き過ぎね。売り物にならないわ。
アーニャ:ごめんなさい。
テレサ:どうかしたの?このところずっと、浮かない顔してるわね。ジョシュのこと?何かあったの?
アーニャ:なんでもない、お母さん。ただ、ホリーのことが心配なの。
テレサ:話はしたの?なんて言ってた?
アーニャ:なにも。でも、きのうの夜、悪い夢を見たの。すごく嫌な夢よ。私、どうしてもホリーと話しをしなくちゃ。
テレサ:もし行くなら、私もついていく。あの母親がまた、あなたをひどく扱ったら許さないから。
アーニャ:お母さん、大丈夫よ。私ひとりで行く。これを解決できるのは私とホリーだけだから。加えて私、関係修復のためになんでもするし。
テレサ:ねえ、娘よ、あなたにとってホリーが大切なのはわかる。でもときに、あなたがどんなに頑張っても、修復できないこともあるのよ。いろんなことがあったわ。ホリーの親と私のあいだの確執は言うまでもなくね。あなたたちの友情が、取り戻せないこともあるかもしれない心の準備も必要なのよ。
アーニャ:私、あきらめない。

【病院】
ヤヤ:私たちは乗り越えられます。私はここにいますよ。この病気と闘いましょう。
ホリー:ヤヤ、ありがとう。もしあなたがいなかったら、私どうなってるか・・。
ヤヤ:私はどこにも行きませんよ、わが子。いつだって必要なときは、私がいつもおそばにいます。
ホリー:ねえヤヤ、私、すごく嬉しい。あなたはいつも、“わが子”って呼んでくれる。そう言ってくれるのは、あなただけ。何があろうと、私を愛してくれる人がいるって確信を持てるの。あなたのことよ。ありがとう、ヤヤ。
ヤヤ:あなたを愛してるひとは、他にもたくさんいますよ。すぐそこにいます。あなたのお友達にも、病気のことを知らせるべきです。
ホリー:ヤヤ、それはやめて。あのふたりには知られたくないの。いい? 哀れんでほしくない。
ヤヤ:まだ、ふたりのことを怒っているのですか?
ホリー:わからない。わからないわ、ヤヤ。私は怒っているのか、それともただふたりに嫉妬してるのか、わからないの。だって、ふたりはとても幸せで、愛しあっていて・・・。あのふたりがいま持っているものを、私も持ってたらいいのに。でも私には、ないの。
ヤヤ:そんなこと言わないでください。あなたにも素敵なことが起こりますよ。
ホリー:本当に、私にはジョシュしかいなかったの、ヤヤ。まさか、彼がほかのひとを愛するなんて、思いもしなかった。

【ホテル】
チー:(電話に向かって)ジョシュはコンサートの準備で忙しいと伝えて。いま、それに対応はできないわ。ええ、もうすぐ公式発表をしますから。そうです。はい、じゃあ。
カーラ:今度はなんなの?
チー:スティーブが起こしてる問題をなんとかやめさせないと。
カーラ:いったいぜんたい、あのスティーブは何をしようとしてるわけ?
ジョシュ:僕をこの国から引ひきずり出そうと、躍起になってるのさ。それで、お母さんやアーニャと二度と会えなくさせようとしてる。
チー:これは単にお金の問題なのかしら。あなたが資産を全部、管理してるの?あいつは自分の取り分を奪おうとしてるんじゃないの?
ジョシュ:もしそれがあの人の狙いなら、全部くれてやるよ!僕は、お金なんてどうでもいいんだ!
チー:ええっ、だめよジョシュ、そんなのだめ!ほかの方法があるわ。あいつに接近禁止令を出すのよ。なにができるか、弁護士に相談してみましょう。
ジョシュ:いいや…、それはやめよう。あの人は、それでも僕の家族なんだ。いまやっていることがどうであれ、あの人が僕の面倒を見てくれたことに変わりはない。あの人のおかげで、いまの僕がある。
チー:ジョシュ、あいつは、あなたにずっとプレッシャーをかけてきたのよ。あなたをスターにしようと決めて、あなたから子どもらしい楽しみすら奪ってきた。
カーラ:あいつと一度話し合ってみたら?そしたら解決するかも。
チー:ありえない!あのスティーブのことだもの、ひとの話なんか聞きっこないわ。あいつにとっては、いつも自分だけが正しいの。
ビリー:えーと、いいか?さらにヘコませて悪いんだけど、あの記者会見でのことがもうネットに流れてる。じきに、世界中のマスコミが嗅ぎ付けるぞ。
チー:ああもう、悪夢だわ!どうしよう…。
ジョシュ:心配すんな、チー、いいか?数日後にコンサートなんだ、そのことだけを考えよう。最後にはなんとかなるさ。
チー:そうならいいけど。だって私、マジにもうキレそうなのよ!あなたのスティーブ叔父さんに、私なにをするかわかる?あいつの喉をおさえてギューっと締め付けてやる!あいつにはほんとイライラさせられる!

【病院】
(ホリー、回想している)
マルガレート:あんたは私の娘にふさわしくない!何の価値もない人間だ!あんたは私の娘なんかじゃない!

アーニャ:私も、愛してるわ、ジョシュ。

医者:誠に残念ですがホリー、あなたは脳腫瘍です。

ホリー:こんなのいや!こんなものいらない!こんなもの、全部いらないわ!

【ホリーの家】
アーニャ:おはようございます。
お手伝いさん:はい?どちらさまですか?なんのご用で?
アーニャ:アーニャと言います。ホリーの友達です。ホリーはいますか?話があるんです。
お手伝いさん:いいえ、ここにはいませんよ!聞いてませんか?昨夜、病院へ運ばれたんです。

【病院】
(マルガレート、回想している)
マルガレート:わからないの?あなたなんて、誇りになど思えないわ。学校でこんなくだらないことばかりして!

マルガレート:私のいうことを聞きなさい!
ホリー:お母さん!お母さん!お願い、話を聞いて!
マルガレート:しばらくそこに閉じこもってなさい!

マルガレート:本当に頭が悪い子ね!面汚し!

(ヤヤが寄り添う)
マルガレート:私、自分が恥ずかしい、ヤヤ・・・。ホリーに対して犯した過ちを、こんな形で後悔することになるなんて・・・。私はいつも、あの子に言ってた・・・。あんたは能なしの娘だって。でも本当は、私がろくでもない母親だったのよ。
ヤヤ:母親はみな、いろいろな意味で、自分の子どもと欠点を共有するものですよ。マルガレートさま、まだ間に合います。ホリーと仲直りするのです。
マルガレート:私が壊してしまったあの子との関係を、どうしたら変えられるのかしら?
ヤヤ:あなたに愛してもらえる時を、ホリーはずっと待ち望んでいました。いまがその時です。いまを逃したら、もう二度とないかもしれませんよ。

【アーニャの家】
アラジン:ジョシュお兄ちゃん!
ジョシュ:やあ!
アラジン:お母さん、お母さーん!
テレサ:あら、ジョシュ!
ボルタ:ジョシュだわあ!
ジョシュ:こんにちは。
テレサ:アーニャはいま、いないのよ。あとで帰って来るわ。
ジョシュ:構わないよ、おばさん。僕、アーニャを待つから。
テレサ:ほんとに?じゃあ、中に入ってなさい!もうすこししたら、夕ご飯をつくるから。
ジョシュ:ありがとう。
テレサ:さ、入って!
ジョシュ:待って、おばさん。いま、夕ご飯をつくるって言った?
テレサ:ええ。
ジョシュ:僕も手伝っていい?アーニャに料理をつくってあげたいんだ。
テレサ:ほんと?
ボルタ:まあ、優しいわあ!
アラジン:僕も手伝うー!
テレサ:よし!じゃあ中に入んな!
ボルタ:ジョシュにシシッグ料理を教えたら?さあて、私の友よ。これでもまだ、白馬の王子様はいないって言うつもり?
テレサ:まあね、白馬の王子様はたしかにいるわ。でも私は、結末がハッピーエンドじゃないことを恐れてるの。
ボルタ:まあ!どこまでも頑固だこと!

【病院】
マルガレート:ホリー!ホリー、どうしたの?
ホリー:私もう、こんなのいや!もうこれ以上、お母さんの負担にはなりたくない。
マルガレート:いいえ、ホリー。あなたはなにも悪くないのよ。悪いのは私のほう。だから私に埋め合わせをさせて、お願いよ!
ホリー:私、まだ死にたくない、お母さん・・・。死にたくないよ・・・。
マルガレート:私が死なせやしない。まだよ・・・。あなたの命を延ばすためなら、どんな治療でもする。だから、あなたはまだ死なない。
ホリー:怖いよ、お母さん・・・。
マルガレート:怖がらないで・・・。私がそばにいるから。一緒に向き合っていくの・・・。

【アーニャの家】
ジョシュ/アラジン/テレサ/ボルタ:おかえり~!
アーニャ:ここでなにしてるの?
ジョシュ:夕ご飯つくったよ!
ボルタ:そうよ!これ全部、ジョシュがつくったのよ!
アラジン:僕も手伝ったよ、お姉ちゃん!
テレサ:アーニャ?なにかあったの?
ボルタ:バングス、大丈夫?
ジョシュ:僕が料理つくって驚かしたの、嫌だった?
アーニャ:私、気が変わったの。もうやめたい。私たちは終わりよ。
ジョシュ:えッ?アーニャ!待って、待ってくれ!アーニャ!!なんでだ!?
アーニャ:なんでって?!私、人気セレブをボーイフレンドにするなんて、無理だってことがわかったのよ。訳がわかんないわ。私、素朴な暮らしがしたいの。
ジョシュ:なに言ってるんだ、アーニャ。なんでそんなこと言うんだ?ホリーのためか?
アーニャ:ホリーは関係ない。私の問題よ。私、もううんざりなの!マスコミやら、噂やら、あなたを好きになってから私の生活は、めちゃめちゃになった!
ジョシュ:アーニャ、もし有名人であることが問題なら、そんなのいつでも辞めてやるよ!きみと一緒にいるためなら!
アーニャ:なんでそんなことするわけ?!頭おかしいんじゃない?!私のために、富と名声を手放すの?!
ジョシュ:アーニャ、お願いだ。僕はなんだってする。きみのほうが大切なんだ、アーニャ!お金や名声がなくたって、僕は生きていける。でも、きみなしでは、生きていけないんだ!
アーニャ:でも、私があなたと一緒じゃ、生きていけないの!まるで、年がら年中、締めつけられてるみたいなの!息ができない!だからお願い。もう終わりにしよう。もしあなたが去らないのなら、私が出て行くわ。
ジョシュ:お願いだ、アーニャ!僕は、なんだってするから。
アーニャ:ならば、私のことは忘れて。それがあなたがすべきこと。さあ、行って!
ジョシュ:こんなことしないでくれ、アーニャ。アーニャ!待ってくれ、アーニャ!お願いだから、やめてくれ、アーニャ!!

【テラス】
ビリー:おい!もう帰ってたのか!アーニャと夕めし食ってるのかと思ってた。ずいぶん早かったな。
カーラ:息子、なにかあったの?ここに座って、話してごらん?
ジョシュ:アーニャにふられたんだ。
カーラ:え!なんで?
ジョシュ:もう僕と一緒にいられないんだって。彼女の人生を複雑にするから。
チー:アーニャはあなたのこと、とても愛してると思ってたけど?これがジョシュの人生の一部だって、承知してたはずよね?
ジョシュ:僕だってそう思ってた。
ビリー:ホリーのことが原因だって可能性はないのか?アーニャは、罪の意識を感じてるんだろ?
ジョシュ:それは聞いたけど、ホリーは関係ないって言われた。アーニャがそんなに簡単に諦めるなんて、信じられない。アーニャにとって僕は、その程度なのか?
カーラ:それは、アーニャにしか答えられない質問ね。
ジョシュ:ふたりが一緒にいるためならすべてを手放してもいい、って言ったんだ。僕は心からそう言ったのに、 お母さん。
カーラ:わかってるわ、息子。
チー:で、これからどうするの。
ジョシュ:アーニャを取り戻すまで、あきらめない。

【アーニャの家】
テレサ:アーニャと話さなくちゃ!
ボルタ:ねえ、落ち着いてよ!そっとしておきなさい。時が来れば、あの子のほうから話すわよ。だから落ち着きなさって。アラジン、あんたもね!
テレサ:なんでジョシュと別れたの?!アーニャはあなたに何か言ってた?何か知ってるの?
ボルタ:私?とんでもない、何も知らなわいよ!私の勘では・・・ただの勘よ、いい?ホリーが関係してるんじゃないかしら?友達を傷つけたくないために、ジョシュと別れたとか。私のゴッドチャイルドって、なんて優しいのかしら~。
テレサ:そのせいで、今度はアーニャとジョシュが傷ついてるわけ?
ボルタ:だからなに?私のゴッドチャイルドが決めたことなのよ。バングスの決断を尊重してあげなくちゃ。だから、あの子を支えてあげるのよ、いい?

【病院】
ホリー:(携帯を見ながら)これ、本当かしら・・・。ジョシュとアーニャが別れたって。ヤヤ、私のせいじゃないわよね?私の病気のこと、あのふたりは知らないわよね?ヤヤ、誰かに話した?
ヤヤ:いいえ。きっと、なにか別の理由があるんですよ。もう、そのことを考えるのはおやめなさい。いまは、病気を治すことだけを考えましょう。なにがあったとしても、いずれわかりますよ。あなたがアーニャと話さえすればね。

【アーニャの家】
マンド:よお、アーニャ。
アーニャ:マンド。
マンド:ほんとか?
アーニャ:なにが?
マンド:おまえが、もうジョシュと付き合ってないってこと。
アーニャ:えっ?
マンド:ほんとなのか?
アーニャ:できるなら、そのことは話したくないの。
ジョシュ:アーニャ!
アーニャ:ここで何してるの!? もう会いたくないって、私、言わなかった!?
ジョシュ:アーニャ、聞いてくれ。僕は帰らないぞ。
マンド:アーニャが消えろって言ってるの、聞こえないか!?
(マンドとジョシュが殴りあう)
アーニャ:マンド、やめて!もうそのくらいにして!
ビリー:もうやめろ、ジョシュ!(マンドに)おい、余計な手出しはするな!
アーニャ:もう行って!帰ってよ!早く!
(ジョシュが走り去る)
ビリー:ジョシュ!

【病院】
(ホリー、携帯でアーニャのアドレスを見てる)
マルガレート:私の娘・・・、ねえ、もうからだを休めなさい。あとで放射線治療の予定が入ってるのよ。
ホリー:うん、お母さん。

【アーニャの家】
テレサ:どうしたの!いったい何があったの?なんで湿布なんて貼ってるの?
ボルタ:マンド、あなたの顔ったら!どうしたの?
アーニャ:お母さん、さっき突然、ジョシュが来たの。
マンド:アーニャに強引に言い寄ってたんだ!
テレサ:それで大騒ぎしてケンカを始めたってわけ?アーニャ、あなた、どうかしちゃったの?!
アーニャ:ごめんなさい、お母さん。
ボルタ:さあマンド、家に帰るわよ!
マンド:でも・・・。
ボルタ:でもじゃないの。家に帰るのよ!私が連れて帰るわ。
テレサ:ありがとう。
ボルタ:さ、行こう、マンド。
テレサ:あんた、こっち来て、ちょっと話しましょう。アーニャ、まだジョシュのこと好きなの?
アーニャ:うん、お母さん。でも、いまはホリーにジョシュがもっと必要なの。ホリーは重い病気なのよ。脳腫瘍なの。
テレサ:どうしてそんなこと知ってるの?

【病院】(回想シーン)
アーニャ:ヤヤ・ロサ。ホリーはどこですか?話がしたいんです。
ヤヤ:アーニャ、いまは無理です。あの子は、いまの状態であなたに会いたくないって言ってるんです。
アーニャ:なぜ?なにがあったんです?
ヤヤ:ホリーは癌なんです。
アーニャ:ウソでしょ!?
ヤヤ:あなたとジョシュには知らせないと約束したんです。あの子は、あなたたちに哀れんで欲しくないんです。
アーニャ:でも、ホリーは友達なのよ。
ヤヤ:もし本当に友達なら、そのお友達を幸せにしてあげてください。せめて、あの子の残り少ない人生を・・・。
アーニャ:どうやって・・・?
ヤヤ:アーニャ、これが、どんなに自分勝手なお願いか、わかっています。でも、これでホリーを幸せにできるのなら、アーニャ、どうか私を許してください。どうか、あなたが、わかってくださいますように・・・。

【アーニャの家】
アーニャ:お母さん、ホリーは私の友達なの。私は、ホリーが大好きなの。ホリーにこれ以上、余計な苦痛を与えたくない。そんなこと、私にはできない。
テレサ:でも、あなたとジョシュはどうなるの?

【道】
ビリー:ジョシュ!ジョシュ・・・!ジョシュ!おい、待て!もう行こうぜ!
ジョシュ:アーニャを失った・・!
ビリー:ああ、おまえが大変な状況なのはわかった。でも、もうホテルに戻らないと!ひとに気づかれるぜ!
ジョシュ:おまえは先に行ってろ。僕はあとから行く。ちょっと考えたいんだ。
(バイクにぶつかる)
ビリー:ジョシュ!!


コメント(0) 

Nandito Ako (21) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード21


【アーニャの家】
アーニャ:いいわ。 私も、あなたを愛してる、ジョシュ。
(歓声)
アーニャ:とっても・・・。
(抱きあう)
ホリー:お母さんの言う通りだった・・・。お母さんは、正しかった・・・。

【道】
(ホリー、電話を掛ける)
ヤヤ:もしもし?
ホリー:もしもし、ヤヤ。
ヤヤ:ホリー!よかったわ!いったいどうしたのです?いまどこですか?お戻りくださいな。
ホリー:お母さんの言う通りだった、ヤヤ。アーニャは私を裏切った。
ヤヤ:どうして泣いているのです?
ホリー:アーニャとジョシュが一緒のところを見たの。すごく幸せそうだった。お互い、愛してるってことを告白してた。
ヤヤ:それは、あなたにはもう、どうしようもないことですよ。ふたりが好きになってしまったのなら、あなたがどうこうできる問題ではありません。潔く受け入れるしかないんですよ。なんと言っても、ふたりはあなたのお友達なんでしょう?
ホリー:友達?ねえヤヤ、私は本当にふたりの友達なの?アーニャは、私がジョシュを大好きだと知ってるのよ!アーニャは私の顔を潰した!
ヤヤ:ねえホリー、あなたが傷ついたのはわかります。でも、これで友情をダメにするおつもりですか?
ホリー:真面目に言ってるの?あのふたりが、私のこと友達だと思ってると、本当に思うの?
ヤヤ:でも、ホリー・・・。
ホリー:もう切る。
ヤヤ:え、どこに行くのですか?
ホリー:わからない。ともかく、あと少ししたら帰るから。
ヤヤ:わかりました。でも、お気をつけて。

【アーニャの家】
テレサ:さあ入って、入って!くつろいでね。
チー:ありがとう。
テレサ:ちょっと失礼して、なにかお飲み物を持ってきますから、座ってくつろいでてね。
チー:あ、どうぞお構いなく!私たち、本当にもうホテルに戻らないと。ジョシュのコンサートの準備がいろいろとあるんです。
ボルタ:ちょっと、お待ちになって!こちらのミスター・ハンサムさんは残ったらいかが?いたかったら、いていいのよ?
ビリー:えーと、俺もやんなきゃいけないことがあって・・・、そうだろ、チー?だよな、チー?もう行かなくちゃな!?
チー:そうね、もう行こうかしら?じゃあジョシュ、なにかあったら電話してね。これまでジョシュのこと、いろいろとありがとうございました。ご迷惑をおかけしちゃって・・。
ボルタ:いいのよ。あら、あなたは残らないの?
アーニャ:ゴッドマザー、もうやめなさいよ!?
ビリー:ほんと俺、忙しくて!
テレサ:(ボルタに)あなた、ほんとしつこいわよ!恥ずかしいったら!あの人たちとは会ったばかりなのに!
ボルタ:だってえ、彼ったらキュートで・・。
(マンドとアラジンが帰って来る)
アラジン:お母さん!あいつらを道に迷わせてきたよ!
テレサ:それはよかったわあ!助かった!
(マンドがジョシュを見て)
マンド:なんでコイツがここにいるんだ!?全部おまえのせいだろうが!
テレサ:さあ、外で話しましょう!おいで!
マンド:でも、テレサおばさん、アーニャをこのスーパー・ミルクフィッシュ(注:魚の一種、身がミルクのように白い)なんかに、渡してたまるか!
ボルタ:お待ちよ!まず私がその口紅を落としてあげるわ、マンド。ほらもう!
マンド:アーニャ、忘れるなよ!俺はおまえを愛してるからな!
アーニャ:もう行ってちょうだい!
テレサ:じゃあ、ふたりきりにしてあげるわね。
アーニャ:ありがとう、お母さん。
(家にアーニャとジョシュふたりきりになる)
ジョシュ:ライバル出現みたいだな。
アーニャ:なんのライバル?
ジョシュ:マンドだよ!あいつもきみが好きなんだろ!
アーニャ:あいつは、なんでもない。
ジョシュ:ってことは、僕の勝ち?
アーニャ:やっぱり・・・・、こんなのよくない。ホリーのこと・・・。
ジョシュ:ホリーには一緒に説明しよう。きっとわかってくれるよ。
アーニャ:でも、もし怒ったら?
ジョシュ:そうなったら、僕たちも報いを受けるまでだ。
アーニャ:でも私、ホリーをあざむいたと思われたくない。私がふたりの友情を軽視したと思われたくないの。
ジョシュ:アーニャ、ホリーは僕の友達でもあるんだ。ホリーを傷つけずに、きみを愛するすべがあるなら、そうしてるよ。でも、そんなすべはない。ウソをつかずに本当のことを話せば、ホリーもきっとわかってくれる。いますぐ、話しに行こう。一緒に。

【車の中】
アーニャ:ホリーは、私の電話を無視してるみたい。何度もかけてるのに・・・。こんなの私には無理。きっと怒って、私のこと許してくれない。
ジョシュ:考えすぎるなよ、アーニャ。すべてうまくおさまるよ。
アーニャ:そうならいいけど。私、ホリーにはたくさん借りがあるの。恩をあだで返すようなこと、したくない。
ジョシュ:いいか。きみが不安なのはわかる。でも、これが落ち着くまでは、状況はもっと難しくなると思うよ。マスコミがきみを追ってる。これから数日間は、追いかけられるかもしれない。だから、僕たちどこかほかの場所に滞在できないかなあと思ってたんだ。チーにどこか探させよう。
アーニャ:ううん、そんな必要ないわ。あなたがアメリカへ帰りさえすれば、マスコミも私を追わなくなると思う。
ジョシュ:僕がそんなふうに、さっさとアメリカへ帰ると思ってるの?
アーニャ:でもジョシュ、あなたがここに住むなんて、私、期待してない。あなたには多くの義務があるもの。仕事に、家族に・・・。
ジョシュ:じつは、考えてたんだ。僕はお母さんを見つけたし、きみもいる。だから、フィリピンに住むことにしようかな。
アーニャ:え、本気?ここに住むつもり?
ジョシュ:アメリカで待ってるひとは誰もいないし、僕が愛するひとたちはみんな、ここにいる。マニラにオフィスを持ったって、ほかの場所と変わらず仕事ができる。ここで音楽をやって、お母さんがいて、きみがいて、ビリーとチーもいる。やっていけるよ。

【ホリーの家】
ヤヤ:どこへ行かれるのですか?
アーニャ:あなたの家に行くつもりなんです、ヤヤ・ロサ。ホリーと話がしたくて。
ヤヤ:ホリーは家にいないんです。少し前に出かけました。
アーニャ:どこに行ったかご存じですか?
ヤヤ:なにも言いませんでした。 あの・・・、私が口を挟むことじゃないとわかってます。でも、あの子のことを自分の娘のように愛してるんです。今はまだ、あの子と話すべき時じゃないと思うんです。あの子は、深く傷ついています。今日、あの子が、あなたたちふたりを見たのをご存じですか?泣きながら電話してきました。アーニャ、ホリーはもう知っています。あなたとジョシュのことを、知ってるんです。

【ホリーの家】
マルガレート:アーニャとは話したの?
ホリー:(うなづく)
マルガレート:それで?
ホリー:お母さんの言う通りだった。アーニャとジョシュは恋人同志だった。
マルガレート:言ったでしょ。それで、どうするつもりなの?
ホリー:ふたりのこと、避けるつもりよ。
マルガレート:え、それだけ?あのふたりに、ただ踏みにじられとくの?奪われたのはあなたなのよ、なのにおとなしく譲るわけ?あなた、そんなにバカなの?
ホリー:お母さん、ほかに何ができるって言うの?お母さんのように冷酷になれって?
マルガレート:そうよ!それで、ないがしろにされるようなことがなくなるなら、そうすべきよ!ホリー、あいつらだけが幸せになるなんて、あってはならないわ!

【外】
アーニャ:ジョシュ、私がひとりでホリーに会いに行ったほうがいいと思うの。あとでメールする。
ジョシュ:でも、アーニャ・・・。
アーニャ:私にやらせて。ふたりで行くと、話が複雑になる気がする。
ジョシュ:本当に大丈夫?
アーニャ:(うなずく)
ジョシュ:わかった。電話してくれよ、いい?気をつけて。
アーニャ:ありがと。

【ホリーの家】
アーニャ:ホリー、お願い!聞いて!
ホリー:(アーニャを叩く)よくも裏切ったわね!友達だと思ってたのに!
アーニャ:ホリー、お願い、話を聞いて・・・。
ホリー:どうして?なんで私があんたの話を聞くわけ?あんたのウソを聞いてどうなるの?
アーニャ:私、自分の気持ちを抑えようとした。でも、簡単じゃなかったの。どうか、わかってちょうだい。
ホリー:なにをわかれって!?ジョシュがあなたを選んだこと?ジョシュが愛するのはあなただってこと?
アーニャ:ホリー・・・。
ホリー:抵抗すればよかったのに、アーニャ!ジョシュを避けるべきだった!
アーニャ:私、したのよ。
ホリー:私がどれだけジョシュを愛してるか、わかってるでしょう!?
アーニャ:ホリー、私はできるだけのことしたの。お願い、信じて・・・。
ホリー:ジョシュを盗んだことに変わりはない。
アーニャ:あなたの気持ちは、よくわかる。私は間違いを犯した。認めるわ。あなたに、本当のことを話すべきだった・・・。
ホリー:すでに起こったことは取り消せないの、アーニャ。
アーニャ:ホリー、私たちの友情は、なにがあってもビクともしないって思ってた。
ホリー:それは、あなたが裏切る前の話だわ。あなたが私にこんなことするなんて、思ってもみなかった!一度だって!
アーニャ:ホリー・・・。
ホリー:やめて!私に会ってどんな気持ち?哀れみ?私がお母さんに叩かれて泣いてたとき、ハンカチを差し出したみたいに?哀れみなんていらない、アーニャ。だって私は強いから。あなたが私をどれほど苦しめようと、たとえそれが、お母さんに苦しめられるより酷かったとしても、私は耐えてみせる。哀れみは結構。あなたの哀れみなんて、いらない。あなたなんて、いらない!さあ、帰って。ここから出ていって。出ていってよ!
アーニャ:ホリー・・・。
ホリー:出ていって!

【テラス】
カーラ:息子!どうしたの?なんで遅れたの?
チー:悲しい顔して。嬉しいはずなんじゃないの?
ジョシュ:アーニャと僕で、ホリーと話をしに行ったんだ。説明したくて。でも・・・。
カーラ:ジョシュ、あなたは何も悪くないわ。あなたがアーニャを好きになったことは、誰のせいでもない。
ビリー:おばさんの言う通りだ。ホリーを傷つけたくないからって、気持ちを抑えるわけにいかないだろ。
チー:それに、もしホリーが本当の友達なら、いずれ理解してくれるわ。まだ傷が生々しくて、すぐには無理かもしれないけど、でもいつか、わかってくれる。
ジョシュ:ただ、僕がアーニャを好きになったことで、傷ついた人がいることが悲しいんだ。アーニャも罪の意識を感じてる。ホリーのことを気にしてる。アーニャは、ホリーが傷つくのを見たくないんだ。それが自分のせいだとあれば、なおさら。
カーラ:自分たちを責めちゃだめ。あなたたちは何も悪くないんだから。
ジョシュ:僕は自分勝手だろうか?ホリーに対して、ひどい仕打ちをしただろうか?
チュー:自分勝手・・・、そうかもね。でも、それが人生よ。いつも他人のものさしで生きてくことなんて、できないわ。でも、あなたはひどい仕打ちなんかはしていない。
ビリー:恋愛と戦争は手段を選ばない、って言うぜ。
カーラ:ねえ、あなたとアーニャに起きてることを見てると、私とあなたのお父さんとのことを思い出すわ。あらゆる困難に立ち向かう愛ね。
ジョシュ:後悔したことはある?
カーラ:一度だってない。
ジョシュ:どうして?
カーラ:だって、あなたを授かったもの。

【アーニャの家】
(アーニャ、泣いて帰ってくる)
テレサ:アーニャ!どうしたの?なにがあったの?ジョシュと一緒じゃなかったの?ジョシュがなにかしたの?
アーニャ:お母さん・・・。
テレサ:どうしたの?
アーニャ:ホリーと話をしに行ったの。説明しようとしたんだけど、ホリーに激怒された。お母さん、私、こんなのいやだ。
(抱きあう)
アーニャ:お母さん、初めて人を好きになったのに、そのせいで親友を傷つけてしまった。お母さん、私のこの気持ちは、正しいの?私、ジョシュを避けたほうがいいのかも。
テレサ:私の娘・・・。ひとには避けられないものがあるのよ。それが、恋に落ちるってことでもあるの。
アーニャ:でもお母さん、もしそうなら、私、恋なんていらない。お母さんは正しかった。ハッピー・エンドなんか、ないんだ・・・。

【ホリーの家】
ホリー:ヤヤ・・・。(泣きながら抱きつく) ヤヤ、私のことを絶対に見捨てたりしないで。お願い。私にはヤヤしかいないの。
ヤヤ:私はいつも、おそばにいますよ。どうしてまた泣いてるのですか?アーニャとはお話できました?
ホリー:うん、ヤヤ。私、どうしちゃったのか・・・、激怒してアーニャを傷つけちゃったの。ヤヤ、わからない。自分をコントロールできないの。私、もう、耐えられない・・・。ジョシュを、あきらめられないの・・・。
ヤヤ:アーニャともっとお話なさい。それしか、解決する道はありませんよ。憎悪に支配されつづけていたら、そのうち、あなたのお母さまのようになってしまします。そんなの見たくありません。あなたには、そんなふうになってほしくないんです。心に痛みや憎しみを抱えているよりも、ときに恋に敗れるほうが、いいこともあります。
(ホリーを頭痛が襲う)
ホリー:ヤヤ!痛い!ヤヤ、助けて!!

【記者会見】
記者:バタンガスの学校のためにこのコンサートを開催するというのは、本当ですか?
ジョシュ:はい、本当です。収益はすべて、お母さんが教えているバタンガスの学校へ寄付します。僕のように音楽を愛する子どもたちを、援助したいんです。
記者:では、あなたのお母さんは、音楽の先生なのですか?
ジョシュ:はい。じつは、僕よりも歌がうまいんです。
チー:あと質問2つで終わりにします。はい、どうぞ。
記者:ヨーロッパ・ツアーは完遂する予定ですか?
ジョシュ:はい。ここマニラでの大切な用事のために、一時延期させてもらっただけです。
チー:最後の質問をどうぞ。
記者:ここフィリピンで恋人を見つけたと言うことは、あなたはここにずっと住むのですか?
(スティーブが乱入する)
スティーブ:おまえには失望したぞ!おまえの父親と同じだな!この軟弱ものめ!
チー:スティーブ!
スティーブ:俺は言いたいことを言うぞ!
カーラ:私の息子を傷つけたら、ただじゃおかないよ!
スティーブ:放せ!放しやがれ!おまえは後悔するぞ!忘れるな、俺が、おまえを作ったんだ!
ジョシュ:そんな脅しはもうやめろ、スティーブ叔父さん!おまえに用はない!
スティーブ:俺が苦労して築きあげたものを、その女にあっさり横取りされてたまるか!
ジョシュ:この人は、僕のお母さんなんだぞ!
スティーブ:おまえはもう、終わりだ!ぶち壊しにしてやる!!
ジョシュ:おまえなど怖くもない!僕はもう、子どもじゃないんだ!!

【アーニャの家】
(アーニャ、ナイフを持つホリーの夢を見る)

【病院】
ホリー:ヤヤ・・・。
ヤヤ:黙って・・。お休みなさい。
ホリー:お母さん、どうかしたの・・・?
ヤヤ:なにがあったか、覚えてないのですか?また発作が出たのですよ。
ホリー:きっと、ストレスのせいね・・・。お母さん・・・?
医者:ホリー。あなたの状況を説明するようにと、お母さんに頼まれたのですが。検査の結果が出ました。
ホリー:それで、どうだったの?私はどこが悪いの?
医者:誠に残念ですが、あなたは癌です。脳腫瘍です。
 
 

コメント(0) 

Nandito Ako (20) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード20


【ホテルの部屋】
カーラ:息子、なにかあったの?どうして悲しそうな顔してるの?
ジョシュ:なんでもないよ、お母さん。
カーラ:ねえ息子。なんでもお母さんに話していいのよ。ずっと長い間、私はあなたと一緒にいられなかった。あなたのことで知らないことが、いっぱいある。でも、私は母親だから、あなたになにかがあると、わかるの。
ジョシュ:お母さん、僕はどうしたらいいか・・・。
カーラ:なあに?どうしたの?
ジョシュ:ある女の子を愛してるんだけど、その子は僕のこと、愛してくれないんだ。こんなふうに感じたのは初めてだ。どうしてこうなるんだろう?
カーラ:ホリーなの?
ジョシュ:違う、ホリーの親友のアーニャだ。
カーラ:アーニャには話した?あなたの本当の気持ちを、伝えたの?
ジョシュ:うん。でも、受け入れてくれないんだ。代わりに、ホリーを好きになってほしいって。
カーラ:それで、ホリーとは話したの?ホリーはあなたのこと好きだって?
ジョシュ:アーニャはそう言ってる。でも、そんなふうにはホリーを愛せない。どうしたらいいんだ?僕は自分が愛する人を、愛するがゆえ傷つけてる・・・。

【病院】
ヤヤ:ホリー、お加減はどうです?
ホリー:大丈夫。迎えに来てくれてありがとう、ヤヤ。
ヤヤ:ほんと驚きました。なにか深刻なことが起きたんじゃないかと思いまして。先生、なぜこの子の頭痛の頻度が増えてるのですか?何が問題でしょうか?
医者:さらなる検査が必要です。本人が好む好まざるにかかわらず、検査は受けなくてはなりませんよ。それがあなたのためですから、ホリー。
ホリー:先生、私は大丈夫です。痛み止めさえ出してくだされば。
医者:心配してるのは、あなたの病気がもっと深刻かもしれないことです。ご両親とお話しします。

【アーニャの家】
(アーニャがベッドで泣いている)
テレサ:アーニャ・・・!どうしたの?いったいなにがあったの?
アーニャ:なんでこうなっちゃうの、お母さん?私、正しいことをしたのに・・・、なんでこんなに胸が痛むの・・・。
テレサ:なにがあったの?話してごらん。
アーニャ:お母さん、ジョシュに愛してるって打ち明けられたの・・・。でも、私は拒んだ。彼に背を向けたのよ。母さん、ホリーのためだったの。ジョシュを、ホリーと奪い合うなんて、したくなかった・・・。
テレサ:どうして?どうして、私とホリーの母親のあいだで起きたことが、今度はあなたたちのあいだで起こってしまうの?
アーニャ:だから、私はジョシュを拒絶したのに・・・。たとえ胸が苦しくても・・・。だって私もジョシュのこと、愛してるから・・・。でも、お母さんたちのあいだで起きたことを、再び起こしたくない。
テレサ:アーニャ、あなたがこんな苦しみを味わういわれはないわ。なんでこんなことになったの?どうしてあなたとホリーのあいだで・・・。
アーニャ:わからない、お母さん。どうしたらいいのか、わからないよ・・・・。

【ホリーの家】
ヤヤ:朝食を食べなかったのですね。なにか食べ物を持って来ましょうか?
ホリー:ヤヤ、なにもいらないわ。
ヤヤ:アーニャとは話しましたか?どうするおつもりです?
ホリー:そのことだけど・・・。ヤヤ、私アーニャが大好きなの。だから、ずっと友達でいるつもりよ。
ヤヤ:お母さまに逆らってでも?
ホリー:時が来れば、お母さんも受け入れてくれると願ってる。
ヤヤ:そう、わかりました。では朝食をお持ちしますね。少しお待ちを。
お手伝いさん:おはようございます、お嬢さま。今日の新聞です。
(新聞に踊る見出し「ウワサの真相!ジョシュ・ブラッドリー、フィリピン女性とデート!」)
ホリー:ジョシュがデート?フィリピン女性と? アーニャ・・・?

【アーニャの家】
テレサ:どうしようボルタ。アーニャはジョシュが好きになっちゃったの。でも、ホリーのことを気にしてるのよ。
ボルタ:あなたと娘の二人三脚ラブ・ストーリーには頭がおかしくなりそう!母親も娘も、三角関係から逃れられないのね!
テレサ:私はまじめな話をしてるの、ボルタ!アーニャは傷ついてるの。
ボルタ:ほんとに?
テレサ:もし私が、あの子を連れてどこかへ行ったとしたら?田舎へ連れてくの。そこで、新しい生活を始めるのよ。ここでは面倒ごとが多すぎるわ!
ボルタ:いいわ、まじめな話をしたいのね?じゃあ聞くけど、逃げれば問題が解決するとでも?あなたが金星でも火星でも、どこの惑星までだろうがふたりを引き離したって、ふたりの愛しあう気持ちまでは変えられないわ!ふたりがホリーのために一緒になれないからって、それが何?
テレサ:私の罪は、娘まで苦しめるほど深いの?罰は私だけにしてほしい。私だけなら構わないのに!
ボルタ:ああもう!
アーニャ:お母さん、私、ジョシュから離れることにする。これ以上、ホリーを傷つけたくない。
ボルタ:ちょっと!待って、待ってよ!それでどうなるの?そしたら苦しみから逃れられる?よくお聞き!ゴッドマザーの話を聞くのよ!もし、あなたがジョシュを愛してて、ジョシュもあなたを愛してるなら、ふたりは一緒になるべきよ!
テレサ:だまってよ!
ボルタ:なんで?私の言ってること、なにか間違ってる?!
アーニャ:愛は私にとって、もう重要じゃないの。それで誰か、友達を傷つけるんだとしたら・・・。
ボルタ:あなたとジョシュは、一緒になるべきなの、いい? 私を泣かせないでちょうだい。

【ホテルの部屋】
カーラ:ねえ息子。まだアーニャのこと考えてるの?
ジョシュ:頭から離れないんだ・・・。
ビリー:よお!みんな、これ見ろよ!
チー:なにごと?まるでマラソンから帰ってきたみたいね。
チー:なんなの?言ってよ!ジョシュ、これはなに?
(新聞に踊る見出し「ジョシュ・ブラッドリー、フィリピン女性と熱愛」)
ビリー:それだけじゃないぜ。テレビでもやってた。それで俺、知ったんだ。おまえ、アーニャに告ったのか?それでふたりは、恋人同志なのか?

【アーニャの家】
テレサ:アーニャ、本当にホリーのところへ行く気?まずは電話したほうがいいんじゃない?
アーニャ:お母さん、ただホリーの顔を見たいの。顔を見て話をしたいの。ホリーのお母さんには会わないよう注意するから。
テレサ:でも、アーニャ・・・。
アーニャ:すぐ帰るから。
テレサ:気をつけてね。
アーニャ:うん、お母さん。
(レポーターが押し掛ける)
レポーター:お嬢さん、昨夜ジョシュ・ブラッドリーと一緒でしたね?!ジョシュとは恋人同志ですか?
レポーター2:どうやって知り合ったんですか?いつからの知り合いですか?
レポーター3:ふたりの関係はどこまで行ってるんですか?
レポーター4:妊娠してるんですか?
テレサ:私の娘が妊娠してるかだなんて、よくも言ったわね!娘に嫌がらせはやめて!あんたたち、いったいここでなんの真似なの?!

【ホリーの家】
ヤヤ:さあ、朝食ですよ。お食べなさい。ここに置きますね。ホリー、さあ、お食べなさい。なにを見ているのです?あらまあ!これは、ジョシュとアーニャでは?
ホリー:アーニャだったのね・・・。ジョシュが言ってたのは、アーニャのことだったんだわ。ジョシュが愛するひと・・・。
ヤヤ:まだ分からないでしょう?こんなのウソかもしれませんよ。
ホリー:ヤヤ、この写真がすべてを物語ってるわ。
ヤヤ:いいえ、私が言いたかったのは・・・。
ホリー:はっきりしてる!
ヤヤ:ふたりは、お友達同志なんでしょう?ホリーがいられなかったとき、アーニャがジョシュを助けてあげたのですよね?ジョシュはアーニャとしばらくいたのですから、もしかしてただの感謝のハグかもしれません。まあ、ジョシュかアーニャと直接お話しすることですね。それしか、本当のことはわかりません。
ホリー:でもヤヤ、もしアーニャが本当に、ジョシュの好きな相手だったら?ヤヤ、私、怖い。そんなの、受け入れられそうもない・・・。

【アーニャの家】
アラジン:あの人たち、ぜんぜん帰らないよ!それに、どんどん増えてる!
マンド:アーニャ、いったい何ごとなんだ?なんであいつらがここに?!
ボルタ:あんた知らないの?ジョシュはアーニャのボーイフレンドって話よ!
マンド:なにい? 俺がアーニャのボーイフレンドだってこと、あいつら知らねえのか?!
ボルタ:あんたってほんとおめでたい!いい?(床を示して)あんたはここらへんなの。(天井を示して)でもジョシュは、こーんななのよ! レベルがぜんっぜん違うんだから!
マンド:おいおいおい!ボルタ!富と名声で愛を評価するんじゃねえ!
ボルタ:わかってるわよ!ハンサム度も追加していいわ!なおさら、あんたに勝ち目はないんだから!
マンド:アーニャ、アーニャ!こいつに、おまえが愛してるのは俺だって言ってやれ!
テレサ:もう黙って!アーニャ、心配しなくていいのよ、いずれ収まるわよ。いい?そのうち飽きて、いなくなるでしょ。
アーニャ:私が心配してるのはそれじゃないの。ホリーのことなの。もし、昨夜のジョシュと私のことをマスコミが知って、ニュースになったら?もし、ホリーがもうニュースを見てたら?お母さん、私ホリーと話をしなくちゃ。
アラジン:でも、どうやって出て行く?

【ホテルの部屋】
チー:(電話に向かって)どうか、公式発表をお待ちください。はい、よろしくお願いします。
ビリー:チー、あのニュースがあちこちのSNSサイトに載ってる。それに、アーニャを攻撃する山のようなコメントも。
カーラ:ジョシュ、息子よ、まだ出て行っちゃだめ。外は大混乱だわ。
ジョシュ:お母さん、アーニャが無事かどうか、確かめに行かないと。このゴタゴタをなんとかしなくちゃ。
チー:外に出て行くの?本気?外のマスコミにもみくちゃにされるわよ!
ジョシュ:構うもんか!いまは、アーニャのほうが大事だよ。
チー:あなた、あの子のこと本当に愛してるの?
ジョシュ:うん。とても。
ビリー:やったぜぃ!!(チーへ) あれ、どうかした?なんで泣きそう?
チー:うふふっ、ただ嬉しくて・・・。
カーラ:それで、どうするの、ジョシュ?
ジョシュ:アーニャが困ってないか、家に行ってくるよ。だって、僕の責任だから。
ビリー:待て、それだけか?それしか、やりようはないのか?
ジョシュ:それで、アーニャの元を永遠に去るってことだね。
チー:はあ?待って、よくわからないんだけど。アーニャを愛してるって言わなかった?なんで去るの?
ビリー:そうだよ。って言うかさ、おまえがアーニャと恋に落ちたって、別に問題ないだろ?いいじゃんか。もっと言えばさ、おまえがそれを世の中に公表すればいいんじゃねえか。そうすりゃ、マスコミがおまえを追っかけることもなくなるんじゃないか?
ジョシュ:マスコミに騒がれるのはごめんだよ!僕はアーニャと家族に迷惑をかけてる。あの人たちはこれまでだって苦労してきたのに、余計な負担を増やしたくない。僕にはアーニャの気持ちすら、わからないのに。
チー:じゃあ、確かめたら!アーニャの人生を乱して申し訳ないからって、ただ諦めるの?私たちにはどうしようもないことがある。それが愛なの。愛は複雑なもの。でも、心のためにいいのよ!
カーラ:チーは正しいわ。もしここで諦めたら、またとないチャンスを逃すことになる。至高の愛をつかむチャンスを。だから、チャンスに賭けてみなさい。そして、魔法を感じるのよ。

【アーニャの家の裏】
マンド:俺の格好、どうだ?
アラジン:大丈夫。あの人たち、まだいる?
マンド:ああ、まだいる。俺、アーニャに見えるか?
アラジン:ちょっとだけ。
マンド:どうするか、わかるな?ここで合図を待ってろ。
アラジン:お姉ちゃん、お姉ちゃあん!
レポーターたち:おい!あっちだ!
アラジン:お姉ちゃん、置いてかないで!一緒に連れてって!

【ホリーの家】
マルガレート:ほら、初めから私が正しかったわね。あんたの友達は、あの母親とそっくり!(新聞を見せる)読んだんでしょ?それで、その親友とはもうお話したのかしら?
ホリー:まだよ、お母さん。でも、アーニャは友達よ。あの子はこんなことしないって私、知ってる。
マルガレート:まだそんなバカなこと言ってるの、ホリー?!証拠が目の前にあるのよ!見えないフリはやめなさい!あんたが好きな男を横取りしたのは、明らかじゃないの!
ホリー:お母さん、新聞が間違ってることだってあるでしょ!きっと何かの誤解よ!
マルガレート:んまあ、あんたってどこまで愚かなのかしら!あの友達はあの母親と同じだってこと、なんで分からないの!あのご都合主義者で居座りで横領者が!
ホリー:アーニャはそんなんじゃない!あの子は違う!私がそれを証明する。
マルガレート:あなた、私を納得させようとしてるの?それとも自分自身?心の奥では、友達に裏切られたんだとあなたもわかってるんでしょ?

【ホリーの家の外】
ホリー:(独り言)いいホリー?大丈夫よ。ヤヤ・ロサの言ったことを信じるの。アーニャはあなたを傷つけたりしない。あなたの友達はあなたを傷つけない。アーニャはいい子。あなたを裏切らない。アーニャは、あなたからジョシュを奪ったりしない・・・。

【アーニャの家】
ボルタ:どうやら私の計画がうまくいったようね!みんなどこか行っちゃったわ!マンドよくやったわ。
アーニャ:もし、また戻ってきたら?
テレサ:心配ないよ!またどうにかするから。朝飯前よね、ボルタ?
ボルタ:もちろんよ!
テレサ:だから、あなんたはホリーと話してらっしゃい!でも、ホリーとだけよ。あの母親はだめ。
アーニャ:ありがとう、お母さん。ありがとう、ゴッドマサー・ボルタ。あなたがいなかったら、私どうしてたか。
ボルタ:そんなのいいのよ!それがゴッドマザーのつとめだもの。でも、ジョシュはあなたのボーイフレンドなんでしょ。なら金髪で青い目の友達を私に紹介するよう、ジョシュに伝えて!アタタタ、痛いわ!耳つねらないで!
テレサ:さあ、行ってらっしゃい!いつまた、何が起こるかわからないから!

(ジョシュが家の前でNandito Akoを歌う)

アーニャ:ジョシュ!ここで何してるの?
ジョシュ:この歌できみに気持ちを伝えようとやってきた。きみがまだ、僕を愛そうという気持ちになっていないのは、わかってる。でも、僕は喜んで待つよ。どのくらいかかっても構わない。
アーニャ:ジョシュ、お願いだからやめて!もう行って!アメリカへ帰ってちょうだい!私たちの生活を乱すのはやめてくれる?私の気持ちと、私の心も・・・。
ジョシュ:きみが愛してくれるまで、僕は帰らない。
近所の人:ねえ、みんな!ジョシュ・ブラッドリーがいるわ!早く!見て見て!早く早く!ジョシュ・ブラッドリーよ!
アーニャ:ジョシュ!早く帰って!みんなの見世物になってるわ!
ジョシュ:(地面に座って)僕はここを動かない。
アーニャ:いったいなにしてんの!?立ってよ!ジョシュ!!
近所の人:イエスって言っちゃいなよ!気のないそぶりはもうやめ!
ジョシュ:愛してるんだ、アーニャ!愛してる、アーニャ・デイオニシオ!とても、とても、とても愛してる!僕は、この娘を愛してる!世界中の誰よりも!きみを愛してるんだ、アーニャ・ディオニシオ!!
アーニャ:ジョシュ、やめて、お願い!
ジョシュ:きみも僕のことを愛してるのか、知りたいんだ。
アーニャ:いったい私に、なんて言わせたいの?
ジョシュ:なんでもいい。ただ、ひとつだけ約束してほしい。
アーニャ:なに?
ジョシュ:ウソはつかないでくれ。


コメント(0) 

Nandito Ako (19) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード19


【事務所】
カーラ:(スティーブを叩く) これは、私から息子を取り上げた仕返しよ!(もう一度叩く) これは、あんたがついてきたウソへの仕返し!
スティーブ:下品な女め!
ジョシュ:僕のお母さんに、触るんじゃない!!
カーラ:私と息子の間をまた裂くようなことがあったら、必ずや、あんたを殺してやる!
スティーブ:なんと、恩知らずな・・・。
ジョシュ:おまえが、僕からすべてを奪ったんだ!僕の唯一の家族を奪った!この15年間、僕が苦しまない日はなかった。お母さんは死んだって、おまえが信じ込ませた。あの火事で死んだって。おまえのせいで、この長い年月、僕はものすごく苦しんできた!
スティーブ:ああ、俺はウソついたとも!だからなんだってんだ?この女は、おまえにまともな教育すら受けさせることができなかったんだぞ。
ジョシュ:おまえに、お母さんのことをそんなふうに言う権利はない!
スティーブ:おまえ、自分が言ってることがわかってるのか?
ジョシュ:僕はもう、子どもじゃない。もう、おまえなんかに指図されないぞ!
スティーブ:ほお、じゃなにか?おまえは、なにもかも自分でやれるっていうのか?つけあがるのもいいかげんにしろ。いいか、俺が、おまえを作り上げたんだ、ジョシュ。
カーラ:あんたはほんとにどうかしてるわ!!
スティーブ:この俺が、おまえという人間を作り上げたんだ!世界的スターのジョシュ・ブラッドリーをな!あらゆる名声、あらゆる富、いまあるおまえという人間は、すべて俺のおかげだ!!
ジョシュ:違う、スティーブ叔父さん!僕がいまの僕でいるのは、僕が努力したからだ!僕はほかのことに目もくれず、全力でやってきた!叔父さんにはもう、首を突っ込ませないぞ!
スティーブ:おまえはもう終わりだ。
ジョシュ:いや、スティーブ叔父さん。おまえが終わりだ!クビだ!

【留置所】
アーニャ:ごめんなさい。お母さんが刑務所に入ったのは、みんな私のせいだわ。
テレサ:ほら、泣いてもどうにもならないんだよ。私は大丈夫だから。自分を責めちゃだめ。私なら平気だから、心配しないで。それよりも、あなたとあなたの弟のことのほうが心配よ。弟の面倒をみてあげてね、いい?ちゃんと学校へ行かせるのよ。あなたもね。
アーニャ:うん、お母さん。それから、私がここから出してあげるから。お母さんがこんなとこに入ってるなんて、辛くてたまらない。
テレサ:大丈夫だから。私のことは心配しなくてもいいの。私たちは乗り越えられる。だから、もう家に帰りなさい。さ、お帰り。

【ホリーの家】
マルガレート:あらまあ、放浪娘が帰ってきたようね。
ホリー:お母さん、アーニャの家族になにをしたの?
マルガレート:言うことはそれだけ?何日も家をあけて、何日も姿を見せずに、それなの?それが母親に対する態度?
ホリー:だから、どうしてアーニャのお母さんを留置所に入れたのよ?アーニャたちは何も悪いことしてないのに! 私でしょう?お母さんに逆らってるのはこの私!
マルガレート:声を張り上げるのはよしなさい!忘れたの?あんたはただの養子なのよ?
ホリー:その事なら、よくわかってるわ、お母さん。毎日私を惨めな気分にさせて、どうして忘れられるっていうの?アーニャたちと一緒にいたほうが、私がずっと幸せだったとしてもおかしくないでしょ。だって、あの家族は私を人間扱いしてくれるから。人として尊重してくれる。
マルガレート:ふん、尊重してくれるって?あの友達が?あの、あんたの父親の愛人の娘が?
ホリー:(驚く)
マルガレート:今度はなに?舌でも抜かれた?信じられないっての?“違う、お母さん、そんなのウソよ!私の友達の悪口を言ってるだけでしょ!ただ私に友達を作らせないようにしてるだけだわ!”って?ふん、ホリー、あんたっておめでたいこと!次回は、まずはご自分のお友達のことを調べることね。あいつらには、あのけがらわしい場所がふさわしいわ。すさまじい臭いだもの!
(ホリー、無言で去る)
マルガレート:どこ行くの!戻りなさい!

【アーニャの家】
アーニャ:飲みなさい。お母さんが、あんたはちゃんと食べるようにって言ってたよ。
アラジン:お姉ちゃん、お母さんはいつ帰ってくるの?
アーニャ:私にもわからない。
アラジン:元気にしてた?ちゃんと寝れてるのかな?ごはんはどうするの?ぼく怖いよ、お姉ちゃん!もしかしたら一生、出て来れないかも!
アーニャ:そんなこと、言わないの。お母さんはいつか出て来れるわ。
アラジン:どうしてわかるの?

(アーニャ、回想している)
アーニャ:ジョシュは私に言ったよね?ただ信じろって。なんだって起こり得るって。

アーニャ:アラジン、私たち、信じなきゃだめよ。うまく解決できるって。
(ボルタが叫びながら走ってくる)
ボルタ:アーニャ!アーニャ!アーニャ!出てきて!早くううう!アーニャ!
アーニャ:なにごと!?
ボルタ:見て!
(車からジョシュが降りてくる)
ジョシュ:やあ!
アーニャ:ジョシュ!
ジョシュ:きみを迎えに来たよ、アーニャ!
アーニャ:どうして?どこに行くの?
ジョシュ:お母さんを、留置所から連れて帰るんだ。
アラジン/ボルタ:イエーイ!!

【警察】
アラジン:お母さん、ぼくお母さんが二度と出て来れないかと思ったよ。お母さんと二度と会えないかと思った。
テレサ:よしよし、わかったから。もう泣かないの、いい?もっと嬉しそうな顔しなさい。あなたもね!
ジョシュ:おばさん、僕、謝らなくては。厄介なことになってすみませんでした。でも、心配しないで。告訴は取り下げになったし、すべて解決します。
テレサ:私からも、ありがとうね。
ジョシュ:ううん、僕のことで耐えてくれて、ありがとう。それからアーニャ、きみは十分すぎるほどやってくれた。きみには、どう報いればいいかわからないよ。
アーニャ:そんなこといいの。私たちのしたことはすべて報われたわ。だって、あなたのお母さんを見つけることができたんですもの。
ジョシュ:僕のお母さんと言えば、きみにまた会いたがってる。
アーニャ:え・・・、でも・・・。バタンガスまでは私、行けないわ。
ジョシュ:お母さんはいま、マニラにいるんだ。僕と一緒に来たんだよ。
ボルタ:んまあ、あなた、また会えるじゃないの!

【記者会見】
ジョシュ:はっきりさせておきたいことがあります。誘拐なんてありませんでした。そのようなことはいっさい起こっていません。僕は、自分の意志でバタンガスに行っていました。
記者:でも、なぜバタンガスへ行ったのですか?あちらになにが?
ジョシュ:ある人を探すために行っていました。そして、その女性を見つけました。
(記者:まあ、誰のこと?)
ジョシュ:その女性は、僕の人生でもっとも大切な人です。バタンガスで、僕は自分の母を探し当てたんです。母は火事で死んでいませんでした。生きていました。 ではみなさんに、誇りを持って紹介します。カーラ・ブラッドリー、僕の母です。
(カーラが登場する)
ジョシュ:これが、僕のお母さんです。彼女が、僕に歌を教えてくれました。いまある僕のすべては、ここにいる、この女性のおかげです。彼女は僕にとって大きな存在で、僕のすることはすべて彼女から受け継がれたものです。離ればなれだった年月のあいだも、母の愛を感じ、母の歌声の思い出が、僕を強くさせてきました。

【記者会見】
ホリー:アーニャ、こっちへ・・・。遅れてごめん。
アーニャ:その話はいいの。お母さんはもう留置所を出られたから。でも、ひとつ、話しておかなくちゃならないことがある。私たちのお母さん同志の問題のこと。
ホリー:アーニャ、その事ならもう知ってる。あのふたりのあいだに昔なにがあったのか、知ってるわ。
アーニャ:怒ってないの?
ホリー:なんで怒るの?もう昔の話でしょ?私にとって大切なのは、いまよ。それでいま、私たちは友達だわ。ところで、ジョシュからさっき電話があったの。一緒に夕飯を食べようって。それに、なにか重要な話があるんだって。なんのことかわかる?
アーニャ:ううん・・・。
ホリー:ああ・・、楽しみだわ!
記者:ちょっとインタビューいいかしら?あなたたちはジョシュと一緒にバタンガスに行ったと聞いたのだけど、どちらがジョシュのガールフレンドさん?(ホリーに)あなた、ジョシュのデートのお相手だったわよね?それでいまは付き合ってるの?
ホリー:あっちに行こう・・・。

【記者会見】
記者:ジョシュ、あなたの恋愛について教えてください。いま好きな人はいますか?ジョシュ・ブラッドリーが隠す幸運な女性はだれですか?
チー:もうこれで話は全部済んだと思いますので、終わりにします。ふたりとも移動で疲れているので、休養が必要ですから。
記者会見:でも、名前を教えてもらえませんか?エンリケさん!
チー:もう終わりです。みなさん、お越しいただきありがとうございました!

【ホテル】
ホリー:ジョシュが、このままレストランへ行こうって。ああもう!さっきのあの記者たちにはめまいがした。すごいストレス!私、いままであんな経験したことないから。
アーニャ:そうね・・、それがセレブでいることの弊害なんだろうね。なにかと大変なのよ。
ホリー:でも、私はやってけるわ。ジョシュといられるならね・・・。
アーニャ:・・・。
ホリー:ねえアーニャ、ほんとにジョシュはなんにも言ってなかったの?ジョシュが好きな人について、ヒントもなし?
アーニャ:・・・。
ホリー:ライバルが誰なのかわからないなんて、イラつく! 簡単には行かないわね。自分の好きな人が、誰かほかの人を好きだなんて。
アーニャ:まあ・・・、そういうもんじゃない?完璧な人生なんてないわ。
ホリー:あなたはどうなの、アーニャ?誰かを好きになったことある?
アーニャ:・・・。
(ホリーを頭痛が襲う)
アーニャ:ホリー?どうしたの、大丈夫?
ホリー:大丈夫よ。ちょっとトイレに行ってくる。

【テラス】
ビリー:よお!女性がふたり、下で待ってるぜ。
ジョシュ:・・・。
ビリー:おい、大丈夫か?
ジョシュ:俺か?
ビリー:そうだ。
ジョシュ:大丈夫だ。
ビリー:おまえって、ほんとウソがつけないヤツだな。どうした?ほら、言っちまえ!
ジョシュ:ビリー、どう言ったらいいか・・・。こんな気持ちになったの、初めてなんだ。
ビリー:こんな気持ち?
ジョシュ:・・・。
ビリー:おい、まさか!うそだろ・・・・・?おまえ、誰かを好きになったんだな!恋をしてるってか!!
ジョシュ:だまれ。
ビリー:おまえがだまれ!おまえ、恋をしてるんだ!でもま、気にすんな。よくあることだ。ああぁ、おまえが恋してるなんてよお~。
ジョシュ:なんて言ったらいいか・・、ただ・・。
ビリー:ただ、なんだ・・?ちょいまち!まさかおまえ、ふたりとも好きになったんじゃ・・・?
ジョシュ:違うよ、好きになったのはひとりだけだ。でも、もうひとりの子を傷つけるわけにいかないんだ。ふたりとも、大切なひとだから。
ビリー:それが人生ってもんだ。そういうもんだ!でも肝心なのは、自分の胸に手を押しあて、心の声をよおく聞くことだ。そして、その声に従うんだ・・・・・。 うがあっっ、クサすぎるぜっ!!
ジョシュ:ま、確かにクサかったな・・・。
ビリー:じゃ、そうだったんだ。
ジョシュ:なにが?
ビリー:あの手品師が言ったことは、本当だったんだ。

【トイレ】
アーニャ:ホリー?ホリー?大丈夫なの?
ホリー:アーニャ、私は大丈夫、心配しないで。
アーニャ:でも、なんでドアを開けてくれないの?
ホリー:先に行ってて、アーニャ!少ししたら行くから。お願い、行ってて!
アーニャ:本当に?
ホリー:ほんと大丈夫だから!先に行ってて!ジョシュがレストランで待ってるわ!
アーニャ:じゃあ、すぐに来てよね。
ホリー:わかった。早く行ってて!(携帯を取り出す) もしもし、ヤヤ・ロサ?助けてほしいの。

【アーニャの家】
テレサ:あの子はなにしてるのかしら?アーニャはどこ?携帯がないから、連絡もとれない。
ボルタ:私はそんなふうには心配してないわ。だって、白馬の王子様と一緒にいるのよ。だから、大丈夫!
テレサ:だからこそ、落ち着かないのよ!私はそんなふうに考えられない。
ボルタ:待って、当ててあげるわ!コーヒーがぶ飲みしたんでしょ?だからピリピリしてるんだわ。ねえ、落ち着いてよ。いいほうに考えなくちゃ。いいほうに、いいほうに・・・。

【昔のアーニャの家】(回想シーン)
マーク:今夜はみんなでホテルに泊まるぞ。アーニャ、きっと気に入るぞ!きれいな噴水があるから、コインを投げてお願いごとをするんだ。

【火事のシーン】(回想シーン)
アーニャ:しっかりつかまって!がんばって!

【テラス】
ジョシュ:アーニャ・・・。
アーニャ:ジョシュ・・・。
ジョシュ:きみに話したかったことがあるんだ。
アーニャ:ホリーがもうすぐ来るから待とう。トイレに行ってるの。
ジョシュ:いやアーニャ、きみとふたりで話がしたいんだ。
アーニャ:なにを?
(ジョシュが逆立ちをする)
アーニャ:ジョシュ!なにしてるの?やめて、お願い!ジョシュ、立ってよ!ジョシュ、恥ずかしいわ!
ジョシュ:これが、きみが僕にしたことだ、アーニャ!きみは、僕の世界をひっくり返した!
アーニャ:は?
ジョシュ:きみのこと、ずっと考えてたんだ、アーニャ。きみに言いたかったことがある。アーニャ、愛してる・・・。(アーニャの手を取って胸に当て)僕の胸の音を感じてくれ!鼓動がきみの名を刻んでる!
アーニャ:ジョシュ・・・、こんなことしないで。私を困らせないで。
ジョシュ:きみを傷つけるようなことは絶対にしない。だから、僕を信じてくれ。
アーニャ:こんなの、よくない。
ジョシュ:どうして?僕のこの気持ちが、どうしてだめなんだ?マハル・キタ(愛してる)、愛してるよ、アーニャ。
(アーニャを抱きしめる。物陰から写真を撮られる)
アーニャ:ジョシュ!
ジョシュ:僕たちにチャンスをくれないか。ふたりでうまくやっていけるよ、アーニャ。約束する。すべてが急すぎるってわかってる。でも、きみのこと、好きになってしまったんだ。
アーニャ:違う・・・、そんなの違うわ。
ジョシュ:アーニャ、信じてくれ。きみを愛してる。
アーニャ:ジョシュ!こんなのやめよう。もう、たくさんよ。ホリーがもう来るわ。私たちのこんなところを、ホリーに見られちゃいけない。
ジョシュ:でも、アーニャ・・・。
アーニャ:ジョシュ、ホリーはあなたを愛してる。それがわからないの?ホリーは、あなたのことを愛してるのよ。だから、あなたもホリーを愛してあげて。私じゃなくて。
ジョシュ:ホリーのことは大好きだよ。でも、ただの友達としてだ。
アーニャ:だったら、ホリーを愛することを学んで。他の誰よりも、あの子があなたにふさわしいの。多くのことを、あなたのために犠牲にした。あの子は、あなたのためならなんでもする。 あなたのことを、それほど愛してるのよ。
ジョシュ:そんなことできない、アーニャ。ホリーに対しても、自分に対しても、ウソをつくことになる。
アーニャ:私には無理なの。
ジョシュ:お願いだから、こんなことはやめてくれ、アーニャ。僕を突き放さないでくれ・・。
アーニャ:ジョシュ、これが私なの。そして、あなたが愛すべきは、ホリーなのよ。
 
 

コメント(0) 

Nandito Ako (18) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード18


【海岸】
ジョシュ:そうだね、ホリー。誰かを愛する気持ちを抑えるべきじゃない。たとえそれが、あっというまに落ちた恋であっても。
ホリー:じゃあ、教えて・・・。誰と、恋に落ちたの?
ジョシュ:ホリー、ごめん。僕は、ほかの人を愛してるんだ。
ホリー:誰かほかの人・・・?私の知ってる人?
ジョシュ:・・・。
ホリー:セレブの人?
ジョシュ:・・・。
ホリー:歌手?
ジョシュ:その人は・・・、遠くにいる。その人とは、遠く離れているんだ。
ホリー:それって・・・、そのガールフレンドはアメリカにいるってこと?
ジョシュ:ほんとうにごめん、ホリー。こんなつもりじゃ・・・。
ホリー:違う、違うの。ただ、聞いてるだけ。
ジョシュ:ホリー・・・。(抱きしめる) いつもいい友達でいてくれて、ありがとう・・・。
(ジョシュ、去る)
ホリー:あなたと、友達以上になりたかった・・・。

【アーニャの家】
テレサ:アーニャ。こっちへおいで。話すことがあるの。
アーニャ:なに、お母さん?
テレサ:お母さんのこと、怒らないでね、いい?いろいろ事情があって、ちょっと込みあってるのよ。どうか、お母さんを理解してくれる?
アーニャ:いったいなにがあったの、お母さん?
テレサ:世の中にはこれほど多くの人たちがいるのに、どうしてあのマルガレートって人の娘さんと友達になったの?
アーニャ:ホリーのお母さんを知ってるの?
テレサ:マルガレートは、私が関係を持った男性・・・ジェイムの、奥さんなの。そのときあなたはまだ幼かった。でも、その人が既婚者だってわかったとき、私はすぐに別れたわ。でもマルガレートはそのことを知ってしまった。と言うのも、彼が亡くなったとき、病院で私と会ったから。それからというもの、今でも、あの人は私を許していない。
アーニャ:でも、なんで今、それを私に話すの?私がいないあいだ、何かあったの?
テレサ:マルガレートがここに来たのよ。あなたを探しに。彼女の言うことには、ホリーがいなくなったって。それで彼女は、あなたたちふたりの友情を壊すって脅したの。
アーニャ:あの人は、うちが貧乏だからってずっと、ホリーとの仲を壊そうとしてきたわ。でもお母さん、私とホリーはそれを乗り越えてきた。
テレサ:でももしホリーが、私が彼女のお父さんと浮気したことを知ったら?あなたたちの友情にヒビが入るかも。
アーニャ:入らないかもよ、お母さん。私とホリーは、お母さんたちの過去とはなんの関係もないもの。そんなこと、私たちの友情に影響させてたまるもんですか。
テレサ:そうだといいけど。本当に、そう願うわ。私が起こした間違いのせいで、あなたに友達を失ってほしくない。

【バタンガスの海岸/アーニャの部屋】
アーニャ:もしもし?
ホリー:もしもし、アーニャ。元気?
アーニャ:元気よ。ホリーは?
ホリー:ジョシュはとても幸せそうよ。こんな時間に電話しちゃってごめんね。
アーニャ:私こそ、早くに電話できなくてごめん。お母さんとは話したの?
ホリー:まだよ。どうして?
アーニャ:もう話したのかなあ、って思って。お母さんからなにか聞かされたかと・・・。
ホリー:なんの話を?
アーニャ:私たち、ふたりのこと。
ホリー:アーニャ、いまそのことは話したくない。アーニャに聞きたいもっと重要なことがあるの。ジョシュとあなたの間に、なにかあった?
アーニャ:・・・なにかって?
ホリー:ジョシュが愛する女性についてよ。なにか知ってるの?

【バタンガスの海岸/アーニャの部屋】
アーニャ:え?うーん・・・。ジョシュがなにか言ったの?
ホリー:誰かを愛してるって。でも、誰だか教えてくれなかった。だからアーニャは、ジョシュから何か聞いてるかなと思って。
アーニャ:ええと・・・、私は何も聞いてないよ。ジョシュは何もそんな話はしてない。私たち、それほど親しくないもの。それに、私はジョシュの恋愛事情には興味ないし。
ホリー:でも、私が興味あるの、アーニャ。ジョシュが誰を愛してるのか知りたい。それだけ・・・。ただ、知りたいだけだから・・・。 その娘は本当に幸せよね、違う? 私だったら、よかったのに・・・。アーニャ、わかるでしょ。 自分がジョシュと一緒になれなくても、ジョシュが他の人を愛すれば傷つく・・・。屈辱よ・・・。わかるでしょ・・・。なんで私じゃないの・・・。

【カーラの家】
カーラ:毎日こうできたら、ってずっと願ってきたわ。あなたが寝るときに、布団をかけてあげるの。まだすごく小っちゃかったとき、私がこうしてあげてたの、覚えてる?
ジョシュ:うん。歯を磨いて、そのあとすぐにパジャマに着替えるんだ。
カーラ:そうね。
ジョシュ:たまに、お話を聞かせてくれた。でもたいていは、歌を歌ってくれた。(起き上がって)お母さん。
カーラ:なあに、息子?
ジョシュ:僕と一緒にアメリカに来て欲しいんだ。居心地のいい生活をさせてあげるよ。なんなら、エミルを連れて来てもいい。お母さんともっと一緒にいたいんだ。これまでの失われた年月の埋め合わせをしたいんだ。
カーラ:私もよ。あなたと一緒にいたい。私がどれほどそれを望んでいるか、神さまはご存じだわ。でも・・・。
ジョシュ:でも、なに?
カーラ:今すぐには決められないわ。私には、ここでやらなくちゃならないことが、たくさんあるの。
ジョシュ:どんなこと?僕は、すべてを与えてあげられるんだよ。お母さんが思う以上のことを。お母さんの面倒をちゃんと見るって、約束する。
カーラ:わかってる・・・。でも、私にはいま別の人生があるの。 あなたが連れ去られてから、私の人生は粉々に砕け散った。毎日、あなたのことを思ったわ。いつか、あなたを見つける日が来るのかしら、って。それで、あるとき、私は教えることに目覚めたの。
ジョシュ:なにか教えてるの?
カーラ:そうよ、ジョシュ。子どもたちに音楽を教えてるの。貧しい子どもたちに。あの子たちは、私を頼りにしてる。見捨てられないわ。だから、わかってちょうだい。
ジョシュ:わかった・・・。

【アーニャの家】
ボルタ:なんでパトカーがここに?
警察:テレサ・ディオニシオを探してるんだが。
ボルタ:どうして?
警察:誘拐の申し立てがあった。
スティーブ:甥っ子はどこだ!?
テレサ:この男は、あんたよりよっぽど気が狂ってる!こいつ何の話をしてるの?誘拐っていったいなんの話よ?
マルガレート:このウソつき!テレサ、否定するのはおやめ!目撃者がいるのよ。あんたはこの家にジョシュ・ブラッドリーを隠してるでしょ。いますぐ出しなさい!
テレサ:あんた、どこの気狂いにそんなこと吹き込まれたのよ?
タシン:私よ、私!私が目撃者よ!そうでしょ?ここにジョシュ・ブラッドリーを隠してるんでしょ?
マルガレート:なにをボヤボヤしてるの!?この女をさっさと捕まえなさい!

【留置所】
アーニャ:お母さん!
テレサ:アーニャ、ここで何してるの?弟のことは誰が見てるの?
アーニャ:ゴッドマザー・ボルタとエマンおばさんが。お母さん、どうしてお母さんが拘留されたの?なにも悪いことしてないのに!
テレサ:私がジョシュ・ブラッドリーを誘拐したって言うの。あの叔父ってのは、頭がおかしいわ!あのマルガレートも!
アーニャ:でも、誰もジョシュを誘拐なんかしてないのに!
テレサ:信じてもらえないんだよ!ずっとそう言ってるのに、あいつら信じようとしないんだ!あいつらみんな、バカなんだよ!
アーニャ:心配しないで、お母さん。私がなんとかする・・・。お母さんをここから出すためなら、なんだってする。
テレサ:私はここでも平気だよ。
マルガレート:こいつもそうだ!この娘もジョシュの居場所を知ってるはずだよ!
テレサ:マルガレート!この恥知らず!娘はほっといてちょうだい!この子を責める理由はなにもないはずだ!これはあんたと私の問題なんだ、だから、私を相手にしな!
マルガレート:あんたがどう思おうと、もうこの娘は関係してるんだよ! さあ、ジョシュ・ブラッドリーを出したらどう?!
スティーブ:甥っ子はどこなんだ!
チー:スティーブ、やめて!あなたが首を突っ込むと、収拾がつかなくなるわ!
スティーブ:ジョシュがどこにいるか知りたいんだ!どこにいるのか教えろ!誘拐は重大な犯罪だぞ!
アーニャ:私は誘拐犯じゃないわ!誰も誘拐なんかしてない!それに、お母さんだって、なんの関係もない!
テレサ:娘を傷つけたら承知しないよ!おまえらに、そんな権利はないだろ!
マルガレート:いくらでもわめくがいい!留置所で朽ち果てろ!
スティーブ:ジョシュはどこにいるか言え!
アーニャ:私たちのことは放っておいて!
テレサ:出て行け!おまえらもみんな!
マルガレート:私が生きているうちは、おまえらを放ってなんかおくもんか!覚えとくがいい!
テレサ:出て行け!

【ピクニック】
ジョシュ:慈善コンサートをやろうと思うんだ。チャリティだよ。
カーラ:チャリティ?
ジョシュ:そう、チャリティ・コンサートだ。すべての利益を、お母さんの学校と、そのほかの音楽を教える学校へ寄付するんだ。
カーラ:ありがとう、ジョシュ!あなたってほんといい人だわ。
ホリー:おばさん、ジョシュは、やると言ったら必ずやりとげる人です。彼が言うことは、いつだって本気なんです。
カーラ:あれだけのことがあったのに、あなたが立派な人間に育ってくれて本当によかった。
ジョシュ:お母さん、僕はすごく恵まれてる。自分のこの人気を、他人のために使いたいと思ってた。だから、これが絶好の機会なんだ!
カーラ:あなたを誇りに思うわ、息子!
ジョシュ:お母さんが、僕に教えてくれたんだよ。それから、もうひとつ!お母さんとエミルおじさんために新しい家を建てようと思ってるんだ。これからは、ツアーがなくて休みのときには、できる限り訪ねて来るよ。
カーラ:でも、あなたのアメリカでの生活はどうなるの?
ジョシュ:アメリカは、ただ居住してるだけの場所だよ、お母さん。フィリピンがぼくの故郷だ。そして故郷とは、お母さんと一緒にいる場所ってことだ。
ホリー:すみません、ちょっと電話するので・・・。
カーラ:さあ、息子、食べなさい。どれがいいの?
ホリー:もしもし、ヤヤ?
ヤヤ:まあホリー、電話くれてよかったわ!もう私のこと、怒っていなければいいのだけど。
ホリー:もうその件はいいわ、ヤヤ。
ヤヤ:それで、いまどこなのです?
ホリー:バタンガスよ。ジョシュと一緒なの。でも、もうお母さんを見つけられたから、もうすぐうちに帰るわ。
ヤヤ:すぐに帰ってこないといけませんよ!あなたのお母さまが、悶着を起こしてるんです。運転手が言うには、お母さまはあなたのお友達の家まで行ったそうです。
ホリー:ええ?どの友達?
ヤヤ:アーニャですよ!
ホリー:アーニャですって?ヤヤ、お母さんは何をしたの?
ヤヤ:ジョシュの誘拐でアーニャを告発したんですよ!それで今は、アーニャのお母さんが留置所に入ってるんです。(電話が切れる)
ホリー:ヤヤ?ヤヤ?!

【ピクニック】
ジョシュ:どうした?
カーラ:なにかあったの、ホリー?
ホリー:私のお母さんが・・・、なにかとっても悪いことをしたみたいなの。
ジョシュ:どんな?
ホリー:あなたを誘拐した罪でアーニャを告発したの。アーニャと彼女の家族が、危機に瀕しているみたい。

【アーニャの家】
ボルタ:アラジン、ねえ、お食べよ。ちゃんと食べなくちゃだめよ。そんなんじゃ、お母さんが出てきたときにはあなた、骸骨になっちゃってるわよ。栄養失調になってもいいの?ほらあ、私があんたのお母さんに叱られちゃうんだから。
アラジン:ボルタおばさん、お母さんは出てこれるの?
ボルタ:もちろんよ、心配いらないわ。ちょっとの辛抱よ。お母さんは無実なんだから。ウソじゃないわ。すぐに出てくる。
(マンドが入ってくる)
ボルタ:マンド!なにか進展はあった?議員さんはなにか言ってた?助けてくれるんでしょ?
マンド:残念だが、だめだった。
ボルタ:そんな・・・。
マンド:アーニャは?
ボルタ:バングスはお母さんのとこに行ってるわ。面会してる。
マンド:もし俺に、金さえあれば!そうすれば、テレサおばさんの保釈金が払えるのに。そうすればアーニャも悲しまなくてすむ。
ボルタ:マンド、気にしちゃだめ。アーニャの問題を、あんたがすべて解決してあげる必要ないんだから。アーニャにはあんたという友達がいる、それでじゅうぶん。あんたみたいな頼れる友達がいるってだけで、アーニャはじゅうぶん幸せよ。わかった?
マンド:いったいあのジョシュのヤローはどこにいるんだ!?あいつのひとことで、すべてが解決するのによ!あいつが、テレサおばさんはなんの関係もないって証言さえすれば!

【道】
ホリー:アーニャの携帯はまだオフだわ。
ジョシュ:ほかにアーニャに連絡とる方法はある?
ホリー:アーニャのゴッドマザーの番号も私は知らないし。
ジョシュ:全部、僕のせいだ。
ホリー:ジョシュ、違うわ。あなたのせいじゃない。私が悪いの。私のお母さんは私に怒ってるの。アーニャに申し訳がたたないのは私だわ。お母さんは、私を痛めつけるためにアーニャに八つ当たりしてるだけなのよ。
カーラ:自分を責めてはいけないわ。ここにいる誰のせいでもない。いずれ、すべてうまくおさまるわよ、ジョシュ。
ジョシュ:一緒に来てくれてありがとう、お母さん。本当にありがたいよ。
カーラ:もちろんよ。あなたは私の息子だもの、あなたの問題は私の問題でもあるわ。それに、今こそあのスティーブと直面すべき時だわ。行きましょ!

【事務所】
スティーブ:あの女にもっと圧力をかけて白状させろ。ジョシュの居場所を吐かせるんだ!
チー:スティーブ、私はやっぱり、テレサを刑務所に入れるべきじゃないと思うわ。
スティーブ:おまえは引っ込んでろ!俺が決めることだ!この事件は今後、この弁護士が扱う。
(ジョシュが入ってくる)
スティーブ:おまえがこの混乱を引き起こしたんだ!なんて無責任なことをしたんだ、ジョシュ。
ジョシュ:じゃあウソはどうなんだ?それこそ無責任じゃないのか?
チー:ジョシュ、あなたは誘拐されたって話になってるの。叔父さんに刑務所に入れられた人もいるのよ。
ジョシュ:知ってる。だから、はっきりさせるために来た。誰も僕に、なにも強いちゃいない。僕は自分で抜け出すことに決めたんだ。
チー:言ったでしょ?あなたは罪のない人を刑務所に入れたのよ!
スティーブ:黙ってろ!
ジョシュ:おまえが黙れ!叔父さんは僕にウソをついた。みんなにウソをついた。お母さんは死んだって、僕に信じ込ませてきた!もし誰かが刑務所に入るとしたら、それはスティーブ叔父さんだ!
スティーブ:なに言ってるんだ?おまえの母親は、死んだんだぞ!
ジョシュ:いいや、死んでない!
(カーラを部屋に入れる)


コメント(0) 

Nandito Ako (17) [Nandito Ako]

Nandito Ako エピソード17


【デュダイ叔母さんの家】
デュダイ叔母さん:ほんとうに大丈夫?まだ体調すぐれないんじゃないの?出かけるのは延期したらどう?明日にすれば?
ホリー:大丈夫よ、叔母さん。それよりも、友達のことが心配なの。きのうから連絡がとれないのよ。でも心配いらないから。あのふたりが行ったあの島に、私は行ったことがあるから、ジョシュのお母さんの家は簡単に見つけられると思う。それに、誰かに聞くから大丈夫。
デュダイ叔母さん:でも、気をつけてね。もしなにか必要なことがあれば、いつでも電話するのよ。
ホリー:わかった。ありがとう、デュダイ叔母さん。

【海岸】
ジョシュ:こういう時を、いつも夢見てたんだ。
アーニャ:どういう?
ジョシュ:僕のお母さんは生きてて、みんなで海岸に座って、幸せそうにしてる。すべてがのどかで・・・。でも、そんなことありえないと思ってた。
アーニャ:ジョシュは私に言ったよね?信じろって。なんだって起こり得るって。
ジョシュ:うんでも、こんなのすごすぎて夢みたいだ!すべてが、完璧だよ。

【アーニャの家の近所】
タシン:ちょっとこちらへ、話があるの。
マルガレート:なんなの?
タシン:私はタシン。あなたと同じように、あのテレサには我慢がならないのよ!
マルガレート:あなた、いったいどこのどなた?私になんの話?
タシン:私に対してそんな高飛車はやめなさいって!仲間なのよ!
マルガレート:仲間なんていらないわ。
タシン:まあまあ!ここはお互い、助け合うべきよ!私もあのテレサが大っ嫌い!あのアバズレをのさばらしておくもんですか!繁盛なんてもってのほか!あの女、アメリカ人の男の子を家にかくまってるのよ!
マルガレート:え?アメリカ人?
タシン:そうなの!アーニャとテレサは、あのアメリカ歌手を家に隠してるのよ。考えてもみて?急に家賃が払えたり、それどころか店を始めるだなんて、おかしいわよ?あのアメリカ人からお金をせびってるとしか、考えられない!
マルガレート:それは誰なの?
タシン:えーと、あれは確か・・・、ジョシュなんとか・・・、ジョシュ・ブラッドフォード?
マルガレート:ジョシュ・ブラッドリーね。
タシン:それよ、それそれ!ジョシュ・ブラッドリー!おいおい、おたくもファン?

【海岸】
ホリー:アーニャ!ジョシュ!
アーニャ:ホリー!?
ホリー:ふたりとも、どうしてた?
アーニャ:ごめん、ずっと電話に出られなくて。携帯が水に浸かっちゃったの。
ホリー:(ジョシュの傷を見て)ちょっと、これなに?ジョシュ、なにがあったの?
アーニャ:オールで殴られたの。
ホリー:殴られた?ジョシュ、大丈夫なの?病院には連れてってもらった?アーニャ、ここらへんに病院はあるの?!
ジョシュ:大丈夫だよ、心配しないで。もうなんでもない。
ホリー:ほんと?
ジョシュ:うん。それどころか、いま人生で最も幸せなんだ。なんでだかわかる?
ホリー:なんで?
ジョシュ:お母さんを見つけたんだ。
ホリー:ここでお母さんを見つけたの?いま、どこにいるの?会いたいわ!
ジョシュ:ここからほんの数メートル先の家にいるよ。 おいで!きみのこと、紹介する!
ホリー:うん、私も会いたい!
(ジョシュとホリーが去って、アーニャ置いてきぼりになる)

【カーラの家】
ジョシュ:お母さん!
カーラ:はあい!
ジョシュ:僕の友達のホリーに会ってほしいんだ。
カーラ:この子は、あなたの仲の良いお友達?
ホリー:ええ。それに、ジョシュのファンです。デートのコンテストで出会ったんです。
カーラ:まあ、あなたなのね!アーニャから話は聞いたわ!あなたには本当にお世話になった。どうもありがとう。私の息子の手助けしてくれて、ほんとうにありがとう。
ホリー:いいんです。あなたたちが出会えて、嬉しいです。
エミル:おい、なにか食べたかい?もう少ししたら食事を用意するから、みんなで食べような!

【アーニャの家】
ボルタ:私、ちょっとわからなくて・・・、説明してくれる? 世界中にはこれだけの人がいるってのに、なんで私のゴッドチャイルド・バングスは、よりによってホリーと友達なわけ?どういうこと?
テレサ:ホリーはいい子よ。
ボルタ:まあ、そうでしょうね!
テレサ:ホリーはあの母親に似てなくてよかったわ。
ボルタ:あの女が、ふたりの友情を引き裂こうとするかもと思うとゾッとする。あのマーガレットって女は、悪魔みたいな女よ。
テレサ:むかつくのはそこよ。私のゴタゴタに、アーニャが巻き添えを食うなんて。
ボルタ:あらまあ?また被害者モードに入っちゃったの?だって、知らなかったんでしょ?彼が既婚者だってあなたに言わなかったのは、自分のせいだって言うの? ジェイムが結婚してるってこと知らなくて、それで関係を持ったことが、あなたに責任があるって?そんなわけないわ!
テレサ:そうだとしても、アーニャにはこのこと、どう打ち明けたらいい?自分が恥ずかしいわ、ボルタ。
ボルタ:もう、いまは売ることに集中して!バーベキューをもっと売らなくっちゃ!

【海岸】
ホリー:きのうは大変だったのね。ジョシュが袋叩きにあわなくて、よかった。それ以外には、変わったことはなにもなさそうね。
ジョシュ:あれはほんと、ひどかったな。それに驚いた。僕は、あとさき考えず海に向かって猛突進したんだ。アーニャを助けたい一心で。
ホリー:あなたってすごく勇敢だわ、ジョシュ。
アーニャ:そうなの。ジョシュは、あの酔っ払いに勇敢に飛び掛かっていったのよ。
ジョシュ:ねえ、きみはどうしてた?もう叔父さんが困らせてなければいいんだけど。
ホリー:大丈夫よ。私たち3人が、ここにこうして一緒にいられることが嬉しい。ただ、私はお母さんの養子に過ぎなかった、っていう事実はさておいて・・・。
アーニャ:ホリー、どういうこと?
ホリー:私はお母さんと血が繋がっていないの、アーニャ。それで納得がいったの、なんでお母さんがあんな態度をとるのか、なんでお母さんと私は気持ちが通じ合わないのか。
アーニャ:ホリー、それは気の毒に・・・。
ホリー:いいの。本当のところ、私は事実を受け入れられる。世の中には、養子の子なんていくらでもいるもの。でもみんなは、それで幸せになってる・・。安定した家庭に迎え入れられてるのよね・・・。
ジョシュ:ねえ、僕が周辺を案内するよ。
(ジョシュとホリーが去る。カーラがやってくる)
カーラ:アーニャ?ここでどうしたの?どうして、ジョシュとホリーと一緒じゃないの?
アーニャ:私はいいんです。ジョシュと私は数日ずっと一緒だったから、今度はあのふたりに一緒に過ごしてほしいんです。
カーラ:でも、ほんとうに平気なの?
アーニャ:もちろん、私は平気です。でもおばさん、お願いがあるの。
カーラ:なあに?
アーニャ:私、もう家に帰らないと。2日間だけって約束だったから。家で家族が待ってるんです。お母さんと弟がやりくりしてる。
カーラ:そうなの・・・。みんなでピクニックに行こうと思ってたんだけど。あなたに、この周辺を見せてまわりたかったのよ。一緒に過ごしたいの。あなたはジョシュのお友達だから、私にとってもう家族のようなものだもの。
アーニャ:それは・・・、また次の機会に。いまここを発てば、遅くならずに家に着けるから。
カーラ:引き止めたいのはやまやまだけど、でも、わかったわ。母親にとって、子どもがそばにいないのは辛いことだもの。母親の心は、いつも子どもを求めるものなの。
アーニャ:じゃあ、荷物を取りに、先に戻ります。

【海岸】
ホリー:アーニャ!アーニャ、待って!どこ行くの?なんでバッグを持ってるの?
アーニャ:もう家に帰るわ。私の使命は終わったもの。ジョシュのお母さんにはもう別れの挨拶したけど、理解してくれたわ。
ホリー:もうちょっといられないの?アーニャにいてほしいのよ。
アーニャ:どうか許して、ホリー。ほんとごめん。携帯が直ったら電話するね、ほら、濡れちゃったから。
ホリー:アーニャ、なにもかも、ありがとうね。あなたは素晴らしい友人だわ。これ以上どうやってあなたに感謝したらいいのか、わかんない。
アーニャ:そんなの、いいの。
ホリー:私、アーニャのこと姉妹のように思ってるの、知ってた?
アーニャ:同じよ。私もホリーのこと、ただの友達じゃなくて、姉妹のように思える。ありがとうね。私のためにしてくれたすべてのことに、ありがとう。
ホリー:なに言ってるの?アーニャのほうがもっと私のお願いを聞いてくれた。特に、ジョシュのことで・・・。じゃあ、ジョシュにさよならを言ってって!
アーニャ:ううん・・・、いいから、代わりに言っといて。
ホリー:でも、ジョシュはアーニャのこと探すわよ!?
アーニャ:いいの。私は急いでたから、って伝えて。
ホリー:わかった。気をつけてね。
アーニャ:うん。

【ホテル】
スティーブ:ジョシュをヨーロッパに連れて行かないと、契約やその他の取り決めをすべて失うことになる。それが行きつくところだぞ。
マルガレート:スティーブ!誰があなたの甥を連れ去ったか、知ってるわ。
スティーブ:誰だ?
マルガレート:その誘拐犯の女のところに、連れて行ってあげてもいいわよ。
スティーブ:ジョシュは誘拐されたってのか?
マルガレート:私の言うことが信じられない?あなたを連れて行くって、私、言わなかったかしら?
チー:誰がジョシュを連れ去ったと言うの?
マルガレート:テレサ・ディオニシオよ。
スティーブ:車を出せ!!

【海岸】
(ジョシュ、回想している)
手相師:愛が見える。あなたは恋に落ちる。でも、ふたりの少女が関係しています。ひとりは、以前あなたの命を救った人、もうひとりは、いまあなたを救う人。
(バスの中)
アーニャ:ちょっと、今度はなんで私をまじまじ見てるの?
ジョシュ:きみはきれいだ。
アーニャ:もう、やめてったら。そういうばかげたことはもう、やめ!
ジョシュ:本当のこと言っただけだよ。
(ベルの音)
パブリート:恋に落ちるとベルの音が聞こえるんス。それが、恋に落ちた合図なんすヨ!

ジョシュ:アーニャ!

【海岸】
ジョシュ:アーニャ!アーニャ!どこへ行くんだ?
アーニャ:うちへ帰るの。マニラに帰らなくちゃ。
ジョシュ:僕に何も言わずに?
アーニャ:ホリーには、伝えておいてって言ったわ。私は急いでるから、って。
ジョシュ:でも、なんで行っちゃうんだ?僕のこと、避けてるのか?僕たち仲直りしたと思ってた。
アーニャ: 避けてなんかない。家族が待ってるから、ほんとに帰らなくちゃならないの。それに、あなたはお母さんを見つけたんだし、もうやっていけるでしょ?
ジョシュ:うん、でも・・・。まだ話したいことがあったのに・・・。言おうと思ってたんだ。僕には、きみが必要なんだ、アーニャ。
アーニャ:ジョシュ、やめて。
ジョシュ:アーニャ・・・。
マンド:アーニャ!アーニャ!
アーニャ:マンド?マンド!どうやってここがわかったの?
マンド:簡単だよ、あちこち聞いてまわったんだ。テレサおばさんが、きみの居場所を教えてくれた。あの別荘にはいなかったけど、この島に来てるって聞いたんで。それで、俺の参上ってワケだ!マンドになんなりとご用命を、ってな!(ジョシュに握手を求めて)俺はマンドだ。アーニャのボーイフレンド。
アーニャ:マンド!
マンド:本当のことだろ!男の友達、つまり、ボーイフレンドだ!
アーニャ:(ジョシュに)近所の人なの。
マンド:そして、求婚者だ。
アーニャ:やめないと、ぶつわよ!
ジョシュ:きみは求婚されてるのか?それで迎えに来たのか?
マンド:そうそう!俺がアーニャを連れて帰って、家まで無事に送り届けるぜ。
ホリー:アーニャ!ねえ本当に大丈夫?一緒に家に帰ることもできるのよ、そしたらもっと楽しいと思うわ。
アーニャ:私はほんとにいいの、ホリー。ほら、迎えも来てくれたから、ふたりで家に帰るわ。
マンド:そうしようぜ!アーニャに早く帰ってきて欲しいって伝えてくれって、お袋さんには頼まれてんだ。
ジョシュ:本当に大丈夫なのか?
マンド:よお、アーニャの面倒は俺が見るからよ!俺が守ってやるぜい、朝から晩・・・、えーと、1日のうちずっと?
アーニャ:まともな英語すらしゃべれないの、あんたは・・・。
マンド:さ、行こうぜ!
ホリー:気をつけてね!

【海岸】
カーラ:ねえ息子、なにか考え込んでるようだけど・・・。女の子のこと? ふふっ、そうだと思ったわ!女の子のことね!あなた、好きになっちゃったの?
ジョシュ:わからないんだ、お母さん。ただもう、おかしな感覚で・・・。 幸せなんだけど、でも怖くもある。まるで胸が張り裂けそうだ。
カーラ:それはとても強烈な感情ね・・・。その幸運な少女は誰なの?
ジョシュ:すごく素敵な娘なんだ、お母さん。僕たち友達になったばかりで、とても新鮮で刺激的なんだけど、だから怖くもある。ふたりの友情を壊したくない。
カーラ:ねえ息子、なんであろうと自分の気持ちを隠してはだめ。打ち明けなくちゃ。そうしないと、心が参ってしまうのよ。
ジョシュ:ほんとに?
カーラ:ほんとうよ。だからその娘に、愛してるってことを伝えなくちゃ。本当の気持ちを伝えるのよ。

【アーニャの家】
アーニャ:お母さん!
テレサ:うわあ、セレブみたいに美しい私の娘が帰ってきた!ねえ、どうだった?
マンド: な?テレサおばさん!アーニャをあの遠おーく離れたバタンガスから、無事に連れて来たぜ。並々ならぬ困難をくぐり抜けて、この俺が連れ戻してきた!
ボルタ:今年の最優秀男優賞決定ね!あなたったら、すごい激情だわ!その言いっぷり、まるで前代未聞の成果でも遂げたよう!
マンド:だってそうだろ?違うか?
ボルタ:そうだわ、ね~え、まさかあなたとジョシュ、もう付き合ってるんじゃないでしょうね?
マンド:おいおいおい、聞こえてるぞ!
ボルタ:あんたに聞こえてるからって、なんなの?そういえば、ジョシュはどうしたの?
テレサ:そうよ、ジョシュはどこ?
アーニャ:まだバタンガスにいるわ。ついにお母さんに会えたの。
テレサ:それはよかった!!やっと再会できたのね。私はね、あの青年が大好きなの。いい子だわ。ジョシュは好青年よ。
ボルタ:それに、すごく寛大だし。
アーニャ:寛大?
ボルタ:そう、寛大。そうだ、あなたまだ知らなかったのよね!ジョシュは、あなたのお母さんにお金を残してくれたのよ。
アーニャ:お母さん、それほんと?
テレサ:そうよ、ジョシュがお金をくれたの。アラジンが見つけたのよ。中には手紙も入ってた。私たちの手助けをしたかった、って書いてあった。借金を払って、お店を開く手助けをしたいって。それが、これなの。なんとか私たち、ちょっとしたお店を始めることができたのよ。
ボルタ:ジョシュってなんて優しいのかしら・・・。私、感動しちゃった。
テレサ:これ全部、ジョシュのおかげで買えたの。
ボルタ:あらまあ・・・。誰かさんが嫉妬してるようねえ?さあ、マンド、行きましょ!私、もう家に帰るから、一緒に行きましょ!そんなふくれっつらはやめて!気難しい子ね!

【海岸】
ホリー:ジョシュ?
ジョシュ:ん?
ホリー:聞きたいことがあるの。
ジョシュ:なに?
ホリー:あなた、恋してるの?
ジョシュ:・・・。
ホリー:言っていいのよ。私たち、友達でしょ?だから、私に教えて。
ジョシュ:でも・・・、言うにはまだ、早すぎる気がするんだ。
ホリー:人を愛するのに、早いも遅いもないのよ、ジョシュ。
ジョシュ:そうだね。誰かを愛する気持ちを抑えるべきじゃない。たとえそれが、あっというまに落ちた恋であったとしても。
ホリー:じゃあ、教えて・・・。誰と、恋に落ちたの?


コメント(0) 
前の10件 | - Nandito Ako ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。