So-net無料ブログ作成

"Broken"の制作裏話 - デヴィッド・アーチュレッタのビデオブログ [David's Video Blog]

 
A back story on the song Broken - David Archuleta (2013/5/27)

credit to David Archuleta

やあ、みんな、デヴィッドだよ。
ぼくは、いま、ここにいるけど、みんながこれを見るころには、もういないってわけ。あははっ・・。 でも、ちょっとオリジナル曲のことについて、みんなに話しをしたかったんだ。 ぼくは、自分自身の声とサウンドで、自分にとって現実味のある音楽をつくりたいと、思ってたんだ。
   
(レコーディング風景)
   
その曲はじつは、いまここにいる、ぼくの良い友だちであるジョン・ハント氏と一緒につくったんだ。ジョンとは、中学・高校が一緒だった。ジョンはすばらしい作詞作曲家で、ぼくらふたりで作ったオリジナル曲について、すこし話をしようと思って。
   
この曲は、Brokenっていうんだ。ぼくにはちょっとした曲のアイデアがあって、それをジョンに見せたら、ぼくが関わっているいくつかのチャリティ・・チャイルド・ファンドとか、ライジングスター・アウトリーチとか、インヴィジブル・チルドレンとか、そういうのを思い出したって言うんだ。あの子どもたちのおかれている状況や、心に痛みを抱えながら歩んできた道のりとか、そういうのを思い起こしたって。あの子たちは、つらい体験をたくさんしてきているからね。
   
ストップ・コニー・キャンペーンが始まって、インヴィジブル・チルドレンが爆発的に広まった。それで、アフリカで苦しんでいる子どもたちに関心が集まったんだ。インヴィジブル・チルドレンが驚くほどに人々の関心を呼び寄せた。長い間、気づいてもらえなかったかもしれない子どもたち。それがついに、なにか起きているのか、その子たちの境遇に目をとめてもらえて、気づいてもらえて、注意を向けてもらえるようになった。みんなが気づいて、その子どもたちに気持ちを寄せている。このBrokenは、そういう曲なんだ。
   
(レコーディング風景)
   

というわけで、ようやく"Broken"制作の舞話ビデオが公開されました。

まず最初の部分ですが・・・、「みんながこれ見るころは、ボクいないもんね~」って笑うのか、おいっ。

さてさて、この曲が"インヴィジブル・チルドレン"についての歌だというのはわかっていましたので、もっと歌詞などを掘り下げた話を聞きたかったのですが、なかなか、そこまで深い話は聞けませんね。
ジョンくんにも期待していたんですが、色っぽいカメラ目線だけでした。(え。)

でも、ピアノを弾き語りしながらのレコーディング風景には、へえ本当にピアノも弾きながら同時に録音したんだ、デヴィッドすごい~(笑)と、ちょっと見直したのでした!
デヴィッド、その勢いで今度はギターもよろしくね。


このビデオブログが録画されたのは、昨年2012年の3月頃のことですが、デヴィッドが言っている「ストップ・コニー・キャンペーン」とは、インヴィジブル・チルドレンによって2012年3月から展開された、ジョセフ・コニー捕獲運動のことです。

下記の動画がYouTubeやViemo等の動画サイト公開されるとあっというまに世界中に広まり、再生回数も数百万回に上りました。 しかし、そのキャンペーン手法については賛否両論あり、さまざまな物議も同時に醸し出したものでした。


そもそもインヴィジブル・チルドレンは、その団体の活動の目的のひとつに、そのジョセフ・コニー(ウガンダの反政府勢力(LRA)の指導者)を逮捕し、子どもたちに対する残虐行為をやめさせることがあります。
ご存じのようにデヴィッドは、数年前から様々な形で関わっていて、2011年におこなわれた資金集めのキャンペーンではパフォーマンスもしています。そのようすは当時のAll About Archuletaでも記事にしていますので、ご参考に!
 
 
コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。